またまた、懲りずに「まさご丸」でGo!

本当は久々にMTBで山に行こうと思ってました
ただ天気予報では前日から大雨という予報で
それやったら少しくらい雨が降っても可能な舟釣りということで
またまたマイ笹舟を出しました

朝からパラッときただけで全く雨の気配なし
d0144550_16363379.jpg
     画像では判りにくいですがすごい波
北西の風が吹いて、白波が立つ寸前の波です
早くから用意されてたカヤックの人たちは平気なようでどんどん沖に
離岸するのも波があって大変でした

今日は先日TV「四季の釣り」で見た、マイクロジギングってものを実践してみたかったのです
マイクロジギングとはタングステン製の30g級のジグを細糸(PE0.6号くらい)で操る、比較的新しい釣りジャンルなんです
テレビではメッチャ釣れてました
なので今日は餌は買ってきませんでした

沖に出て、波に揺れながらジグを投げたり垂直に落としたり、いろいろやりますが
生命反応まったくなし

昼前になって波は収まってきました
さらに沖に出ても、全くアタリなし

今度は岸寄りに戻って(アオリイカのシーズン)なので中錘にリーダーを1ヒロ程とって餌木仕掛けを投入
しばらくして上げてみると、仕掛けがグチャグチャ
そのグチャグチャ仕掛けがちょうど胴付仕掛けのようになったので
そのまま流します
またしばらくして上げてみるとカンナ(餌木の鈎)に白いものが
それは赤イカ(ケンサキイカ?)のゲソでした
周辺で赤イカが釣れてるのは知っていたので、想像で作っていたスッテ仕掛けにさっそく変更
しばらくすると!
d0144550_1651943.jpg
     やった!小さいですが狙って釣れたのが嬉しい
マイボートでイカを釣ったのも初めてです。その後もチラホラ
ガッツリ掛かってるものはいいんですが、触腕1本に掛かってるものには水面で逃げられました
丁寧にタモで掬わなくてはならないようです
小さなイカですがジェット噴射はなかなかで水を頭からかけられることも
d0144550_16554738.jpg
     結局この日は赤イカ6杯とゆうとさんが釣ったエソのみ
赤イカ専門にやってたらそこそこ釣れたでしょう
d0144550_16573995.jpg
       お昼を回ってお終いにしました

いつになったら大物釣れるんでしょう

家に帰って料理です
エソは
d0144550_16592513.jpg
          頭、ウロコ、内蔵を取って三枚卸にし
d0144550_1703735.jpg
          ハモのごとく、骨切りをします
d0144550_1712585.jpg
          さっと湯を通し、氷水に落とします
d0144550_1733994.jpg
         ハモならぬ、エソの落としの完成
釣り人に嫌われるエソですが、こうするとそこそこ食べられます

イカは
d0144550_176444.jpg
       陸に上がるまで生け簀で活きていたので鮮度抜群
d0144550_1721017.jpg
     刺身とゲソは湯通ししてエソと一緒にカラシ酢味噌で頂きました

食べきれなかったエソの落としは次の日
d0144550_1721389.jpg
     ウナギのタレをかけて、バーナーで炙ってハモの照り焼き風に

どちらも美味しかったです
鯛といえる「鯛」、ハマチでいいから青物釣りた〜い!
[PR]

# by masagoon | 2017-09-07 17:28 | 釣り | Comments(1)

oosawaさんにお誘いいただいて

8月31日はoosawaさんにお誘いいただいて、西宮のV-7ウエストさんのボートで神戸沖のタチウオ釣りに行ってきました

d0144550_11544796.jpg
     朝、6時過ぎに西宮の神戸マリーナから出港

船は仕立てで男性3人、女性3人(内一人はオーストラリア人のベッピンさん)、いずれもoosawaさんのご友人です
約1時間かけて神戸沖(やや淡路島寄り)のポイントへ
男性はそれぞれ女性の方に釣り方のレクチャーをして釣り開始!
水深約70m、いわし餌のタチウオテンヤ仕掛けでやります
d0144550_1211111.jpg
          開始早々私にアタリ、なかなかのサイズ
d0144550_123626.jpg
          oosawaさんもジグで良いサイズ
d0144550_1241526.jpg
          電動リールはやはり楽そう
女性陣も釣り上げます
d0144550_1251010.jpg

d0144550_1253772.jpg
       私がレクチャーした方もやっと釣れて一安心
d0144550_1262328.jpg
      本日の一番の大物はこのお嬢さんが釣った108cm!やっぱり大きい

d0144550_1210316.jpg
今日のV-7ウエストという船のキャプテンは女性!(海の女でカッコイイ、もう一人ヘルパーは男性)
釣り上げる魚を次々絞めて、それぞれのクーラーボックスに分けて入れてくれるし、終盤には頭と尻尾、内蔵を落としてくれました

d0144550_1213946.jpg
    久々に魚の引きを味合わせてもらいました

oosawaさん、皆さん本当に有り難うございました
また、よろしくお願いいたします

画像の大半はV-7Westさんのブログより拝借しました
お世話になりました
[PR]

# by masagoon | 2017-09-02 12:14 | 釣り | Comments(0)

大川へ次男とマイボートで釣り

退院後は釣りに重心が偏ってきてるようです

8月23日のことです
前回ボートで釣りに行った時、次男が少し羨ましそうな素振りを見せたので誘ってみました
次男とボートは4年振りくらいかな?

d0144550_11352150.jpg
     いつもの大川峠下から出船です(5:30頃)

朝一はタイラバを試みるもアタリなく、餌釣りに変更
d0144550_1143325.jpg
     傍から見ると、まさご丸はこのように見えるそうです
(船を出す倶楽部の方が撮ってくれました)

息子にトラギスがポロポロ
そのうち船に酔って一旦、陸に上がらせました
しばらくは一人でやります(一人やったら船足が早い!)
ガシラなどを追加、のち息子復活

d0144550_1140842.jpg
     息子に今日一番のガシラです

保険で買ってたアオムシ500円分が無くなったところで納竿

d0144550_11475847.jpg
    ボートを車に積んだ後、併設のキャンプ場で昼食

あ〜、タイラバやひとつテンヤ、ジグで大物釣りたい!
[PR]

# by masagoon | 2017-09-02 11:50 | 釣り | Comments(0)

第4回スッポン合宿

8月6日夜にまたまたスッポンを捕獲しました

前回第3回は雨天のためうどん屋のマスターのお店で開催しましたが
今回は自転車で猪名川の千軒キャンプ場まで走って行っての開催です

参加者はうどん屋のマスター、ゆうとさん、私の次男に私の4人です

前日にキャンプ場の予約をし、当日はその予約の許可証を先に貰いにいってからのキャンプ場入りです
d0144550_1654914.jpg
    私の自転車はスッポン合宿の時だけ出動する「スッポン号」

 コンロはゆうとさんに頂いたコールマンのコンパクト2バーナー(423?)、冬のボタン鍋合宿時はレギュラーサイズの414だったためサイドバッグに入らずサイド枠に括り付けましたが、このコンパクトではバッグに縦に入ります
 右側バッグにはコッフェルや包丁など調理器具一式
 リアにはグランドシートにクーラーBOX(飲み物とスッポン)

つまり、合宿装備はほぼ一人で積んでる勘定です
(学生時代なら文句を言うところですが、今はこれはこれで楽しめます)

ツーバーナーでお湯を沸かしながらスッポンの捌きに入ります
d0144550_17182141.jpg
    一番大事な首掴み〜絞めです
何度か失敗したものの、恐怖心はもうありません
恒例の「生き血」ワイン割りをし、解体を進めます
今回は次男にも包丁を持たせました
d0144550_17233192.jpg
     怖がって嫌がるかなと思いきや、甲羅を外す包丁入れをしました
d0144550_17241624.jpg
    うどん出汁と昆布で出汁とし、スッポンから煮込んでいきます
d0144550_17251758.jpg
       野菜、厚揚げを入れて出来上がり
d0144550_172799.jpg
    〆は雑炊です。これがまた美味い!
d0144550_17281117.jpg
     完全に鍋をタイラゲて完食

自然の恵みに感謝!

後片付けをして、14時頃出発
一番熱い時間帯ですが仕方ありません
出発してしばらくは川沿いで木陰もあって気持ちいいですが、川西で大阪平野に出ると太陽が容赦なく照らしてきます

16:30過ぎに帰宅
退院してから初めての自転車、距離も上りもそうありませんでしたがメッチャ疲れました

山に行けるかなあ?
皆さん有り難うございました!
[PR]

# by masagoon | 2017-08-10 17:36 | 自転車(舗装路系) | Comments(1)

第3回スッポン合宿開催

7月2日夜に捕獲した「天然すっぽん」を使って、3回目を迎えた「スッポン合宿」を5日水曜日に開催しました
(注意*グロテスクな画像が出てきます、弱い方は見ないほうが良いかもです)

本当は猪名川町の千軒キャンプ場まで、キャンピング車で走って行って、するつもりでキャンプ場の予約もしていたのですが、台風3号の影響の雨が朝まで残ったので、マスターのお店でやらせてもらえることになりました

passハンターくんは車で来るものだと思ってましたが、自転車で来たので、パラパラ雨が降ってましたが、僕も用意してたキャンピング車『スッポン号』でマスターんちまで行くことにしました
d0144550_16164353.jpg
     年に数回の出動のスッポン号、前回は「ボタン鍋合宿」でした
d0144550_16175668.jpg
     今回のスッポンです。46Tのチェーンホールよりも大きいですネ

10分ほどでマスターのお店に到着、ほぼ同時にゆうとさんも到着
d0144550_16213114.jpg
     捕獲してから3日目、元気、元気 スッポンを掴むのも慣れました
活き血用の赤ワインも用意して、いよいよ最初の難関
『首、チョンパ』です
お腹を上にして持つと起きようとして首を伸ばしますので、そこを一気に掴みます
おっと!ここでミスが発生、さっきから手回し良く、左手に軍手をしてたのですが、濡らしてしまいました
濡れていては首は滑って掴めません(その力強さってスゴイですよ)
マスターに乾いた軍手を借りて再度挑戦、ーー無事、首掴み成功
d0144550_16301234.jpg
          今日は出刃を研いできました。これはメスですね
d0144550_16311248.jpg
     ワインに血を注ぎます(少しにしましたヨ)
胴体と首は沸騰手前のお湯に一旦浸けます
しばらくして取り出し、体全体の薄皮を剥いてから
d0144550_16335627.jpg
     エンペラと甲羅の骨の間から包丁を入れて解体に入ります
d0144550_16345247.jpg
   一周回って、内蔵全体が見えます。卵巣の玉ひも(黄色いの)が見えます
殆どの内蔵は食べられるらしいですが、膀胱と胆のうを取り出さないとダメです
スッポンを捌くのも3回目になったので、膀胱や胆のうの位置も知ったもんです
ややこしい内蔵と顔は破棄しました

d0144550_16464132.jpg
     玉ひものところともうすぐ卵となる部分と別れてました
各部位に分け、さらに食べやすい大きさに切っていきます。
今回のは骨が硬かったですね、どこに関節があるのかよく判らないので切り分けるのに苦労しました

骨と肉、内蔵を先に鍋に入れて煮込んでいきます
d0144550_16561540.jpg
     味付けとアク取りはマスターと奥さんにお願いしました

手を綺麗に洗って
d0144550_16541243.jpg
     『乾杯!』 (画像はpassハンターくんのFBより借用)

鍋の最後にうどんを入れ、さらに休憩の後、雑炊を作ってスープまで全部を味わいました
d0144550_1657422.jpg
          『あ〜、美味しかった』

皆さん有り難うございました
特にマスターと奥様、大変お世話になりました
また、捕まえますので第4回もやりましょう!

退院後の病人の体ではありましたが、久々に無制限で飲み食いしましたが、血糖値、血圧、体重とも特に問題ありませんでした
また今日からカロリー制限に励みます
[PR]

# by masagoon | 2017-07-06 17:11 | 釣り | Comments(2)