マスターと二人で高ケ尾山〜

昨日はマスターと二人で茨木の高ケ尾山へ

最近毎回、脚が攣るので出掛けにウメボシ3個、自転車に乗ってから食量調達のコンビニで黒酢ドリンクで事態にそなえます

萩谷の集落を抜け岡山林道に入ります
d0144550_15443689.jpg
    日陰の林道は気温、湿度ともバッチリ、気持ちヨカです

林道から外れ、高ケ尾山へ向かいます
d0144550_15461769.jpg
 ひっそりとした杉林、前回来たときこの辺りで枝を巻き込みハンガーを曲げました
d0144550_15475867.jpg
     高ケ尾山山頂、そよ風が抜け、ここも気持ちヨカです
下って行きます
d0144550_15491310.jpg
     鉄塔の下の開けたところ、何ていう花でしたっけ?ピンクの花

谷に降りて、少し上り返して
d0144550_15505320.jpg
     四つ辻、竜仙峠へ向かいます
今日は武士道でなく竜仙峠から竜仙の滝の方へ下りました
府道、車作から竜王山の北側を巻いて見山、舗装路で忍頂寺、北辰
北辰からクリーンセンターに行くんですがその間の峠で脚が攣りかけて
自転車から降りた途端、両足攣って、激痛!
どないしようも無く、ただ耐えるのみ、道端で数分苦しみました。その後、脚を引きずって峠に到着

 今度はクリーンセンターの上りを脚を誤摩化しながらゆっくり上ってると
リアタイアから「シュー、シュー」音が、パンクや
良くタイヤを見るとブロックがもげ、タイヤコードが擦り切れチューブが覗き、穴が開いてます
東屋があるところまで押していきます
(椅子が無いと足の攣りでまともにパンク修理できないと思いました)

さてタイヤの穴の空いてるところには大昔のチューブラータイヤの切れ端を充てがいます
(何と物持ちが良いんだろう)
替えチューブを出したら米式バルブですやん、使えませんがな
パンクしたチューブを直すにもパッチはあるけどゴム糊が入ってません
助けの神、マスターにチューブをお借りしました
そのチューブにまたビックリ
修理箇所、約10カ所。まるでニシキヘビ
恐れ入りました(でもチューブの役目は文句なしでした)
いくら新しいチューブでも使えなかったら失格ですワね

クリーンセンター尾根の下りはもちろん良い道なんですが
もうペダルの上に立つのも超しんどい

駐車場の閉め出し時間が気になりつつ
下界に下りたら、下り基調の道だったこともあってスイスイと
無事戻ることが出来ました。

またもやヘロヘロな一日でした
また、よろしくお願いします!
[PR]

by masagoon | 2017-05-18 16:13 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

<< 水曜日組にオーストラリア人! 天候に恵まれず、松尾山 >>