昔のロードをソポルティーフ風に

高校時代にオーダーしたレイノルズ531パイプのロードを今回スポルティーフに組み直そうと思います。
このフレームは当時の自転車雑誌からの知識でストレートエンドでショートテェーンステー(オーバル仕様)で作った物で当然マッドガードは付きません。
基本的にランドナーから使えるパーツを移植して組むことにします。
d0144550_20405512.jpg

BBやヘッドのグリスアップを済ませ、ディレーラー(アルビー)を付けようと思ったら爪が合いません。ランドナー(同じくシマノSFエンド)についていたアルビーツーリングからマウントパーツを移植して・・・
これがまた見事に付きません。どちらも同じシマノのストレートエンドやと思てたら良く見ると形がでんでん違うのでした


d0144550_20462946.jpg
[PR]

by masagoon | 2008-01-13 20:47 | 自転車(舗装路系) | Comments(0)

<< これがTAランドナーだ 自転車との出会い >>