関西MTBバイカー憧れの道

前回「鳥脇山」と一緒に行こうと思ってて雨のために行けなかったところ
『検見山西尾根』です
ここは関西のMTBバイカーが一度は走ってみたいという至福の道らしいです
自宅を出て武庫川沿いに宝塚へ
生瀬の採石場横から上ります
d0144550_20453035.jpg

前回来た時もこのホッパー車止まってましたが動いた気配なしです
十万辻目指して上ります。途中同年代のロードマンに抜かれました
大宝塚ゴルフクラブ横から登ります
d0144550_2047011.jpg

最初ここから入っていったらゴルフ場のフェアウェイ横に出てしまって一旦引き返しました
舗装路を少し下ってみても取り付きが判らずUターンしてまた元の場所に戻る途中、別の取りつきを発見
d0144550_20562190.jpg

しばらく乗って上れましたが、やがて・・・
d0144550_2057537.jpg

画像では判りにくいですが、急階段です。所々階段が朽ちてます
階段を登りきると砂の尾根です
d0144550_205929.jpg

前方右手が「検見山」です
d0144550_20595625.jpg

途中、道を間違って高圧線の「北神戸線第6鉄塔」へ出てしまいました
遥か向こうには吉川町辺りの丘が見渡せます
鉄塔の周りに早出のワラビが出てたので少し採りました
目指すは「第5鉄塔」です。
d0144550_2164448.jpg

ほどなく
d0144550_212347.jpg

検見山山頂はうしろ後方なんですが、特に眺望が効く山ではないそうなんで今回はパスです
下りの転倒と薮こきでの怪我に備えて暑いですがウインドブレーカーと革手袋を装着!
d0144550_2162285.jpg

道が細く両側にブッシュや立ち木が林立しており、昨日雨だったこともあって全身ビシャビシャです
道を進むと道は少し広くなってきました
d0144550_2191636.jpg

平日ですので誰にも会いませんが、ここがMTBに人気がある道だってことがよく判ります↓
d0144550_21183040.jpg

倒木にはチェーンリングが当たった跡が沢山ついてます
ずっと乗れる下りが続きやがて名もなき峠に出ます
d0144550_212018.jpg

桜はもう散ってましたが山ツツジが満開です
峠を北方向へ下ります
ズッと乗れます(これが人気の秘密なんでしょう)
やがて切畑の里に降ります
今度はここから「古宝山」という山を目指します
2万5千の地図を見ると切畑の民家の奥に点々道が載ってます。それらしき民家の犬に吠えられながら家の裏に回ります。家の人が出てきてくれた方が道のことも聞けるしウシロメタさがなくていいのですが誰も出てきませんでした。
家の裏の畑の横を進んだところで道がなくなりました。完全ヤブこきをして進みますが枯れススキ帯に入ってしまって自転車を置いて先を偵察しますが、自転車を置いたところが判らなくなるほどで道探しは断念しました。このヤブのなかで山菜の「ゼンマイ」発見。また採取

一旦県道に戻って山を4/1周し、クサリの張ってある林道を見つけしばらく広い林道を登ります
林道の終点にシングルトラックの取りつきがありました
d0144550_2143213.jpg

乗ったり少し押したりする坂が続きます
d0144550_21491645.jpg

ここもご多分にもれず高圧線沿いになります。ここは「姫二火力線」というらしいです(姫路の火力発電所から来てるんでしょうか?)
高圧線と別れて「古宝山」山頂です。459m三等三角点です
d0144550_21583878.jpg

この横に小さな祠がありました
ここで軽く昼食をとり下ります。下りはかなり急な坂です
直下に下ると思ってたら、下りの途中に小さなピークがありました
d0144550_226277.jpg

ここの横にも先ほどの祠よりも大きなお堂ともいえる立派な神さんが祭られてました
正面の階段からは下の県道が直下に見えます(そんな急な坂です)
階段が多く最初のうちは担いで、しばらくしてからは押しながら?降ります
この「古宝山」は今回行ったのと逆方向に登ったら最初はきついですが下りは楽しめそうです
やがて県道に降り、いつものように十万辻から帰ってきました

本日の走行距離:60km

久々に疲れました

d0144550_22175724.jpg

帰ってから今日採取したワラビとゼンマイのアク抜きをしました。食べられるのは明日以降です
[PR]

by masagoon | 2009-04-15 22:13 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

<< どなたも書き込みがないまま一週... 休みではないのですが次男と >>