<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

留学生その3

3/23に来宅した英国人Will君も今日でお別れ
帰国は明日だが早朝の便のため今晩は空港近くのホテルに一緒に来日したメンバー全員と泊まるということだ
で、集合時間の15時まで奈良東大寺へ
d0144550_21155871.jpg

ベジタリアンの彼に合わせてこの一週間家族全員、肉魚を口にせず我慢、我慢
しかし、『彼のため』に昨日はラウンド『スシ』バーに行ってきました
家族全員が コーン軍艦、玉子、スシロールwithキューカンバーを食べるわけにもいかず
久々に動物性タンパク質を摂取しました
英語云々よりも食事がに気を使うのが大変でした(特に家内は)
近鉄奈良駅で私たち夫婦とは最後の別れとし、真のホストである次男が関西空港駅まで送っていきました

私たち家族にとっては大変良い経験となりました
d0144550_21314111.jpg

英語なんてほとんど判らなくても何とかなるもんですネ(長男のおかげかな)

ホント、孫を預かった爺ちゃん婆ちゃんの気持ちでした
(来た時ワクワク、途中シンドイ、別れカナシイ)
[PR]

by masagoon | 2009-03-30 21:37 | Comments(2)

短期留学生その2

昨日は学校のイベントで午前中はDK校へ
最初は剣道の体験です
僕自身高校時代の選択武道以来の剣道場入りです
やっぱり『あのニオイ』がプーン!(おぇ〜)
留学生達、よくあの面と篭手つけるなあと思いながらビデオ撮影
その後茶道体験
昼からはメンバーの一部と一緒に大阪城へ
d0144550_7373479.jpg

もちろん全員デジカメ持参、女の子でもキャノンのデジ1眼を持ってる子もいてました
それから本人の希望でエアガンSHOP求めて日本橋へ
マニアックなガンショップは色々問題があって少なくなってるらしくジョーシンキッズランドに行きました
本人が欲しいものは結構高価なものらしく、諦めて
アウトレットコーナーで弾を入れるベルトらしきものを購入して帰ってきました

今日は次男と二人だけでまた学校へ先ほど出て行きました

明日は京都、土曜はUSJの予定です

彼に聞いたところ
自転車には余り興味がないみたいですが
ラレーは知ってるけどモールトンは知りませんでした
(モールトンってイギリスやったやんね?)
[PR]

by masagoon | 2009-03-26 07:48 | Comments(0)

大変だ

次男の学校の関係で1週間イギリスの姉妹校?の生徒を預かることになりました
今日、関空に迎えに行ってきました
日本の美味しいものを食べさせてやりたいところなのですが
なんと厳格なベジタリアンではないですか
チーズと卵だけは食べられるようなんですが...
というわけで晩飯は近所のイタリアン!『サイゼリア』・・・
d0144550_22183637.jpg

イギリスのロンドン近郊の比較的海の近くに住んでるそうですが
釣りもしたことないとか
趣味はエアガン、ペイントボール(日本ではなじみ薄い着色弾をつかったエアガン遊び)とTVゲーム
行きたいところは「日本橋のガンショップ」とUSJ

ちょっと、トホホですが
1週間、仕事をおろそかにして大阪を案内します
[PR]

by masagoon | 2009-03-24 22:24 | Comments(4)

能勢の妙見山

ここしばらく我が定休日の水曜は天気の巡り合わせが悪い
先々週は完全雨、先週しかり
今日は晴れの天気予報だったが・・・

いろいろ行きたい所はあり、その中から今日は能勢の妙見山に行って来ました
自宅から川西、一の鳥居、能勢電車・妙見口へ
d0144550_19241454.jpg

駅前にはお土産もん屋、食堂、料理旅館などがあり
これぞ「山の駅」っていう山間の駅です
駅から少し行ったところから「上杉稜線コース」を登ることにします
d0144550_1927258.jpg

登山道の取りつきからはしばらく担ぎ&押しになります
d0144550_19302839.jpg

ある程度登ってからは視界が開け、尾根沿いを走ることが出来ます
d0144550_1932338.jpg

前に高岳でも見た不思議なものがありました
よくよく観察してみるとこれは苗木を育てるもので
鹿やイノシシから苗木を守るためのようですネ
d0144550_1935490.jpg

眺望が開けます
左に五月山、右手前に前に登った釣鐘山、石切山、その奥に六甲山系
正面奥に大阪湾が見えます
晴れた日には淡路島も見えるそうです
ホウ葉の落ち葉がいっぱいです
d0144550_19392819.jpg

「ホウ葉味噌」をするために綺麗なものを数枚拾って来ました
やがて杉林を抜けると山頂の駐車場に出ます
駐車場を抜けると「妙見さん」参道です
d0144550_1943499.jpg

目を引くのが「星嶺」と呼ばれる建物です
d0144550_19443031.jpg

星嶺は、妙見信仰の「北極星」と能勢氏の家紋「矢筈」をイメージした総ガラス張りのユニークな信徒会館です
境内の中の一番高い所にある(当たり前ですが)三角点660.1mです
d0144550_19471976.jpg

この山門が兵庫県川西市と大阪府能勢町の境界となってます
d0144550_1948395.jpg

寒暖計は3℃をさしてます。時折雪が舞ってました
本堂でお参りをしたあと、リフト横から下ります
d0144550_19525886.jpg

急坂の九十九折れのシングルトラックが続きます
直今にMTBが下ったようでコーナー、コーナーの手前にブレーキングの跡がありました
自分もそれに合わせて恐る恐る下ってみますが、少し下っては止まり少し下っては止まりでまるで初心者のスキーの斜滑降のようです
テクニックも未熟ですが、やっぱりこんなとこはフラットバーのMTBが勝るようです
ドロップハンドルの下を握ると極度な前傾姿勢になり、背中の荷物が首の上にズリて来るし、恐怖心満タン!
(下ってから、ステムを上げたらエエんやってことに気づきました)
やがて「大堂越え」に出ました
d0144550_2032763.jpg

ここから北(野間方面)へ下ります
d0144550_2041714.jpg

最初のほうは走り難いシングルトラックでしたが
途中から杉林の中のスピードを出せる林道となります
d0144550_2061468.jpg

やがて野間峠から下って来る府道に出て
天然記念物『野間の大けやき』の下で昼食をとります
d0144550_2081558.jpg

葉が全て落ちてるので小さく感じますが、
初夏になったらいっぱい葉を茂らせると雄大な姿となるんでしょうネ

帰りは急いで知明湖畔を走って帰り
14:30にお昼の営業が終わってしまう「うどん屋のマスター」の所に寄って
報告&新たな山道の情報をお聞きして帰って来ました
[PR]

by masagoon | 2009-03-11 20:13 | 自転車(MTB系) | Comments(5)

お疲れさまでした

d0144550_16554547.jpg

先生、奥様 誠にありがとうございました
参加された皆さんお疲れさまでした
[PR]

by masagoon | 2009-03-08 16:55 | 自転車(舗装路系) | Comments(0)

つけてみました

なかなかイケてると思うのですが
d0144550_7124765.jpg

どうですかね
クランク軸に対するギア面の水平度もまずまず
このままで十分使用に耐えますが
再度、ギア取り付け面をグラインダーで浚ってみたいと思います

ツアーオブジャパンロードにでもつけよかな
[PR]

by masagoon | 2009-03-06 07:15 | 自転車いじり | Comments(1)

初サス付きクロカン、発進!

天気予報では「雨」でしたが朝起きたら降ってません
これは走りに行かなくては
目的地は前回行けなかった「鳥脇山」です

家からまっすぐ北へ、最短で榎峠に向います
長尾山トンネルを抜けてふと下を見ると
d0144550_19325576.jpg

湧き水なんでしょうが、この「透明な水色」は何!
日本縦断の折に四国の山中で見た『透明な水』に次ぐ「透明な水」です
バイクなどゴミが沈んでるのが残念です
トンネルを抜けてすぐに架かってる大橋から
d0144550_19352362.jpg

いつ見てもいい風景です
いよいよ榎峠、その横の取りつきの階段から鳥脇山を目指します
d0144550_1936472.jpg

階段を担ぎ、そこから自転車を押します
d0144550_1937385.jpg

乗れそうな道が続きますが、前夜の雨で道は超マッディー
いくらクロカン用でも細いチューブラー、でんでんグリップせず時折空転します
d0144550_19405610.jpg

途中の分岐に小さな標識が架かってます
やがてNHKの電波中継所が現れます
d0144550_19422292.jpg

乗れるような押さないとあかん上りが少しあってやがて山頂です
d0144550_19443083.jpg

ここには民放のテレビ中継所があります
ここの機材はすべてヘリで運んで来たそうです
ここで、少し休憩し上肝川の方へ下ることにします
25万分の1の地図によると山頂から尾根沿いに300mほど行った所に分岐があって北の方に下って行くようです
d0144550_19475312.jpg

分岐がありました
ここは結構乗れる下りです
結局、ブレーキはこんなになりました
d0144550_19491172.jpg

(自転車屋たつみ君、ご意見有り難うございました)
穴を明けました。そして前後ともシューを新品に交換しました
ブレーキ、効く効く
今までのマファック・クリテではブレーキ掛ける時は強く握るしかなかったですが
今日はマッディーな路面ということもあって握り具合をコントロールしないと前後ともロックしてしまいます
d0144550_19543758.jpg

杉林の中を抜けると、見晴らしの効くところに出ました
d0144550_19553776.jpg

西の切畑にある「宝塚開閉所」から伸びてる送電線の下に出ます
(エらい顔がムクんでるように見えます。単に太ってるだけかな?)
下りはホント結構乗れます。(タイヤの太いMTBやったら快適やろーなあ)
所々、倒木があったりして降りないとだめなところもあります
また前方に倒木、これは細いのでジャンプでかわすことに・・・
(っせ〜の〜)
少なくとも前輪はジャンプしてかわせたように思いましたが・・・
しかし思ったようにコントロールできず
『ドッテ〜ン』 痛てて、痛てて
まず、写真
d0144550_19584254.jpg

こんな倒木もかわせませんでした
d0144550_205873.jpg

肘を強打しましたが幸い傷も痛みもなく助かりました
地図上ではそんなに距離がないと思いましたが、下りが続きます
途中の小さな峠の頂上で両足がツッテしまいました。太ももの上側です
山の下り用にサドルを下げたままで漕いで来たのが悪かったんでしょう
d0144550_2073211.jpg

やっと人里に降りて来ました
d0144550_20102218.jpg

ところが地図上の風景とデンデン違います
ちょうど散歩されてたご夫婦にお聞きすると
ここは上肝川ではなく東側の清和台の西側の赤松地区だそうです
どこで間違ったのでしょうか、送電線の下までは確かに合ってたと思うのですが
ここでちょうど12時、天気は悪く今にも降りそうですが
気を取り直して、県道から上肝川を目指します
上肝川の集落から猪淵へ抜ける小径を行くことにします
d0144550_2024385.jpg

梅が見頃で足下には
d0144550_2024389.jpg

フキノトウです
少しばかり摘んでバッグに入れます
さすが「猪淵」という名、竹林に入ると猪がタケノコを掘り返した跡だらけ
そして
d0144550_20264380.jpg

猪用のワナです(猟期は2/15で終わってると思うのですが)
道がだんだん荒れてきます
d0144550_20285971.jpg

最近、人は入ってないようです
倒木にこんなものが
d0144550_2031966.jpg

ハナビラニカワタケの仲間でしょうか
ちょっとだけ口に含んでみます(味もそれに似てます)
(帰って図鑑で調べてみると『毒キノコ・クロハナビラダケ』(激しい下痢・腹痛だそうです)
少量だったからか、今のところ症状はありません
やがて道は
d0144550_20351280.jpg

さらに
d0144550_20353717.jpg

道が無くなったというか、完全に見失ってしまいました
しばらく杉林の中のブッシュをかき分け進みます
(戻った方がエエかな?)
せせらぎが現れたので慎重に道を探します
途中、大変神秘的な大木がありました
d0144550_20413283.jpg

(ガチャコさんやったらエエ写真撮られることと思います)
そうこうすると枝に水色のビニールテープが捲かれてる小径を探し当てることが出来ました
下って行くと
d0144550_20393134.jpg

車です!無事に降りられたようです
猟師の車でしょうか?それにしては犬の足跡はありませんでした
靴まで根を上げたようです
d0144550_20514961.jpg

やがて広野切畑線に出ることが出来ました
(途中霧雨が降って来て薄暗くなるし、心細かったです。ホント)

今日は広野に出て猪名川町から帰って来ました

フキノトウ 天婦羅で美味しくいただきました

>ガチャコさん
 どうですか!
[PR]

by masagoon | 2009-03-04 20:45 | 自転車(MTB系) | Comments(2)

完成! Masagoonオリジナル5visクランク

じゃじゃ〜ん!
d0144550_15565711.jpg

どお?
どうですか、なかなかイケテません?

ネタ元はジャンク、箱一杯で買った安物のシマノ・アルタスという昔のクランクです
d0144550_160032.jpg

歯は鉄ではめ合わせの「山では走らないで下さい」というMTBについてるクラスです
(何かに使われへんかなあ?と考えてました)
裏側はこんなです
d0144550_1604637.jpg

シャフト挿入部の周りでハメ殺しになってます
この部分をグラインダーで削って、ギアとクランクを分離します
d0144550_1633213.jpg

わりと簡単に分離することが出来ました
アーム部分は見せかけだけになってます裏側はバリなどが有って平らでは有りません
大きなバリは
d0144550_1663480.jpg

で削り、その後は
d0144550_167554.jpg

ディスクグラインダー用の切削ディスクをボール盤に取り付けて
クランクの水平を保ちつつ(ような気持ちで)削って行きます
クランク面に水平にチェンリングが付くか心配ですが・・・
d0144550_16111988.jpg

こんなんになりました
一般的な5visクランクの中心部の取り付け穴の直径は40mm
このクランクの中心部のは35mmちょっとです
この部分は5ピン以外に力がかかる重要な部分だと推察できます
この部分のためにアルミ材料屋さんで40φのパイプを4mも買うわけにいかず
ホームセンターで水道用のエンビ継手を買ったりしましたが、うまくいかず
結局1mmのアルミ板から切り出して曲げて
d0144550_16191751.jpg

こんなのを巻くことにします、さらにまだ隙間があるのでガムテ(エエ加減やなあ)を巻いて
d0144550_16205069.jpg

こんなふう
Wリングをはめて、7mmのドリルでギアの厚さプラス2mmくらい掘ります
更に4mmのドリルで抜いて、タップで5mmのネジを切ります
d0144550_16245548.jpg

アームの余分な部分を落とします
d0144550_1625768.jpg

ペーパーをかけて、バフで簡単に磨いて完成!
Wリングの取り付けは純正の雌ネジを介して取り付けようと思いましたが
大きく飛び出してしまうため、真鍮の7mmパイプでスリーブを作ってそれを5mmネジにかまして、取り付けてます。
d0144550_16303860.jpg


実はこのクランクを製作するのと同時に
新しいちゃんとしたMTBの購入を考え、自転車屋巡りをしてたところ
GIOSのミニベロの傷付き新品が35%OFFで出てました
『このクランク、ピッタシやん』と思い、渋々の家内を説き伏せ
今朝、コンビニでお金おろして買いに行ったんです

「2日前に売れてしまいました」
ガ〜ン!!!

このクランク、どこに使お?
[PR]

by masagoon | 2009-03-03 16:37 | 自転車いじり | Comments(5)