<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近ツキがありません

といっても妊娠したわけではありません(何のこっちゃ)

その1 3月の中頃、自宅で使ってたiMac(G5)が突然電源が入らなくなる

その2 4月中頃、そのiMacやその後一時的に使ってるMacBookに繋いでいた
    外付けのHD(500GB)が突然認識しなくなり(まだ購入後6ヶ月)
    メーカーに修理に出すと「やはりドライブがXでドライブ交換になります」
    つまり旧ドライブにあったデータは救出不能(データ復旧会社に出すと
    救出できるかもしれないが1MBあたりナンボとかで超高額ですから)
    ほとんどがiPhotoの画像データ(主に次男の撮り鉄の)で一部は
    バックアップしてたものの「名鉄7000系」などのデータはパー
    日頃「バックアップしときやー」と次男に言ってたのに全然してなかった
    自己責任と言えばそれまでやけど、僕まで落ち込む

その3 自家用の「バモス」を車検に出したが1年以上前にハネ石にて
    フロントガラスにヒビが入っていたのをそのままにしておいたおかげで
    『このままでは車検通りませんよ』『交換すると9万円くらいです』
    ガ〜ン! 割れた当時は車両保険に入っていたのに
    「これくらいオレが我慢しとったらエエ」と思ってました
    (長男が免許とってから、年齢制限を外した折、今は車両保険入ってません
    ねん)

 その1のiMacはアップルに修理に出すと一律修理代が7万円弱らしいです
そんだけ出すんやったら新しいの買うか中古のG5(Mac Pro)でも買うか?
今、楽器の修理でお世話になってる技術者に見てもらってるんですが
『じっくり暇ができたときに見てみます』ちゅうことで直る可能性は低いと思います
その2の外付けHDのデータも元々はそのiMacに入ってたのを移したものなので

『ひょっとしてiMacのHDに削除した画像データが残ってるかも!』 ということで

久々にマックのソフト買いました
d0144550_22461027.jpg

ジャングルっていう会社の「完全復元PRO」というもので
Windowsでは有名なソフトらしく、そのMac版です(¥12,800もしました)
ま、今手元にiMacがないので直ぐに試せないのですが、手元のMac Proでやってみるとゴミ箱の中からいっぱい出てきます(ほとんどは完全なデータではないみたいですが)
エッチな画像ばっかり復活したらどうしましょ?

その3のフロントガラスはどうしようもないな
「何とかならん?」って保険会社に交渉してますが、結果は如何に!

最近、店の売り上げもイマイチやし
落ち込んでます

>みなさん
 「備えあれば憂い無し」とはよく言ったものです
 日頃のバックアップはコマメに!
 メディアって1枚数十円やもんね
[PR]

by masagoon | 2009-04-28 23:06 | Mac | Comments(2)

どなたも書き込みがないまま一週間・・・

本日もMTBで山へ
ほんとは相棒ができるかも?でしたが
お忙しいらしく、今日も独りです

今日もいつもの中山五月台から長尾山トンネルを抜けます
d0144550_1921787.jpg

前々回来た時よりも山桜が減ってますが今満開の個体もあります
新緑のグラデーションが奇麗です
そのまま榎峠を越え切畑方向へ進みます
途中県道からそれて趣きある小径を行きます
d0144550_1925895.jpg

前回来たときに見つけたんですが、画像のところは広いところなんですが
狭いところはブッシュの中を進むことになります
全線日陰、山側にきれいな水が流れる水路があって
マイナスイオンぷんぷんでリフレッシュできます
切畑から境野集落へ
ここらへんは新しく「宝塚西谷の森公園」として整備されました
d0144550_19334186.jpg

以前は黒岩という山を中心にMTBバイカーにも人気のフィールドだったそうですが
公園になって自転車進入禁止になってます
今日はここより南に進み丸山方向に進みます
舗装路の切れ目から山に入ります(一度道を間違えて引き返してきました)
d0144550_19383672.jpg

やがて杉林へ
d0144550_19391095.jpg

乗ったり押したりしながら小さな峠に出たところの案内板の裏に
『←東大岩岳5分、絶景!』と書き込みがありました
凄い狭い坂で倒木や木の根っこがいっぱいあって進むのに苦労しましたが
d0144550_1943999.jpg

ほんと絶景です。足元に千刈水源地が見えます
ところで、今回よりウエアが変わりました(似合ってるかどうかは別として・・・)
パンツはちゃんとした自転車用パッド付き(ウンコを股に挟んでるようでキモチワリ〜)
ジャージはオークションで¥500(もちろん新品)
南西方向に今から登る「大岩岳」が見えます
d0144550_1950018.jpg

また苦労して自転車を下ろします
先ほどの峠からまた登って大岩岳山頂です
d0144550_1952289.jpg

森の中を走る時はサングラスも変えてます
色付きでは薄暗い森の中で見にくいので透明のものに
山では防護グラスは木の枝やブッシュから目を守るため必要不可欠です
この透明はちなみにコーナンの工作用の¥498のものです
山頂から途中まで同じ道を下り途中の分岐を右へ
d0144550_19575949.jpg

尾根に沿った道で基本下りでほとんど乗れます
やがて開けた砂尾根に
d0144550_2012678.jpg

ここも高圧線が通ってます
先週の「古宝山」と同じ「姫二火力線」です
セルフで撮ってみました
d0144550_2042961.jpg

また森の中に入り、やがて千刈ダムからの川と武庫川が合流する「東山橋」に下りました
川の左岸を一旦JR道場駅まで出て橋を渡り、右岸を下ります
次は山の上の道場町生野(R176赤坂峠北側)へ抜ける山道の取りつきを探します
それは学生時代に僕がコースリーダーとしてクラブランをしたところです
30年も経つと住宅街の取りつきも判らなくなってるやろうと思い
下からと思ったのですが見当つけたところには新興宗教の施設があって
取りつきを見つけることはできませんでした
(今度は上から探してみます)
仕方なく
d0144550_20161935.jpg

川下川ダムに出て、切畑の野菜直売をやってるおばあさんのとこで
朝堀タケノコを買ってまた榎峠を越えて帰ってきました

もう山の季節は終わりかな?
暑いし、クモの巣張ってるし
木からは毛虫がぶら下がってて
気がついたら腕をシャクトリ虫が這ってます

でも『山』はいいですよ!

本日の走行距離:72km
本日の最高速度:64.6km/h(久々です)

疲れました
[PR]

by masagoon | 2009-04-22 20:19 | 自転車(MTB系) | Comments(8)

関西MTBバイカー憧れの道

前回「鳥脇山」と一緒に行こうと思ってて雨のために行けなかったところ
『検見山西尾根』です
ここは関西のMTBバイカーが一度は走ってみたいという至福の道らしいです
自宅を出て武庫川沿いに宝塚へ
生瀬の採石場横から上ります
d0144550_20453035.jpg

前回来た時もこのホッパー車止まってましたが動いた気配なしです
十万辻目指して上ります。途中同年代のロードマンに抜かれました
大宝塚ゴルフクラブ横から登ります
d0144550_2047011.jpg

最初ここから入っていったらゴルフ場のフェアウェイ横に出てしまって一旦引き返しました
舗装路を少し下ってみても取り付きが判らずUターンしてまた元の場所に戻る途中、別の取りつきを発見
d0144550_20562190.jpg

しばらく乗って上れましたが、やがて・・・
d0144550_2057537.jpg

画像では判りにくいですが、急階段です。所々階段が朽ちてます
階段を登りきると砂の尾根です
d0144550_205929.jpg

前方右手が「検見山」です
d0144550_20595625.jpg

途中、道を間違って高圧線の「北神戸線第6鉄塔」へ出てしまいました
遥か向こうには吉川町辺りの丘が見渡せます
鉄塔の周りに早出のワラビが出てたので少し採りました
目指すは「第5鉄塔」です。
d0144550_2164448.jpg

ほどなく
d0144550_212347.jpg

検見山山頂はうしろ後方なんですが、特に眺望が効く山ではないそうなんで今回はパスです
下りの転倒と薮こきでの怪我に備えて暑いですがウインドブレーカーと革手袋を装着!
d0144550_2162285.jpg

道が細く両側にブッシュや立ち木が林立しており、昨日雨だったこともあって全身ビシャビシャです
道を進むと道は少し広くなってきました
d0144550_2191636.jpg

平日ですので誰にも会いませんが、ここがMTBに人気がある道だってことがよく判ります↓
d0144550_21183040.jpg

倒木にはチェーンリングが当たった跡が沢山ついてます
ずっと乗れる下りが続きやがて名もなき峠に出ます
d0144550_212018.jpg

桜はもう散ってましたが山ツツジが満開です
峠を北方向へ下ります
ズッと乗れます(これが人気の秘密なんでしょう)
やがて切畑の里に降ります
今度はここから「古宝山」という山を目指します
2万5千の地図を見ると切畑の民家の奥に点々道が載ってます。それらしき民家の犬に吠えられながら家の裏に回ります。家の人が出てきてくれた方が道のことも聞けるしウシロメタさがなくていいのですが誰も出てきませんでした。
家の裏の畑の横を進んだところで道がなくなりました。完全ヤブこきをして進みますが枯れススキ帯に入ってしまって自転車を置いて先を偵察しますが、自転車を置いたところが判らなくなるほどで道探しは断念しました。このヤブのなかで山菜の「ゼンマイ」発見。また採取

一旦県道に戻って山を4/1周し、クサリの張ってある林道を見つけしばらく広い林道を登ります
林道の終点にシングルトラックの取りつきがありました
d0144550_2143213.jpg

乗ったり少し押したりする坂が続きます
d0144550_21491645.jpg

ここもご多分にもれず高圧線沿いになります。ここは「姫二火力線」というらしいです(姫路の火力発電所から来てるんでしょうか?)
高圧線と別れて「古宝山」山頂です。459m三等三角点です
d0144550_21583878.jpg

この横に小さな祠がありました
ここで軽く昼食をとり下ります。下りはかなり急な坂です
直下に下ると思ってたら、下りの途中に小さなピークがありました
d0144550_226277.jpg

ここの横にも先ほどの祠よりも大きなお堂ともいえる立派な神さんが祭られてました
正面の階段からは下の県道が直下に見えます(そんな急な坂です)
階段が多く最初のうちは担いで、しばらくしてからは押しながら?降ります
この「古宝山」は今回行ったのと逆方向に登ったら最初はきついですが下りは楽しめそうです
やがて県道に降り、いつものように十万辻から帰ってきました

本日の走行距離:60km

久々に疲れました

d0144550_22175724.jpg

帰ってから今日採取したワラビとゼンマイのアク抜きをしました。食べられるのは明日以降です
[PR]

by masagoon | 2009-04-15 22:13 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

休みではないのですが次男と

春休みで自宅で腐ってる次男を連れ出してMTBで出かけました
ビギナーでも走りやすい「ソエ谷峠」です
普通なら自宅から走るのですが、自走すると自転車を嫌いになる恐れがあるので
猪名川の道の駅まで車で行きそこから出発です
僕のMTBのタイヤは「がちゃこさん」に頂いた新しいのに換えました
d0144550_22104211.jpg

県道を西へ進み、ソエ谷峠の入り口です
d0144550_221353100.jpg

雲一つない空、少し暑いですが快適です
開けた林道を上ります
d0144550_2215255.jpg

やがて峠に着きます
d0144550_22162619.jpg

ここから下りですが、最初は急坂ですので『無理に乗るなよ』と声をかけて下ります
僕は順調に下りますが、次男は止まり止まりついてくるようです
一旦銀山の集落に出ます
d0144550_22201857.jpg

ちょうど満開の桜がありました
ここから北田原をめざします
この辺りは銀山と言う名の通り、江戸時代から昭和まで続いた鉱山で
コース途中の砂利場の石は鉱石であることをネットで知りました
さっそく石を割ってみます
d0144550_22313451.jpg

銅の鉱石か緑色のものとか、こんなものを採ってきました
d0144550_2232576.jpg

お判りいただけるか、水晶らしき小さな結晶を見ることができます
コースは杉林の中へ
d0144550_22341526.jpg

杉林をぬけて、北田原のマス釣り場の橋を渡って車を置いた道の駅に帰りました

走行距離:21km

自転車を好きになってくれたらいいのですが・・・
[PR]

by masagoon | 2009-04-07 22:37 | 自転車(MTB系) | Comments(9)

久々に

似非MTBでお出かけです
昼から雨ということなので近場、また鳥脇山へ
天気がもったら下山後、再度検見山へ登ろうと思います

今日から新年度ってゆうこともあって
今までの冬の革手袋から指切りメッシュ手袋に衣替えです
取りあえず9時に自宅を出発
いつものように長尾山トンネルを抜けるコースです
中山五月台の入り口に
d0144550_1638863.jpg

枝垂れ桜が奇麗に咲いてました
クロカンロードで上るより、やっぱりMTBのほうが楽に上れるような気がします
d0144550_1640289.jpg

山には山桜(なのかな?染井吉野よりも咲くのが遅かったと思ってましたが)が咲いてます
榎峠から階段を担ぎ上げます
d0144550_16434790.jpg

コース後半、山のシングルトラックを下ってるときに気づいたのですが
なんと自宅を出た時から『ヘルメットが前後逆です!』
山道の登りもMTBだと乗れる部分が多いような気がします
やがて鳥脇山山頂です
d0144550_16493433.jpg

ここで少しオニギリを食べ、下りに備えて革手袋にはめ直します(転倒時に備え?)
天気の急変か、風が出てきました
d0144550_1651465.jpg

クロカンロードでは恐る恐る下ってましたが前に途中の分岐まで通ったこともあるので
ガンガン下ることができます
d0144550_16532375.jpg

このあたりの里山一帯は関電の高圧線銀座で数多くの鉄塔があります
それゆえ自分の位置なども地図と照らし合わせしやすく
また巡回路も多くあります(これはこれで道に迷うことも多いですが)
d0144550_16554564.jpg

バンバン下れます
d0144550_16555646.jpg

鳥脇山山頂から約30分乗車率95%素晴らしい道です
山はやっぱりMTBですね、何の心配もなく下れます
途中山仕事の方にお会いしたほかはハイカーやMTBともに遇うことありませんでした
下りの後半で普通ならすり抜けられる木の障害物でヘルメットが引っかかり
「あれ?」と思ったら前後逆に冠ってたとここで気づいたのです
ホント他のサイクリストに会わんで良かったです
d0144550_16573799.jpg

最後は宝塚の環境クリーンセンターの脇に出て終わりです
ここらで雨がポツポツ降り始めました
まだ昼前ですが今日はこれで止めとくことにします
本降りになる前に十万辻トンネルに着くことができました
d0144550_17244376.jpg

ここでカッパを着込みます
最初は手袋をミスミス濡らすこともないやろとバッグになおし、素手でダウンヒルにとりかかりましたがとても冷たい雨で途中で手袋を取り出しました
宝塚の街を抜けた頃には雨はあがってしまいました
やむのが判ってたらトンネルで雨宿りしてから検見山へ行ったら良かったです

やっぱり山はMTBですね
以前は荷物を背負うのが嫌で無理矢理サドル後方にバッグをつけてました
しかし、クロカンロードに乗るようになってから仕方なくリックを背負うようになったのと、担ぐことも多くなったのでMTB自体には何もつけなくなりました(これがホントの姿なんですが)
これにより急な下りでも腰をサドル後方に落としリアをロックさせながらでも下ることができます
クロカンロードではドロップ部のブレーキレバーを握らないとだめなので腰を後方に移動させることができず、仕方なくサドルを下げてましたが体が前傾になりとても怖かったです
また、安物のサスフォークに換えたおかげで重くなり、似非マウンテンと重量的にも変わらなくなってしまったし・・・
(アルミ材たくさん買ってブレーキまで作ったのに!)

帰ってタイヤを見てみると
d0144550_17165077.jpg

リアのタイヤのブロックが1個飛んでました
「がちゃこ」さんに新しいタイヤを頂いていたのですが、交換する時間が有馬温泉でヒビヒビのお爺さんタイヤだったんです
今度はニュータイヤでバンバン下りますヨ

それよりも エエMTBが欲しくなってきました
[PR]

by masagoon | 2009-04-01 17:27 | 自転車(MTB系) | Comments(0)