<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日は日食

昨日7月22日は世紀の日食の日&定休日なので
次男の生物の宿題「海の生物」の観察をかねて
和歌山市最北の住吉崎に行ってきました
磯の生き物採集の道具と
40年ぶり出動の天体望遠鏡(太陽観測用フィルター付き)と
デジカメ撮影用にギターのダンボール箱を利用した巨大針穴式投影機を持って!
和歌山市の最大日食時は11:05分
当然、月がほぼ南中(天頂)に来るので
今日は大潮、干潮は13時ころです
d0144550_2233128.jpg

現場には10:00頃到着
雲は厚く、思い出したように数回雲のフィルターごしに太陽が顔を見せますが望み薄・・・
早速磯に出て生物探し
最初に目についたのはご存知「陣笠」ことマツバガイ
d0144550_22365369.jpg

しかし、ここ住吉崎は数も少なく大型もなし
(帰りに深日港で大型を採取)
続いて、これもよく目にする「ヒザラガイ」
d0144550_22395812.jpg

最近まで良く目にはするものの「食べられる」とは思いませんでした
そしてフジツボです(これはクロフジツボ)
d0144550_22403842.jpg

生物的に面白い「アオウミウシ」も居ました
d0144550_2242832.jpg

体長3cmというところでしょうか
南国風で珍しいものと思いきやよく居るそうです
(東灘区の神戸製鋼排水路でも見たことがあります)
このアオウミウシを見つけた頃日食の最食時でしたが
空が薄暗くなったものの太陽は見えませんでした(残念)
日食の怨念か
次男がアオウミウシの写真を撮ってる最中に
デジカメ(SANYOザクティ)水没!!
次男:カメラ動かへんねん
僕:何でやねん?
次男:・・・水に浸かった・・・・
僕のサイクリング時のお気に入りデジカメでしたが
同じ水没でも海水では完全に再起不能です。諦めるしか無いです(レンズ間にまで浸水してるし)
また最近スペアバッテリーを2個も買ったとこやったのに・・・
一気にヤルキ↓↓↓↓↓↓↓
その他ショウジンガニなども穫ったのですが持ち帰る前に脱走されてしまいました
昼を機に深日港へよって少しタコ釣り(ボーズでした)をやって帰ってきました
マツバガイは
d0144550_22555990.jpg

剥いてワタを取って
d0144550_2256413.jpg

バター焼き(ミニアワビってゆう感じで結構いけます)
フジツボは
d0144550_22575628.jpg

みそ汁(初めて食べましたが中の身は冷凍にした後のシャコっていう感じ)
でもイイ出汁が出てて美味しかったです
そしてヒザラガイです
塩茹でにします
d0144550_2301126.jpg

この貝は一枚の殻でなく鎧もしくはエビの殻のようになってます
それを剥きます
d0144550_2311928.jpg

完全に剥くと
d0144550_2315411.jpg

ちょっとグロテスクです
味は磯の巻貝(和歌山ではガンガラって呼んでました)のような味です
食えないことはないけど特に食べる必要性も感じられませんネ

宿題とは別にある意味、楽しめました
休みとはいえ家族サービスでサイクリングにも行けず

早く夏休み終われへんかナ?
[PR]

by masagoon | 2009-07-23 23:08 | Comments(1)

今日は近場で

朝からエエ天気(暑い)&あまり時間もないので
ロードは暑いし、近場の山へ登ります
d0144550_13593959.jpg

今日はこのあたりを走ります
自宅から武庫川を仁川まで
d0144550_1405146.jpg

仁川の住宅街から登ります(ここで手動でインナーへ落とします)
d0144550_141513.jpg

仁川ピクニックセンターの五箇池です。ここまで来ると下界よりは幾分涼しく感じられます
前方は甲山です
北山ダムから六甲山方面へ「西宮北道路」の分岐を過ぎた途中から山口の方へ進みます
d0144550_143247.jpg

さらに涼しくなります
d0144550_146722.jpg

小笠峠という所でオニギリを食べます
そうです。今日はディスカバリーのジャージを着てきました
写真を撮る時は『お腹を引っ込めて!』
d0144550_1481237.jpg

大谷乗越という所から「六甲山縦走路」へ入ります
d0144550_149275.jpg

六甲では一番ポピュラーな登山道ですのでこの時期でもクモの巣が張れる暇もなく
踏み固められた道で走れる所が多いです
d0144550_1412198.jpg

尾根を越える風がとても気持ちがよろしいです
d0144550_1413512.jpg

キノコが出てました
「イクチ」の仲間です。多分食べても大丈夫だと思いますが今日は止めときます
d0144550_14142278.jpg

いくつかの分岐があります
d0144550_1415427.jpg

見晴らしの良い所に出ます
d0144550_1774530.jpg

大阪平野はもちろん、和泉山脈の奥まで見渡せます
d0144550_14162889.jpg

えぐれた花崗岩系の砂の道を下ります(あまり乗れません)
やがて塩尾寺に降ります
d0144550_14174929.jpg

「えんぺいじ」と読みます
ここからは舗装の道となります
d0144550_14183887.jpg

木陰の中を急な下り坂が続いて宝塚の温泉街に下ってきました
町中を走ってると「コットン、コットン、コットン」周期的な振動が・・・
??ひょっとして、スポークまた折れた?
d0144550_14213961.jpg

よく見ると『タイヤが膨らんでる』ではありませんか!
下り坂のブレーキングでリムが発熱し、リムセメントが柔らかくなってタイヤがズレたようです
昨年の春のOB会ランの折、htn君のチューブラーがなった状態と全く同じですね
前だけです。リアは駆動と制動で相殺されるのでズレることはないのでしょう

下界は『暑い』

帰りにいつものようにうどん屋のマスターに報告して帰ってきました

本日の走行距離:38km
距離の割には楽しめました
[PR]

by masagoon | 2009-07-15 14:26 | 自転車(MTB系) | Comments(6)

昨晩も

ウナギ行ってきました
結果は60cmシーバス1尾のみ

昨晩は干満の影響で流れなく
遅くなって流れが出だした途端、シーバスが
時すでに遅しでウナギの時合は過ぎたっていう感じで

ただ、ウナギ釣り帰りの年配の方にお会いし
色々話を聞けたという収穫がありました
僕がやってるところはあまりポイントとしては良くないということ
 良いのは
  少し下の岬状のところ:昔は1級ポイントだったが今は根掛かり多し
  もう少し上の小さな船着き場があるところ:投点は川の中心
餌はやはりドバミミズ
その人はオタフク錘20号をPEラインで使ってる
そして、ここで有名な夏の祭りが終われば喰いがガタッと落ちるということ

で、その人に「要らんから」と50cmのウナギを貰いました
人の釣った魚など・・・・のところですが
捌く練習の為と有り難く頂戴しました

祭りの前までに頑張らねば!
教えてもらった所らには駐車できないので
離れたパーキングか
今度は「電車」かな
[PR]

by masagoon | 2009-07-13 10:28 | 釣り | Comments(4)

また釣りネタですが

ルアー釣り、タコ釣りに続き
今、ハマりかけているのが「ウナギ釣り」です
近所の1級河川や釣り友に教えてもらった大阪市ど真ん中のポイントに行きましたが
外道は釣れたもののウナギは釣れませんでした
昨晩、大阪市内の仕事の帰りにまた教えてもらった同じポイントへ
到着後1時間は全くアタリなし
やがて満潮を過ぎ下げの流れが出した途端
外道のシーバス(スズキの50cm)が2本立て続けに・・・
そして!アタリ!!
シーバスのそれとは違う引き
やった!うなぎです
それも大きい!
その後、小さいうなぎを1本追加して納竿
帰って計ってみると大きいのは60cm小さいのは40cmでした
d0144550_21221855.jpg

大きいのは僕の手の親指と人差し指の輪っかより太いです
風呂場にコンクリをこねるトロ箱を持ち込んで活かしておきます
朝、見てみると大きいのはトロ箱の外に出て(外にも水張ってたんですが)死んでました
直ぐさま捌きます
今まで捌いたアナゴとは全然違い、腹の辺りの骨はごつく上手く捌けませんでした
また、小さいほうは生きてることもあってなかなか目打ちができず苦労しました
朝は配達の仕事があるため「白焼き」の行程までとします
本来なら炭火で焼きたいところですが何かと邪魔臭いので
ウォーターオーブンで焼きました
d0144550_21293098.jpg

午前の部は仕事に行かないとダメなのでここでウナギは一旦冷蔵庫へ
昼過ぎ、店番を家内に代わってもらって
『タレ作り』です
折角なのでスーパーで出来合いのタレは買わず自分で作ります
ネットの記事を参考に
醤油、みりんなどを主にウナギの頭や骨も使ってコクあるタレ作りです
d0144550_2133231.jpg

なかなか上手くできました
仕上げはやはり炭火でといきたいところですがまたオーブンです
何度かタレにつけ込み完成です
d0144550_2135292.jpg

さらに皿に盛ったうえ、ハンディーバーナーで身側に焦げ目をつけて完成です
d0144550_2136082.jpg

大きかったウナギも焼いてみるとスーパーで売ってる「特大サイズ」でしょうか

家族の前にド、ド〜ンと出して『天然ウナギをご賞味あれ!』
実は内心心配でした
ドロ臭くない?ケミカル臭は?
家族(特に次男)
「めちゃ旨い!」
どれどれ
ホンに、しっかりとウナギの香りがしてフックラで脂も乗ってて
嫌な匂いなど一欠片もありません
 最高でした

しかし、家族4人が満足に食う為には
60cmクラスなら3尾は釣らなあきませんワ

しばらく通いそうです
(ごるごさん有り難う)
[PR]

by masagoon | 2009-07-10 21:44 | 釣り | Comments(5)

久々にキロアップ

カッコいい?サイクルジャージで颯爽と走りたかったですが
あいにくの天候の為、昼からタコ釣りへ

場所はいつものPI
到着するまでは雨が降ってましたが
着いた途端にあがり
数投目、ズッシリ!!
これは大物!
水面にあがったところで
1本の足の途中にフックが1本掛かってるだけ
(抜けるかな?)
何とか上げることができました(久々にデカイ蛸)
その後、場所を変えレギュラーサイズ
d0144550_2055547.jpg

ちなみに仕掛けは自作でフックつまり針は折れたスポークをグラインダーで削って
ミニルーターのダイヤモンドカッターで研いだリサイクル品です
大きいのは帰って測ってみると
d0144550_20554457.jpg

1.2kgありました
早速
d0144550_20561870.jpg

久々の「生ダコ刺身」(左、足1本のみ使用)とレギュラーサイズのをタコブツに

大ダコの残り7本の足は生のまま1本ずつラップに巻いて冷凍庫へ
(これが鉄板焼きのときにエエ食材となります)

満足、満足
[PR]

by masagoon | 2009-07-08 20:59 | 釣り | Comments(4)

サイクルジャージ

ヤフオクでサイクルジャージを2組も買ってしまいました
「Discovery」と「Liberty Seguros」というやつ
d0144550_18443986.jpg

どちらのことも詳細は知りませんが安かったので人気のないチームのものでしょう
(¥2110と¥2100でした。もちろんイタリア製)

さっそく袖を通してみますがパンツはなんとかピッタリですが
ジャージは・・・
 (パッツン、パッツンでお腹が超ポッコリ)
哀れな姿です
お腹の辺りのロゴがノビノビ

これを着て、颯爽と風を切って走るのには
 相当ダイエットが必要みたいです

・・・トホホ
[PR]

by masagoon | 2009-07-02 18:48 | 自転車いじり | Comments(4)