<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

やっと我が家も千円高速で

この春より政府の政策で実施された
『普通車休日高速道路料金シェンエン』
水曜日を定休日としている我が家では
全く恩恵は受けられることはありませんでした
しかし、この秋のシルバーウィーク最終日
やっとこれを利用し、家内が一度行ってみたいと言っていた
福井県小浜市へ行ってきました
日帰りでは勿体ない、しかし1泊2日は仕事の関係で無理
旅館もキャンプ場も予約はむずかしい
そこで火曜日の閉店を待って半泊で車中泊&ミニテントで強行です
海岸沿いの駐車場でも探そうと思ってましたが
あいにくの空模様パラパラ小雨が降ったり止んだり
高速をおりて到着したところは「シーサイド高浜道の駅」
スーパー銭湯併設の大型の道の駅です
残念ながら到着時には銭湯の営業時間は終了してましたが
駐車場はほぼ一杯、キャンピングカーの多いこと
芝生の上はツーリングバイクの人が数人小型テントを張ってます
妻が『ここにしよう!』というので車を止め
テーブル、イスにランタンを取り出して、ささやかな酒盛りの後就寝
翌朝、道の駅の裏の海(青戸の入江の一番奥)で餌木を投げてみます
1投目から餌木の後ろにイカの陰
浅瀬まで来ても逃げる気配無し、餌木を再投入して『乗った!』
d0144550_20163846.jpg

・・・餌木と同サイズのコロッケ甲イカ
結局数投すれどこれだけでした
道の駅を後にし小浜に向かいます
駅の観光案内所で自転車を2台借ります(もう2台は持って行ってました)
d0144550_20193597.jpg

ここは鯖とNHKの連ドラ「ちりとてちん」のロケ地で町興しでガンバッテます
d0144550_20222944.jpg

古びれた商店街の中に「鯖街道の起点」がありました
この商店街の中に数件の「焼き鯖」を焼いて売ってる魚屋さんがあります
d0144550_20272580.jpg

さっそく1尾を買い、海を見ながら食べることにします
焼き鯖には「ビールでしょう」ということで、酒屋さんを捜します
やっと酒屋を捜し店内の冷蔵庫から
アサヒ・スーパードライ
キリン・一番搾りスタウト(黒ビール)
サントリー・ザ、プレミアムモルツ を手に取り
店の人を呼んでも誰も出てこず、数分待ったら
路地の奥から前掛けをしたオッチャンがやってきました
『酒屋さんのご主人?』
『ビール買おうと思てんけど、誰も居てへんし、貰って帰ろ思いましたよ』
「スンマヘン」
『この3本』
「あんまり見かけへんビールやな?」・・・??
「二百円、三百、四百。四百円でんな」・・・????????
(第3のビールやなく、本物のビール3本で四百円?)
(オッチャン正気?オッチャンがそう言いはるんやったら、お言葉に甘えて)
四百円を払って、先に海岸に行ってた家族を追います
じゃ〜ん
d0144550_20425688.jpg

家内に『このビール3本でナンボやったと思う』
3本でヨン・ヒャク・エン!エッヘン!
スーパードライ以外比較的新しいやつやからオッチャン第3のビールと間違えたんちゃうか
 と、家内
まだ温い焼き鯖を家族4人でつっついて美味しく頂きました
d0144550_2049226.jpg

食後、そこの波止で少し餌木を投げて戻ってくる時に
家内が「このビール安かった謎、解けた!」
 「スーパードライ以外、賞味期限2008年2月や!」
1年半も前やんか! おえ〜〜〜〜〜〜〜
その後、小浜フィッシャーマンワーフでビール飲み直しましたヨ

その後、アルコールを抜くため
「ちりとてちん」のロケ地をいろいろ自転車で廻りました
d0144550_20532455.jpg

常高寺というお寺です。階段とお社の間にJR小浜線が走ってます

帰りが混むとシンドイので2時過ぎに小浜を出発
小浜西から高速に乗り、渋滞を避けて神戸北で降りて
三田〜千刈り〜榎峠〜山本のコースでイライラすることなく帰ってきました

それにしても『あの酒屋のオッサン』
訴えてやる!!
[PR]

by masagoon | 2009-09-23 21:03 | Comments(2)

遅ればせながらお疲れさまでした

去る9月19日のOB会(秋合宿の場所を決めるで飲み会)の帰りのレポート

軽く2次会(K先輩ご馳走さまでした)を終え大阪駅にふらりふらり歩いていた時のことです
K先輩:「外人や!」
   「ちょっと、喋ってくるワ」
?????
そこにはセーラー服を着たパツキンの外人が3人ほど
そのうち2人は割とベッピンな女の子(これ自体不思議な風景ですけど)
そしてもう一人は???
d0144550_21261896.jpg

僕の酔った目で見ても明らかにオ・ト・コでっせ!
しばらくすると英語が堪能な大阪のオバチャンが現れ、何かを差し出し喋ってます
差し出していたのは
d0144550_21283989.jpg

エイズそして「大阪のゲイ」??
何のことだか・・・・
やがて
d0144550_21293943.jpg

変な被り物をかぶったハイテンションな、これまた変な外人が現れ
変な外人様ご一行様はまだ眠らない夜の街に紛れ込んで行ってしまいました

???な夜でした
[PR]

by masagoon | 2009-09-21 21:31 | 自転車いじり | Comments(1)

工場見学

家内と長男とでサントリービール京都工場へ!
d0144550_17361547.jpg

行きは運賃の安い阪急電車で長岡天神駅へ
予約した時間まで余裕がありましたので長岡天満宮へ行きました
d0144550_1738383.jpg

朝晩涼しくなりましたが、直射日光の元ではグッシャリ汗をかきます
d0144550_17405374.jpg

宮内の八条池に突き出ているのは
「錦水亭」という有名な料亭の座敷だそうです
 お金に余裕ができたら是非、昼食でも・・・(昼食くらいしか手がでないのが寂しいデス)
天満宮前に
d0144550_17445938.jpg

ビール工場行きの送迎バスの乗り場があります
僕たちはまだ時間があったので長岡天神駅の停留場まで戻ってそこから乗りました
バスはJRの長岡京駅にも寄って工場へ向かいます
到着後、受付の時にHPからプリントアウトした優待券を出すと記念品としてモルツのコップを貰いました
さて見学の始まりです(今見てるのはホップです)
d0144550_17503584.jpg

10時から15時頃まで1時間ごとに見学があるのですが
我々の時間は15人くらい、ほぼ僕たちと同年代から上の夫婦が多かったです
d0144550_17525436.jpg

「石川遼」似のさわやかオニイさんに説明を受けながら見学を終え
いよいよ、できたて「ザ・プレミアム・モルツ」の試飲です!
d0144550_17552046.jpg

やっぱり第2、第3のビールじゃなくで本物の『ビール』は美味しいです
見学時間は全部で1時間、そのうち試飲は20分
おかわりは2回までで計3杯飲むことが出来ます(おかきとナッツのオツマミつき)
もちろん我が家族は皆3杯おかわりしました
お昼に空きっ腹に3杯も飲んでいい気分になって
帰りは旧西国街道を歩いてJR長岡京駅へ
旧街道ですがこれといって見るところもなくっと、思ってると
神足・古市共同墓地に入ったすぐ右側に、6体の地蔵菩薩像がありました
d0144550_18435198.jpg

さらにその横に閻魔大王を中心に祀られた五王像がありました
d0144550_18443955.jpg

駅前で昼食を食べて帰ってきました

今度はアサヒビール吹田工場、そして西宮工場、キリン三田工場かな
いずれも自転車で行けないのが残念ですが・・・
[PR]

by masagoon | 2009-09-16 17:57 | Comments(2)

久々の山

お盆にsyokora君達と京都北山を走って以来のサイクリングです
どこに行くか迷ったのですが昨晩「うどん屋のマスター」のところでコースを仕入れてきました

今日は「妙見山〜天台山〜長尾山〜鼓ガ滝」の尾根コースを「クロカン号」で出かけます
まず朝7時過ぎに自宅を出発
川西から一の鳥居、妙見口に進みます
d0144550_1546234.jpg

前に来た時は尾根コースを登ったので、今回は谷側の「初谷コース」から入ります
d0144550_15475676.jpg

山に入るのにはまだ時期的に早く、森はまだ鬱蒼としてます
d0144550_15491019.jpg

谷川沿いに道は登って行きます。(今日はリバティ・セグロスです)
d0144550_15504923.jpg

やがて沢と外れ乗れない上りになって押して歩きます
d0144550_15513939.jpg

ここらあたりで汗に濡れたジャージでおなかが冷えて「やな感じ」
余裕のあるうちに(野糞をしておきます)
3分遅かったらハイカーに目撃される所でした
d0144550_15541541.jpg

杉林に「スギヒラタケ」でしょうか?(あとで図鑑で調べます)
杉林の中を登りきると尾根の車道に出ました
d0144550_15562860.jpg

車道を少し走ると切り通しの所から「天台山」に登る尾根道の取りつきがありました
d0144550_1842841.jpg

(最初はスゴイ坂です)
杉林の中を登って行くと天台山頂上です
d0144550_185412.jpg

頂上もこれまた杉林の中でまったく見通しがききません
ここからいよいよダウンヒルの始まりです
d0144550_1872226.jpg

森の中や
d0144550_1874597.jpg

杉林の中や
d0144550_1882850.jpg

左右感じの違うとこ
比較的高速でガンガン下ります
d0144550_189251.jpg

やがて道は荒れ、乗って下れないとこが出てきます
見晴らしの良い所もなく下ってくると、林道になって
d0144550_18103889.jpg

ダイハツ「ミゼット」の廃車遺棄がありました
d0144550_1812738.jpg

運転台&シャーシの下に荷台、ドア、エンジンがありました
数十年前に遺棄されたのでしょうが、なんか綺麗で
d0144550_18162480.jpg

この林道を自走で登って来て遺棄されたのでしょうか?
現在であれば動かなくても高値で売れたであろうに・・・・
連れて帰ってあげたくなりました
d0144550_1819644.jpg

道はやがて「ときわ台」のはずれに出ました
ここから今度は大阪府と兵庫県の県境にある「閉ざされた道」を行きます
d0144550_18212492.jpg

入り口にゲートがありますが横から進入することが可能です
長尾街道というのでしょうか、昔は妙見道といって妙見山に参る為の道だったそうですがなぜ舗装までして閉ざされてるのでしょうか
d0144550_1825578.jpg

落ち葉でいっぱいです
d0144550_18253810.jpg

鹿の糞がありました(鹿の野糞跡です。ふ、普通か?)
やがて道はゴルフ場にぶち当たり、突然道は無くなってしまいます
ゴルフ場のフェンス沿いにシングルトラックがあります
d0144550_18272745.jpg

ところがこの道もティーグランドの横に突き当たり消滅
(うどん屋のマスターは「そこからゴルフ場の中を行くんやで」と言ってました)
ちょうどグループがティーショットの最中です
(このグループが行ったら、イノシシ除けのフェンスを越えよう)
すると直ぐさま別のグループ
1人のプレーヤーが『こんな所まで登って来はったんですか?』
するとキャディーさん『トライアスロンですか?何処行きはんの?』
「尼崎に帰るのですが」
『それやったら、こっち通り。ずっと行ったらトンネルがあってクラブハウスの前に出るから』
「は、はい。ありがとうございます」
そして僕は自転車を押してティーグランドを横切ったのでした
d0144550_1835491.jpg

もろにゴルフ場の中です
やがて能勢電鉄の鼓が滝の駅に出て
いつものように
d0144550_18363218.jpg

猪名川に沿って帰ってきました

本日の走行距離:60km

山の季節になりました
[PR]

by masagoon | 2009-09-09 15:58 | 自転車(MTB系) | Comments(7)

ウナギを料理

箕面から帰って来て昨日の「ウナギ」を捌きました
今まで数匹のウナギを釣って帰りましたが
いつも夜のためその日はコンクリをこねるトロ箱に水を張って活かしておきました
小さかった1尾を除き、翌朝には死んでいました
最初はただ水(水道水100%)を張っただけのんです
次は雑菌の繁殖を抑える為に塩をいれないとダメとかで
塩を入れましたがやはり朝には昇天
今度は「常識的に考えて」、酸素補給ということで
釣り用の活きエビ用のブク(電池式エアポンプ)を使います
浴槽に持ち込んだトロ箱にブク
スイッチON!
『ブ、ブ〜〜〜〜ン』ウルサいことこのうえなし
これでは気になって寝れません
夜中にウナギをクラーボックスに入れ直し、氷を浮かせて
屋上の金魚用の大型エアポンプの空いてるコックからエアを補給

今朝、恐る恐るクーラーの蓋を開ける
d0144550_2005211.jpg

おおっ!元気、元気
実は小さいのは釣ったとき上手く針掛かりしてたのでハリを外せたらリリースしてやろうと思ったのですが、
とんでもなく暴れるので仕方なくハリスを切って持って帰ってきました
金魚と鯉と一緒に『家で飼う』という選択もあったのですが、餌を調達するのも大変なので
やはり食べてやることに
前回暴れまくるウナギに目打ちするの大変だったんですが
氷で締めるとおとなしくなるということで
氷を入れます
d0144550_2061810.jpg

しばらくすると動きが止まり
d0144550_207616.jpg

決して死んだわけではないです
楽々目打ち
d0144550_2075227.jpg

まず二枚に
関西は腹裂きが普通ですが、僕は背開きの方がやりやすいです
d0144550_2083376.jpg

ウナギを捌くのも6尾目なので少々慣れてきました
d0144550_2093041.jpg

今度は背骨をとります
この時になって冬眠してたウナギが正気に戻ります
二枚に開かれた状態で『身をくねらします』
何と言う生命力!
d0144550_20111329.jpg

捌いた状態です
今度はウォータオーブンで白焼きにします
d0144550_20121391.jpg

面積比1/4に縮んでしまいます
うなぎは「串うち三年、裂き八年、焼きは一生。」と言われるように
通常串をうって焼きます
これは焼いて身が縮むのを最小におさえるという意味があるそうです
(商売人はやはり「大きなウナギ」に見せたいでしょうからに)
焼けたらタレに潜らせます
d0144550_20163444.jpg

まさご家秘伝のタレに浸けます(といっても4回目の使用ですが)
何度かこれを繰り返し
最後にハンディーバーナーで焦げ目を入れます
d0144550_20181091.jpg

完成です
d0144550_20183213.jpg

半日、清水で活かしたからか活きたまま捌いて焼き上げ料理したからか
今までよりも小さかったにもかかわらずまろやかで
『大変、美味しゅうございました』

冷凍しておいた前回のウナギの骨とあわせて
d0144550_20222067.jpg

二度揚げして骨煎餅です
これもまた美味!

また、釣りに行こ
[PR]

by masagoon | 2009-09-02 20:23 | 釣り | Comments(2)

またウナギ釣りとウォーキング

昨晩はまた電車で「ウナギ釣り」に行ってきました
結果は小〜中ウナギ2尾
他に新子ハゼ、セイゴ、ヘラブナ(30up)それにギギ(30cm)でした

今日は最近家内に誘われる「ウォーキング」で
車で箕面駅前まで行って『滝道』の散歩です
多少は自転車のトレーニングにもなるかとかと思って
お付き合いしてます
d0144550_19361682.jpg

阪急箕面駅の脇から進みます。正面に「箕面温泉スパーガーデン」が聳えてます
子供が小さかった頃、何度か来ましたが久しぶりです
もうちょっと進むと木陰の涼しい溪沿いの道になります
d0144550_19381364.jpg

もうちょっと涼しくなると「おでん」いいですね!
d0144550_19395534.jpg

淵にアオサギが居ました。サンショウウオも居てるそうです
やがて「箕面の滝」です
d0144550_19411443.jpg

滝の淵に座って売店で缶ビール買って飲みました
滝風に吹かれながらの(久々の)キリンラガービール旨かったなあ
(車で来てたの忘れるぐらい旨かったですヨ)
帰りの公園の木陰のベンチで猫が昼寝してました
d0144550_1944291.jpg

写真撮っても起きません
ちょっとぐらい触っても起きません
決して死んでるわけではありません
d0144550_19454183.jpg


それぐらい『気持ちのイイ一日』でした
[PR]

by masagoon | 2009-09-02 19:46 | 釣り | Comments(2)