<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

山は松茸山シーズン

急に寒くなりました
定休日の朝ですが「雨」が降ってます
朝8時に出発できるように用意はしてたのですが
雨脚が強くなり、今日はダメかなと思いつつ
9時過ぎに明るくなってきたので出発です
近い猪名川の城山を目指します
前回降りるルートが判らずヤブ漕ぎをしたので
少しネットなどで調べたうえの出直しです
自宅を出て伊丹市内を走る頃また霧雨が顔に当たるようになりました
川西能勢口でのトイレ休憩で行き先を考え直します
d0144550_17122122.jpg

ちょうど五月山から箕面の山を境に南側は晴れてます
行き先を変更して箕面方面に行くかと思ってたところ
北側にも晴れ間が見えるようになりました
予定通り多田の銀山へ向かいます
d0144550_17152987.jpg

久々の定点撮影所です(まだまだ木々は緑色です)
お気に入りの小径
d0144550_17163849.jpg

枯れ葉の溜まってるところに数種のキノコが出てました
銀山からソエ谷峠方向へ進みます
d0144550_1722308.jpg

道の両側には「11月10日まで入山禁止」のロープが張られてます
城山への取りつきも
d0144550_17202734.jpg

案の定入山禁止でした
無理に入山するのも誤解を招きますので断念して
そのままソエ谷峠へ向かいます
d0144550_17262087.jpg

感じのいい道が続きます
d0144550_17265939.jpg

相当オフロードバイクが入ってる感じです
d0144550_1731363.jpg

キノコを見つけては止まって写真を写しながらです
d0144550_17275169.jpg

ここから押しになります
最後の九十九折れのジャリ道の手前のベンチ?に
d0144550_1730489.jpg

ハナビラニカワタケがドっと発生してました
一株だけ採集します(たくさん採ると食べるのに苦労します)
ジャリ道を押上げ ソエ谷峠です
d0144550_17345341.jpg

若干汗をかきましたが木漏れ日とそよ風が気持ちいいです
峠から林道を下ります
途中にはこんな看板
d0144550_17364870.jpg

どのくらい松茸って採れるのでしょうね
県道に出て切畑から榎峠方向へ
途中にもお気に入りの脇道があるのですが
最近人や単車が通ってないのか
女郎蜘蛛のクモの巣が次から次へとあり
木の枝を振りながら進みました
元の県道へ出て榎峠です
d0144550_17404971.jpg

遠くに吹田の高層ビルが見えます
このまま中山五月台を下って帰るのはもったいないので
住宅街の中をもう一度登って
d0144550_17423699.jpg

中山東尾根を下ることにしました
少し担いでシングルトラックに出ます
d0144550_17431778.jpg

ここは2回目になります
d0144550_17443451.jpg

ここもいい雰囲気です
d0144550_1745657.jpg

ガレ場があったり
前回は中山寺の境内に降りてしまってガードマンに注意されたので
気をつけて分かれ道を進みました
しかし、降りたのは前回と全く同じところ!
これはマズイ!、一旦降りてきた道を押して登り直ししました
(寺の敷地に接してイノシシの罠がありました掛かってませんでしたがそこらじゅう獣の匂いが凄かったです。お寺がイノシシ捕ってるのかなあ)
少し登り直しましたが明確な道は発見できず
不明瞭な道を下りましたがすぐに道が無くなりヤブ漕ぎしました
下に道が見えてきましたがフェンスに阻まれ、また切り通しの上で降りることができません
d0144550_17531136.jpg

脇の方へ降りてやっと道に出ることができました
道に出るちょっと手前に
タラノキの幼木、発見
d0144550_17564768.jpg

春になると山菜の「タラの芽」が出る木です
マルポコ舗装の道を下りましたが
『ガーン!』ここも寺の境内の中でした
外に出ようにも壁と鍵のかかった門しかありません
(またどこかからTVカメラで監視されてるのかなあ〜)
出口をさがしてると境内のにぎやかな通りに出てしまいました
仕方なく素知らぬ顔をして自転車を押して境内から出ることができました
やれやれ

また今回出逢った森の妖精
d0144550_1893551.jpg



帰りにまたうどん屋のマスターのところへ寄って
ビールを飲みながら報告
そして中山東尾根の下り方を教えてもらいました


本日の走行距離:61km
本日の出費:
 ローソン100で値引きのオニギリx3と竹輪¥360
うどんの中田でスーパードライ(缶)¥350
    合計¥710でした
[PR]

by masagoon | 2010-10-28 18:05 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

身近なキノコ

ほんの駆け出しの俄キノコファンな僕なんですが
山では食べられるキノコ2、3種くらいの採集しかできません
山にはホント沢山の種類のキノコが顔をだしてます
しかし身近な公園にも時として地面から大きなキノコが出てることがあります
大体は地面から生えるオオシロカラカサダケやドクツルタケなど
白色の大型の猛毒のキノコです
しかし
先日、雨上がりに愛犬マルの散歩の途中
公園の入口のソメイヨシノではない桜の木の下に
ハナビラニカワタケ?が落ちてるではないですか
上を見上げると3m程上の枯れ枝に固まって発生してるではありませんか
地面から生えるものや落ちてるものは
犬のオシッコに汚染されてるので
「よっしゃ!木の上のやつ採ったろう」
d0144550_18264726.jpg

赤丸の部分に発生してました
次の日、脚立を持って行ってみると
あれ?
d0144550_18282364.jpg

カラカラに乾涸びてます
ハナビラニカワタケだと盛期を過ぎると解けてしまうハズです
オッ、これはキグラゲの仲間ちゃう?
で、脚立の上で背伸びして採集
d0144550_20224643.jpg

これを水で戻すと
d0144550_20231620.jpg

こんなやつが
d0144550_2023406.jpg

こんなふううに
d0144550_2024866.jpg

こうして考えると
僕が発見した時のものは
夏頃に発生したものが乾涸びて
雨で戻ったものだったかも知れません
またはこの乾燥〜戻しを何回か繰り返されたものかも知れません

酢の物にまぜて食べましたが
市販品のキクラゲのコリコリ感にはない
柔らかいコリコリで美味しくいただけました
[PR]

by masagoon | 2010-10-27 20:28 | キノコ | Comments(0)

サス交換でいきなり

先日のマニトウのサスですが
結局ステムの下側を2mmほど削り
元のタンゲのヘッドセット(組み上がり寸法がFSAより5mmほど低い)に戻しました
で、何とか
d0144550_19574215.jpg

ステムの上側のボルトの中心線程までコラムをくわえることができました
これでなんとかなるでしょ!
以前のFサスの時は合計25mmのスペーサーを噛ましてたので
単純にハンドル位置が25mm以上下がったことになります
ハンドルが低いと急な坂では前転しやすくなると思ったのと
MTBにしてはハンドル幅が短く、
荒れた路面ではハンドルを押さえつけるのに苦労したため
一般的なライザーハンドルに交換しました
d0144550_2025668.jpg

左右合計10cm以上広くなりました

で、いきなり試運転に『六甲山』を目指しました
d0144550_2042116.jpg

ハンドルが変わったので見た目のイメージ変わりました
武庫川自転車道を北上し仁川、そして逆瀬川から山頂を目指します
d0144550_2055342.jpg

西宮北有料道路の手前の坂は旧道を上りました
坂を上りながらキノコを探して左下を見
d0144550_2014639.jpg

目の前にこんなのが現われてドキッとします(ハナビラニカワタケ)
キノコを見つけては止まって写真撮影、採取
またアケビを探して上を見ながら上って行きます
d0144550_2095065.jpg

アケビもあるにはあるのですが手の届かないとこです
やっぱり「高枝切りバサミ&脚立」が要りますネ
しんどい坂道も止まりながらなので案外スッと上れました
キノコを見つけて写真を撮ってると
後から上ってきたローディーに
「食べられるんですか?」なんて声を掛けられました
山頂一軒茶屋です
d0144550_20223199.jpg

(ハンドルには収穫したキノコが入ったコンビニ袋が下がってます)
男女のペアなんですが陸上のアスリートなのか競技の話ばかりしてました
よく見ると男性はディスカバリーのジャージではないですか
今日はぼくも「リアル地球」ジャージじゃなくて良かったです
山頂を少し通り越した所から
d0144550_20194175.jpg

ちょっとガスがかかってます
ドライブウエイから逸れ、西オタフク山を目指します
d0144550_20203820.jpg

しばらくは舗装路でしたが、登山道になり
d0144550_20251453.jpg

乗っては降りられない荒れた道になり
登りではどうもなかったのに、『下りで』両足ツッテしまいました
d0144550_20252918.jpg

一部、押して下ったり、担ぎ降ろしたり
d0144550_20271842.jpg

谷に降りました
途中の小さな峠で
d0144550_20282732.jpg

(やっぱりコマワリ君ですね)
南側斜面に出ると
d0144550_20293394.jpg

さすが900mラインからの下りだけあってまだまだ下界まではありそうです
d0144550_20304634.jpg

ここからしばらく森林管理用の水平道を行きます
水平と言っても結構アップダウンがあります
d0144550_20315860.jpg

メジャーな山だけあって沢山のハイキング道があったりします
ここから岡本、保久良神社に降りることにします
d0144550_20335790.jpg

こんな階段が続きます
乗れないこともないのですが
安全を考えて階段横の部分を乗ったり、押して下ったり
やっと
d0144550_20371599.jpg

保久良神社に下りました
ここからマルポコ舗装の急坂を下り山手幹線に出て帰ってきたのですが
夙川あたりで周期的に異音がするなと思ったら
チェーンの一駒のプレートが外れてました
その場でチェーン切りで圧入して事なきを得ましたが
尼崎まで帰ってきてから踏み込んだら
またプレートが外れてしまったようです
一度ピンを抜いて、アンプルピンをもう一度挿入したら大丈夫でしょうか?
ちなみに不具合箇所はチェーンを買った時に
最初から飛び出してるピンを挿入した部分です

帰りにうどん屋のマスターのお店に寄って報告して帰ってきました
両足、パンパンです
疲れました
でも、今回も自作Rディスク台座、またステアリングコラム系
デンデン大丈夫でした
また、収穫したハンビラニカワタケ、ヌメリイグチ
お鍋でいただきました。美味しゅうございました

本日の走行距離:53km
本日の出費:ローソン100でオニギリなど¥430
      山頂の自販機でジュース¥120
     下ったとこの自販機でお茶¥150

山で出逢った森の妖精
d0144550_805351.jpg

[PR]

by masagoon | 2010-10-13 20:46 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

Fサス交換

「いけてるMTBイエロー&ブルー」のフロントサスペンションの
ジャンク品から再生したROCKSHOXのJudy100なんですが
d0144550_17353910.jpg

深山林道での転倒で傷ついたにも関わらず
修理した部分からのオイル漏れはなく
動きもいいので気に入ってるのですが
ダストシールが超ヘタッテてオイルがダーダー漏れなんです
激しくストロークすると出て来るんです
d0144550_17372742.jpg

走るときはティッシュを巻いて漏れるオイルをブロックしてます
さもないとディスクブレーキにオイルが廻ってしまうのです
普段はこれでいいのですが輪行するとなると
フォークを逆さにするとそれこそタ〜ラ、タラ状態です
ダストシールを手に入れるか
お得意?のシリコーンパテで肉盛りするか
手段はゆっくりと考えるため取りあえず他のものに交換することに
d0144550_18204635.jpg

交換用に同じROCKSHOXのJudyTTとアンサーマニトーのSIXというのを手に入れました
(どちらもオイルダンパーのない入門グレードの安物です)
で、今回はマニトーに付け替えることにしました
元のサスから下玉押しを外すのがやっかいなので
「ジャンクいっぱい」で買ったなかにあった「FSAのヘッドセット」に交換します
(FSAのはローラータイプのベアリングで下の玉押し部分に割が入ってる)
下玉押しを外すか上下ワンを入れ替えるか、考えたあげくの選択です
フォークを抜いただけですべてのパーツがついた状態での上下ワンをポンチでドツイて外し、FSAのワンを板をあてただけでまたドツイて挿入しました
案の定ヘッドチューブとワンの間にシフトケーブルを挟んでしまって
アウターが潰れてしまいました
フォークの換装はできたのですが
しかし、マニトーのフォークはコラムが3cm程短く
スペーサーを全部抜いても
d0144550_175432.jpg

こんな状態です。ステムの半分くらいのところまでしかありません
一応トップキャップのネジもなんとか止まるのですが
大丈夫かなあ??(何か良い方法ありますか)
また、マニトーのこのサスも曲者で
ネットで調べると一部の販売店で
完成車についてた同じこのサスは全部不良品で
メーカー交換したと記事がありました
不具合というのは『エンドが平行でない!』というのです
d0144550_1759347.jpg

お判りいただけるでしょうか?オーバーロックナット寸法も若干広い上に
写真左方向が前になるのですが逆ハの字に開いてます
通常のクイックの絞め具合では隙間があるのが判ります
これは強く絞め込むことで我慢しときましょう?
さらにキャリパーの受けが
今までのインターナショナル台座と違い
ポストマウントなんですが
そのままつけるとディスク面がキャリパーから遠く
無理に付けるとディスクが少し曲がった状態になってしまいます
思い出しました
このホイール(マビックリム&マグラハブ)を買ったときについていた
ワッシャ状の円盤
d0144550_18155386.jpg

最初、何のために使うのやろうと思ってました(これでイイのか?)
これを入れると調整範囲に収まりました
ディスクブレーキ関係は身近に詳しい人が少ないので困ります

でもステム、大丈夫かな
[PR]

by masagoon | 2010-10-07 18:18 | 自転車いじり | Comments(4)