<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

”ダカール”への道 その2

サンタさんのご好意により一気にパーツがそろったような気がするダカールであります
フレームにはヘッド小物(da bonbのdarectionというやつ)がついていたのですが
d0144550_1642750.jpg

肝心の下の玉押しはついてませんでした
d0144550_1614821.jpg

こうゆうものは玉押しだけのバラ売りなんてないでしょう
用意したFサスにはボールベアリング用の玉押しがついてます
d0144550_1615544.jpg

試しにこれを挿入すると結構ガタもなく、いけそうな予感(かなり危険かな?)
シールドベアリングのスリットが丸見えで泥が入りそうなので
ゴムのパッキンを加工して装着
d0144550_16171318.jpg

これで何とかなるでしょ
壊れたら壊れた時ということにしましょ

前後ホイールをつけてリアサスの動きを確かめると
・・・なんかガタがあります
d0144550_16193534.jpg

サスを固定してる6mmのボルトは可動部分に当たる部分もネジが切ってあって
??と思いますがここに隙間があると思うのです
思い切りボルトを締めたらいいのかなあ〜

ちょうどJAMISのライザーバーとステムがオークションに出てたので落札したのをつけて組めるとこまで組んでみました
d0144550_16251762.jpg

リアブレーキのパッドのクリアランスがなくほとんど擦った状態です
Mt.FUJI29号もこうゆう状態なのですが
何処をどう触ったらイイのか判りません
キャリパーの隙間にドライバーを突っ込んで広げようにもこれ以上ピストンは引っ込みそうにないです(ピストンは少し出た状態です)
ほんまヨー判りません

それにリアブレーキのホースも長過ぎです
機械式だったら簡単に切って調整できますが
油圧のホースは切ったらジョイントのブッシュは毎回新しいものに換えないとダメらしいし、そうしたらブリーディングもしないと
一度どこかのプロショップでOHしてもらおうか
今まで自転車のことで他に頼んだことないので
工賃というのには無縁やったからなあ・・・

まっ、当分ループ状にしといて
シートピラーにでも巻いときましょか
[PR]

by masagoon | 2010-12-26 16:44 | 自転車いじり | Comments(0)

サンタさん!有り難う

思わぬサンタクロースからのプレゼントが届きました
d0144550_15215120.jpg

内容は「ダカールへの道」にとのパーツ群
d0144550_15233242.jpg

シマノSAINTの駆動系です
SAINTってダウンヒルやフリーライド用ですよね
最近YouTubeなどでこれらの映像を見るのですが
もうちょっと若くて運動神経がよかったら挑戦してみたいですが・・・
まず体重がねぇ〜

>Click329さん
 ほんとうに有り難うございました
 なんか本当にお礼を考えなければ・・・
 
ただ、戴いていてこんなこと言える立場じゃないですが
 クランク、左右長さチ・ガ・ウ・の・で・す(R175、L170)
[PR]

by masagoon | 2010-12-25 15:37 | 自転車いじり | Comments(5)

走り納め・歌垣山

本当は次男を誘い出して山に行きたかったけど
待ちに待った「涼宮ハルヒのBD」が来るというので断られ
結局行き先を変えて妙見山の奥の歌垣山へ

しかし、数年前まではクリスマス直前のこんな日にノコノコ自転車に乗れるって考えられませんでした。ディナーショーなどの仕事があって大忙しだったのに
先週はちょっとだけバタバタしてたのですが今週は特に暇です

気を取り直して
まずは先々週と同じく一庫ダムへ
d0144550_00111.jpg

ここに来るまでに雨がしょぼしょぼ降り出して
まるで先々週と同じ感じです
ダムサイトで小用を済まし、豊能町田尻方面へ
d0144550_045531.jpg

鱒の養魚場かと思いきやここが山空海温泉ですか
一度入浴してみたいですネ
上田尻の交差点から今から行く歌垣山を見ます
d0144550_074136.jpg

見る感じ高い山には感じません
一旦堀越峠に上ります
d0144550_091014.jpg

そんなに高い峠ではありません(しんどいのには違いないですが)
峠を越えて少し下った杉原という集落から歌垣山への林道に入ります
d0144550_010583.jpg

尾根までは舗装してあり少し寂しい道ですが乗って登ることができます
山頂に着いた頃には晴れ間も見えるようになりました
d0144550_0141854.jpg

553.5m歌垣山(女山)山頂です
山頂からは登山道を少し乗って下れましたが階段が現われました
d0144550_0174461.jpg

担いで下し、またちょっと乗れて最後はまた担いで先ほどの堀越峠に下りました
峠からは南方向に舗装された林道が続いています
右、妙見山奥の院への分岐を左にとり、しばらくいくと小さな峠
d0144550_0212111.jpg

下りの途中から1/25000地図で点々道の林道へ入りました
(行けるとかの情報はまったく無しで心細かった〜)
道が突然無くなってたのには少々ビビリましたが
沢を渡って何とか続きを発見。ヤレヤレでした
西別院町西別院町笑路からR423へ
府境の市杵島姫神社に湧き出てる名水「乳の泉」に寄りました
d0144550_0283821.jpg

美味しい水でしたが夏だと非常に有り難いですが
今の季節は有り難みに欠けますね
ここの水を母乳の出ないお母さんに飲ましたら乳が出たという言い伝えがあって
この名なのですが本殿横のわき出し口は
何と!
d0144550_033751.jpg

オッパイです

本日のもう一つの目的の地の名産物などを売ってるという
余野の「スーパーだいやす」に寄ることだったのですが
残念ながら定休日でした(隔週休らしい)
R423は府境から池田近くまでダンダラ下りで、おまけに北風の追い風でしたのでスイスイと帰って来ることができました

本日の走行距離:残念ながらホイールを交換したのにサイコンのマグネットを付け替えてなかったので不明(約80km暗いと思います)
本日の出費:ローソン100でいつもと同じもの¥525
ルートラボ
 http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=5c5c3d82e5f9294bc72de53d785bc504

本日の動画

耳障りなカチカチ音(ハーネスのベルトの金具の音)を軽減しましたが、道が急だったのかあまり前方が映ってません。残念
また、今日から熊?猪除け用の鈴をつけてます

来年はイイ年になりますよう・・・
[PR]

by masagoon | 2010-12-23 00:45 | 自転車(MTB系) | Comments(2)

”ダカール”への道 その1

先日のシクロジャンブルで衝動買いしてしまいました
d0144550_205708.jpg

多分2002年頃の初期のモデルと思われます。FOXのバニラというリアサスがついてます
¥2,000の値札がついてました
・・・・・・・手に取って見てると
「買ってくれるのなら、¥1,000でイイよ」・・・買ってしまいました
ハードテイルに乗ってると、ちょっと浮気してフルサスにも手を出してみたくなったのです
と同時にマビックのリムにディオーレのディスクハブがついたMTBのホイールも¥5,000(set)を¥1,000値切って買ってしまいました
少し手持ちもパーツはあるもののパーツ集めです
といっても新品のそこそこのパーツを買うお小遣いはありませんので
ヤフオクを漁って
Fサス&DISKローター
d0144550_21101955.jpg

ROCKSHOXのPILOT-SL(これも2004年くらいのもの)¥6,000
ヘイズの8inchローター2枚¥1,200です
今回買ったホイールは「いけてるMTB黄&青」のマビックリム&マグラハブと交換です
(こっちの方が気持ちダウンヒルって感じがしますから)
ブレーキは
d0144550_21131013.jpg

同じくヘイズのNINEかな?油圧の8inch用set¥4,800

ブレーキはインターナショナル台座用なんですがそのままでは付きませんでした
アダプターとローターが干渉します(何のためのインターナショナル規格なんでしょうかネ?)
仕方なくマウント面じゃない方をグラインダーで1mmほど削りました
しかし、キャリパーをつけてみるとまだまだ正位置に付きません
キャイパーの穴を広げてみたりしましたがデンデンあきません
(何か僕は勘違いしてるのかなあ?と不安になります)
奥の手で今度はアダプターのマウント面を削ります
d0144550_21201545.jpg

ワッチャ〜こんなんやったら、最初からマウント面削ったら良かった〜
裏も表も削ってしまい、基準の水平面を失ってしまいました

まっ、何とかなるかな????

今までの出費
フレームJAMIS DAKAR 2002? ¥1,000
ホイール¥4,000(これはいけてるMTB黄&青のと交換)
ROCKSHOXのFサスPilotSL¥6,000
ヘイズ油圧ディスクブレーキ¥4,800
ヘイズ8inchローター¥1,200

う〜、フレームは安かったけど
ここまでで
合計¥17,000・・・
[PR]

by masagoon | 2010-12-19 21:32 | 自転車いじり | Comments(8)

一昨日の剣尾山のビデオ


今までのよりはだいぶましになったと思います
しかし撮した本人はそれなりに思い入れがありますが
基本、地面ばっかりやし何処の道も一緒です
家人も誰も見てくれません

もうビデオ撮影はやめよ・・・かな?
[PR]

by masagoon | 2010-12-10 22:42 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

今週も山・北摂・剣尾山

またまた今週も山です

川西池田へ抜ける道を今日は猪名川沿いに上がって行きました
d0144550_22205398.jpg

北摂の山々、正面は三草山でしょうか
いつもの定点撮影場所(なんか冬の装いです)
d0144550_2221920.jpg

よく見ると下の方の竹は多くが折れてます(強風で折れたのでしょうか)
左下の方は白くなってるし・・・
西畦野の方へ
d0144550_2222360.jpg

住宅地に囲まれているとは思えません
一庫ダム直下の前川橋
d0144550_23242277.jpg

僕の好きな場所の一つです(なんてことない場所ですが)
僕が思うに国道173号線で自転車に乗り始めた頃(1970年代中頃)の風景が
唯一残ってる場所です。
昔はここを右折すると川沿いに杉林に囲まれたキャンプ場がありましたネ
ここからダム湖に沿って北上、宿野に向かいます
d0144550_23365487.jpg

前方に今日登る剣尾山が見えます
ここで雲行きが怪しくなり小雨が降り出しました
もう少し気温が低くなれば雪になるのでしょう
宿野から真直ぐな舗装路を上って青少年野外活動センターを目指します
途中の道の横の至近距離の斜面でイノシシ(中型)に遭遇しました
やがてセンターの門で警備員さんに声を掛けられました
「事務所に寄ったら地図があるので貰いなさい」
で、事務所です
d0144550_22223265.jpg

MTBは嫌がられるのではと思いきや、やけに友好的でMy地図を出してルート確認すると「歌垣山は行きましたか?」とか「三草山は行きましたか」、「○○は結構乗れますよ」など僕は地図を仕舞ったのにまた出させてたりして色々な道を教えてくれました。
ここで一応登山者名簿に記入をして出発です
センター内をまだ上って、やっと登山口です
d0144550_22244063.jpg

道は整備されてるのですが皮肉にも階段です
d0144550_22245188.jpg

ほとんど乗れず担ぎます
しばらくすると標高660m付近の鞍部に到着
d0144550_2225144.jpg

ここから少し乗れたりして山頂を目指します
この頃には晴れ間が見えてきました
剣尾山山頂783.7mに到着
d0144550_222592.jpg

頂上には二組のパーティーが居ました
いずれも中高年の女性ハイカーです
世の中は「山女ブーム」らしいですが若い女子グループには今だ遇ったことないですね
d0144550_22252317.jpg

東方向、京都愛宕山方向です。いい眺めです
北側には前に登った「深山」が見え
南側は
d0144550_22253583.jpg

五月山と中山連山の切れ目から大阪湾、そして南港のATC、WTCが見えます
昼食を済ませいよいよ下りです
さすが大阪府下の有名ハイキング山とあって数グループに会いました
下りでもハイカーの方は道を空けてくれます。ハイカーの姿を見るとすぐに自転車から降り挨拶、道を空けてくれたお礼を言うようにしてます。
今日すれ違ったハイカーは総じてMTBに対して好意的でした

途中の行者山からは修行の山らしく本堂や奇岩、大岩が続きます
d0144550_22254482.jpg

やがて「能勢温泉(旧かんぽの宿能勢)」横に下りました

宿野の町に戻り、能勢の手作り豆腐「堂本とうふ店」です
d0144550_22255136.jpg

木綿豆腐(一丁¥120)を二丁購入(時には売り切れの時も多いとか)
そのまま帰ってもいつも帰りに寄る「うどん屋のマスターの店」の
昼の営業時間には間に合わないので本日の第2ステージとして
一庫ダム手前の千軒キャンプ場横からまた坂を上って
大部峠の上り口へ(獲得した標高をダムサイトで下るの勿体ないですからネ)
d0144550_22282452.jpg

少し登るだけでシングルトラックを気分良く下れるのです
d0144550_2226057.jpg

大部峠です
本来なら心細くなる時間帯ですが、一度反対方向から登って来たことがあるので安心です
紫合に出ましたがいつもの鶏肉を買うために反対方向に寄り道です
中元かしわ店です
d0144550_2226972.jpg

どうもこの店の大女将は釣を出すのが邪魔臭いらしく、注文した分量よりも多く入れて端数をオマケしてきっちりした額にするようですネ(決して客が損するということではないですよ)
d0144550_22262169.jpg

たまには帰りの定点撮影所です
行きに気になった竹が白くなってたのは「カワウ」の糞でした。
ここは谷になってて道から離れてるので格好のカワウの巣になってるようです。
ちょうど夕方で多くのカワウが帰って来てました。
どんだけ鮎や小魚を喰うのでしょうかね

帰りに親父のところへ寄ってさらに時間をつぶして
17:30にうどん屋のマスターのとこでビールを飲んで本日のこと、
それと先週の大峰山〜安倉山の報告をして帰ってきました

本日のビデオはまた後日公開(誰も見たないって・・・かっ?)

本日の走行距離:100km
本日の出費:ローソン100でオニギリなど¥525
      堂本とうふ店で¥240
      中元かしわ店でヒネ鶏約1kg¥1,000(¥120/100g)
      うどんの中田でビール¥350
           合計本日の出費:¥2,115

担いで山に登って100km走行はちょっと疲れました
ヒネ鶏の鍋はスープが最高に旨いですヨ
[PR]

by masagoon | 2010-12-08 22:26 | 自転車(MTB系) | Comments(9)

北摂、大峰山・安倉山

珍しく毎週山です
今日は宝塚から十万辻に向かいます
生瀬の上り口で
d0144550_21474796.jpg
今日は担ぎ仕様の「いけてるMTBイエロー&ブルー」です
ボトルをダウンチューブ下(古いMTBの証)、担ぎパットつき
十万辻に登り、ゴルフ場脇から大峰山と検見山の分岐へ
そこから大峰山を巻く林道へ入ります
d0144550_21483169.jpg

自転車を持ち上げフェンスを越えます
林道に入ると
d0144550_21485910.jpg

どうです!この落ち葉カサカサ道、最高ですネ
この水平林道が2km程続きます
実はここからビデオ撮影したのですがテープが最後まで行ってて、この道は撮れてなかったんです。残念!
車が入れる最終点にこんな建物が
d0144550_2150511.jpg

何だと思います?
d0144550_21502960.jpg

谷にそのまま・・・の便所でした(久々に見ました)
ここからシングルトラックになり徐々に道は細くなりました
道はほぼ水平を保ってますが支尾根に出たとこで不明瞭になり
d0144550_21511348.jpg

なんとかテープの目印を発見しそれ沿いに谷を下りました
支尾根から来る道に合流。一安心
d0144550_21514265.jpg

やがて南の展望が開けてところで大峰山山頂から降りてくる道と
下の桜の園へ行く道の交差点にある水準点に出ました
d0144550_21521351.jpg

ここで小休止
ここから大峰山と安倉山を結ぶ稜線にある峠を目指します
道はますます細くなり、また一部不明瞭に
木々に巻かれたテープを頼りに登って行きます
ボトルの水の残量が気になりだした頃
やっと
d0144550_21531433.jpg

峠です
当たり前のことなのですが、ダウンチューブ下側のボトル
いざ飲むとなると口元はドロだらけで・・・

いくつか枝道がありましたが
d0144550_21535010.jpg

といってもここは安倉山山頂ではありません
実際の山頂は不明瞭らしく、別に山頂ハンターではないのでパス
それから先がまた道が不明瞭でした
エエ加減な感?を頼りに道を下って行くと
こんなもん発見
d0144550_2154357.jpg

ゴミの回収を兼ねて持って帰ることに
(コーラの瓶は今でも有りますが・・・ファンタはネ)
やがて道は
d0144550_2155106.jpg

スポニチのゴルフ場の脇へ
ゴルフ場に侵入しないように脇を通って関電の巡視路へ
標識を見落とし「行ってこい」の鉄塔まで下ってしまって登り直すトラブルがありましたが
なんとかゴルフ場の正門の脇へ下山
そこから長尾山霊園へ
d0144550_21555961.jpg

ここからまた関電の巡視路をスムーズに下って
生瀬青葉台へ下りました
そこからACBさん宅へ久々にお邪魔して
さらに
d0144550_21564189.jpg

またまた笹舟倶楽部さんに寄って帰ってきました

本日の走行距離:45km
本日の出費:ローソン100でオニギリなど¥485
      笹舟倶楽部で珈琲¥400
   合計:¥885

本日は大峰山を巻く便所までの林道以外1/25000の地形図にまったく記載のない道だったので少々不安でしたが、早めに家を出て時間的に余裕があったのと天気が良く明るかったので不安を感じることなく良かったです
今日は山では誰にも会いませんでした

本日の動画

少しアングルは上向きましたが
やはり振動はシンドイです
ビデオ撮影・・・これで、お蔵入りか・・・ナ?
最初の林道のが撮れてなかったのは残念
[PR]

by masagoon | 2010-12-01 21:58 | 自転車(MTB系) | Comments(4)