<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

泣き面に・・・

涙が乾かぬうちに・・・

ネズミ取りにひっかった
実に34年ぶりのスピード違反
今までも何度も取り締まりをやってるのをみてきた場所

それもレーダーでなく「光電管(正しくは光電式)」
これを読んで
はっ、は〜ん。あそこか、と
思われる方もいらっしゃるでしょう
『安治川南岸線、北行き』
弁天埠頭の横です

超過速度:20km/h
反則金:¥15,000

現場で少々ゴネようかと思ったが勝ち目はないと思い
拇印をついて早々に帰ってた

でも、帰ってきてから後悔
ゴネるでなく説明を受けたらよかったと

計測は多少のマイナス誤差を含んでるんやろか
表示された超過速度は20km/h
小数点以下がないので20.0km/hっていうこと?
19.9999km/hってことはなかったの?
(20km/hを越えるのと越えないのでは3千円の反則金の差)
光電管の距離は7mらしいが正しく設置されてるの?
それを計った巻き尺は公正なものなの?
それよりもこんな寒い日に屋外で使ったら7m計るのになんぼなんでも縮んでるんちゃうん
1mmでも計測誤差、巻き尺の縮みがあれば19km/h代の超過速度になるんとちゃうの

だんだん腹立ってきた
(その場で疑問を言えなかったことに)

そういえば
34年前に阪神高速で白バイに捕まった時
「は〜い、運転手さん。速度確認してください」といわれた時
『えっ、えっ〜っと・・・90・・・90km/hで、す、か』とボク
「よ〜く見てくださいよ〜、90の手前89km/hじゃないですか?」
「29km/hオーバーと30km/hオーバーでは運転手さんの処分ずいぶん違いますよ」って

あれは白バイ隊員の温情だったのか・・・?
[PR]

by masagoon | 2011-01-31 17:57 | Comments(2)

親父を送って

25日通夜式、26日に葬儀告別式を無事済ますことができました
やれやれというのが実感です

大晦日にに特別擁護老人ホームから外泊で自宅に戻り私と家内と子供達、そして妹家族などで楽しく過ごし、また2日は親父の姉のお宅の新年会に参加させていただき、そこそこ元気そうだった親父でしたが
1月5日に体調を崩し入院
胃ガンの組織が大きくなってて食道を塞ぎそうということでステントというステンレスのメッシュのパイプを内視鏡で挿入する手術を受けました
術後、刻んだ食事を摂れるまで回復した親父でしたが再び体調を崩し24日早朝家族に看取られて帰らぬ人となってしまいました。


年末くらいから「心づもりは早い方がエエかな」ということで葬儀の構想を家内と考え始めました
まず、親父はある宗教を信仰していましたが(晩年は信仰も薄れてたようですが)
それを本家の宗派に戻すこと
そうするとお坊さまはどこから来ていただくの?
遺影はどれにするの?
どこまで連絡する?
そして音楽をやってきた親父でしたので半分仏式、半分音楽葬とすることにしました
バンド(メンバー17人)演奏ができる会場は?などなど
いろいろ家内と考えました
そして
晩年活動してたジャズオーケストラにお願いしバンドの十八番でもあり本人も何度も演奏してきたグレンミラー楽団のムーンライトセレナーデにのって希望通り出棺することができました
まあ親父も喜んで旅立てたんじゃないかなと思ってます

お通夜、告別式に参列いただいた方々
有り難うございました

まだまだ事後処理がいっぱいたまってます
施設の私物の引き取り
仏壇の入れ替え
大型ブラウン管テレビの処分
後々の法要
などなど

d0144550_14133232.jpg

[PR]

by masagoon | 2011-01-30 14:16 | 音楽 | Comments(6)

仕事の合間に

奈良で仕事があり3時間ほど待ち時間があったので
自転車を持っていって奈良の矢田の里山をちょっとだけ走ってきました

前に「酷道308号線」の榁の木峠を通ったときのレポートにも書きましたが現役時代のミーティングで次回クラブランの計画時に当時3回生主将のS本さんがことあるごとに「次は矢田丘陵に行こう」と何度も推薦してられた矢田丘陵です。

本当は朝から一日走れるのであれば近鉄東生駒駅から矢田丘陵を縦断して法隆寺に降りる尾根コースがあります
しかし今日は3時間程なので矢田丘陵東裾野のプチコースにしました
車は前回と同じ大和民俗公園駐車場です
d0144550_22105770.jpg

ここから長閑なダンダラ上りの里の道を行きます
d0144550_22112054.jpg

集落を過ぎると道は激坂となりました。ひょっとして暗峠よりも勾配きつく常にウイリーとの戦い状態。峠が見えた途端、バランスを崩して足をついてしまいました。
再スタートできず押して上りました。
d0144550_22121463.jpg

峠の少し上に「峠の池」がありました
d0144550_22123152.jpg

上下ふたつの池の間を近畿自然歩道が通ってます
ここから石畳の坂を押して上ります
d0144550_2213285.jpg

SPDシューズだと石の上を歩くのに不自由します
やがて小さな切り通しの峠
d0144550_22131870.jpg

東明寺まで気持ちのよい下りです
d0144550_2215537.jpg

東明寺です
d0144550_22154869.jpg

また切り通しの峠
d0144550_2216510.jpg

峠を越えたとこにこんな廃車が・・・
d0144550_22163515.jpg

きっと道に迷った車が峠を越えた瞬間、急坂&直角カーブで止まれず突っ込んだのでしょう
結構竹林があります
d0144550_22165096.jpg

やがて矢田寺 梅雨時は紫陽花寺として有名だそうです
d0144550_2217312.jpg

竹林の中の分岐路から山を登りました。
d0144550_22173584.jpg

今までと全然違う道相で道を間違ったことを疑い折角登った急坂を下るはめに
d0144550_2218624.jpg

しばらく水平に近い雰囲気の良い道を走り、そこから九十九折れの山道&階段を登って尾根道に合流です。
d0144550_22182347.jpg

平日なのに結構ハイカーの方がいらっしゃいます
国見台の展望台。大和郡山市街、三輪山、天理桜井方面が一望できます
d0144550_22184987.jpg

展望台の横にこんな看板が
d0144550_22201595.jpg

ここに来るまで、道に「車両進入禁止」のバリケードが何カ所かあってMTBにとって肩身が狭いところまたはひょっとして禁止されてるのかな?という思いがありましたが。何とか共棲させてもらってるようです
しっかりマナーを守ってこの素晴らしいフィールドをいつまでも走れるようにしたいものです。
最後に小さな峠を越え
d0144550_22271920.jpg

松尾寺に降りました
d0144550_22211144.jpg

時間があれば白石畑~法隆寺まで行きたいところですが搬出の時間が迫ってきたしまた次回の全山縦走へ楽しみを残して今日は松尾寺から郡山市街へ下り車に戻り
仕事へ復帰しました


正月明けから親父が入院してましてあまり容態が良くなく休日に自転車で出かけられない日が続いてましたが仕事に格好付けて少し走れて良かった一日でした

絵に描いたような小さな切り通しの峠がある正真正銘のランドナーに似合う道かも・・・
[PR]

by masagoon | 2011-01-21 22:28 | 自転車(MTB系) | Comments(2)

OB会有志初詣ラン

Mac「ことえり」で『はつもうで』と入力すると『発毛で』と変換されます
「初詣で発毛で、いや発毛出」なんか期待してしまうのは
僕だけではないOB会諸氏が集まりました
d0144550_2041839.jpg

僕は本日初乗りの「Jamisダカール号」でかけつけました
(ほんとclick329さんのおかげで組み上げることができました。感謝、感謝)

本当は今日から営業なので見送りだけと思ってたのですが
今日のコースがあまりにも普段走ってるところなので
ここはここの道を走った方がいいとかという思いもあり
長男に店をまかして参加しました

初めに西宮神社、えべっさんです
d0144550_20463883.jpg

多くの屋台が出てましたがまだ時間が早いってこともあって
仕込み中のお店ばかりでした

次は旧西国街道をたどって門戸厄神です
d0144550_20481321.jpg

晴れわたった青空のもと朱塗りの山門が映えてます
実は近所に居ながらここを訪れるのは初めてでした

逆瀬川のレストランで少し早い昼食をとって
膝を早々に痛めたACBさんとはここで一旦別れ
中山五月台から長尾山トンネルを抜けました
d0144550_2052355.jpg

いつもながらこのトンネルを抜けると急に地方へ来たって感じがします
榎峠を下り多田神社へ
d0144550_2053231.jpg

ここも実は久々に訪れました
尼崎の小学校の遠足の定番地でした
ここでsyokora君が用意してくれた熱々のぜんざいを頂きました
(いつもながらご馳走さまでした)

多田神社でバイクのACBさんと再び合流し
猪名川町広根から宝塚市切畑へ抜けます(思ったより結構な坂です)
切畑から僕の提案で
ロード組とランドナー、MTB組に別れ
後者は「ランドナーに似合う小径」を行きました
d0144550_2101728.jpg

最初は良かったのですが普段MTBで走ってると気づかない
「思った以上に悪路」でなんとかランドナー諸氏が抜けられたので良かったものの、尖った石でタイヤサイドでも切ろうことでもあったひにゃ非難囂々大ブーイングの嵐になったことでしょうネ

小径から抜け出し先発ロード隊が待ってくれてるであろうところに姿はありません
d0144550_216494.jpg

ACBさんに榎峠や十万辻、さらには別れた地点まで偵察に走ってもらいましたが姿は無いということで雪が見えるところで暫し待機
やっと連絡が獲れ、ロード隊はすでに十万辻を下ってるとか
安易に2つに別れるとトラブルになるとある意味、教訓になりました

宝塚に下りそのまま武庫川の自転車道を下って帰ってきました
自転車道を行くのももう終わりというところで
自転車道より川寄りのダートな道を
一人のMTBバイカーが僕たちを抜いて行きました
クラブの皆と別れ、橋の東詰めでそのバイカーに追いつき
(挨拶したほうがいいかなっと)そのバイカーを見ると
店のお客さんでもありMTBの大先輩のS垣さんではないですか
なんでも直近の北摂ラリーの下見をS川さんと高岳のほうへ行ってこられたとか
帰り道
「おお、ええ自転車やね」
「実は先日のシクロジャンブルで¥1,000のフレームで・・・」
「オっ、売ってんの見たで!」
 などと喋りながら初めてS垣さんと自転車で並走しました
(S垣さん、今度は是非ご一緒させてください)

と、いうわけで最後にプチサイプライズもあった
楽しい初詣ランでした

参加されたみなさん
そしてぜんざいをふるまってくれたsyokoraくん
有り難うございました

今年も安全に楽しくはしれますように!
[PR]

by masagoon | 2011-01-05 21:21 | 自転車(舗装路系) | Comments(8)

明けましておめでとうございます

d0144550_11184474.jpg

明るい未来に向かって、楽しく安全に!
仕事も自転車も情熱をもって

本年もよろしくお願いいたします
[PR]

by masagoon | 2011-01-01 11:22 | 自転車いじり | Comments(14)