<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

百丈岩〜千刈貯水池西岸

先週、北摂の御大おふたりにシゴかれ
自分のポテンシャルの低さを思い知らされましたので
本日は独りで真打ち登場「大胆不敵ナンチャってシクロクロス号」でお出かけです
いつものように武庫川のサイクリングロードで宝塚に出て
R176の赤坂峠へ向かいます
d0144550_2223690.jpg

なるべく旧道を選びました
名塩東久保の集落から小径で中国縦貫道を越えます
d0144550_22335.jpg

名塩赤坂ニュータウンの中を通って町のはずれにシングルトラックの入口がありました
d0144550_2234152.jpg

入ってすぐ気持ちの良さそうな道が続きます
d0144550_2235871.jpg

この写真を撮る時に愛用のゴリラポッドの足が折れてしまいました
先週の畑山付近やこの辺りには「土塁道」というのでしょうか
d0144550_2241676.jpg

このような周りが1〜2mガケになってる道がよく見受けられます
(先週の畑山にはもっと細いヒヤヒヤ道がありました)
d0144550_2243226.jpg

この周辺結構乗れる道が続きます
やがてこの道場生野高原の中心「静ヶ池」です
d0144550_2244731.jpg

今回この周辺を訪れた理由の一つが
d0144550_2253173.jpg

この看板にもあるように
「新名神高速」この辺りを通る予定になってて既に工事が始まってると言う事です
1/25000の地図に載ってる道も一部通行止めになってます
この辺りの名所に百丈岩という巨岩があります
d0144550_225545.jpg
でも↑は百丈岩ではありません
連れが居てたら交代で写真の撮りっこしたいところです。強い風に自転車が倒れ落ちないようヒヤヒヤしながら写しました。
本当の百丈岩は自転車を置いてる所から見下ろせるここです↓
d0144550_2254833.jpg

本当の巨岩の一枚岩で先っぽまで自転車を担いで行こうと思ったのですが
d0144550_22532134.jpg

足元にはハーケンが打ち込まれてるほど足場悪く尖った岩を越えて行かねばなりません。また行くからには当然一旦自転車をセットして先ほどの岩の上まで戻って写真を撮りたいところなんで命を掛けて2往復もできません。諦めました
手前の岩の上からでも
d0144550_22541618.jpg

看板の足元も見る事が出来ません
岩陰で軽く昼食を済ませ先ほどの分岐まで戻ります
その途中
d0144550_2265443.jpg

転けてしまいました
ここから下りで結構乗れる道が続き
d0144550_221756.jpg

民家脇に降りました
ここから一旦道場駅前を通って千刈ダムから第2ステージです
d0144550_22185885.jpg

ダムサイトの階段を担いで上ります
(大胆不敵号のナンチャって軽さが活きます)
押し担ぎが続き
d0144550_22203777.jpg

堰堤を越えます、そして
d0144550_22211584.jpg

ゴルフ場をくぐり、光明寺です
d0144550_2222824.jpg

ここで雨が降り出しました
お寺の墓地の休憩所で自販機のコーヒーを飲んで雨宿り
職員さんに道を尋ねます
「道はありますけど、行き止まりですよ?」
(一般の人が行き止まりと思ってもその先に道があったりするんですよね)
行ってみます。しばらく細い舗装路でしたが道は途切れましたが
道はあるようなないような、でも続いているようです
d0144550_22254836.jpg

倒木の多い事、それに先ほどの雨が足元の低木を濡らしタイツが濡れてしまいます
d0144550_2227970.jpg

分岐に出ました。僕は標識の点々道から来たようです
(この標識をもう一度見る事になろうとはこの時は思いもしませんでした・・・)
思った方向へ進み堰堤を渡ったり何度もアップダウンをこなし
急坂を担いで降りたら何とダムサイトから上がってきた所の前出の堰堤の所に降りてきてしまいました。
『フリダシ』に戻る・・・でした
仕方なく来た道を本来の分岐を探しながら戻ります
分岐らしき枝道を入ってみますが道が無くなったり
どんどん戻ります
結局先ほどの点々道の書いてあった近畿自然歩道の標識まで戻る事になってしまいました
地図の分岐を一つ勘違いしてたようです
別方向へ進んだおかげで本来のコースを進む事が出来たようです
d0144550_22372161.jpg

またゴルフ場の脇を通り
d0144550_2237553.jpg

乗れそうで乗れない川筋を下りていきます
やっと水源地の湖畔に出たと思ったら
★また転倒です★
d0144550_223915100.jpg

右10m程下が湖面で転けた拍子にころがった岩が下に落ちて行きました
車体1/3が宙に浮いてました(ヒェ〜危ない危ない)
と同時にタイツの膝が破れて膝ボンから少し血が出ました
d0144550_22472599.jpg

これまた乗れそうで乗れない道が続き、やっと
d0144550_2248029.jpg

人家が見えてきました
三田市波豆に出て久々の舗装路です
d0144550_2249344.jpg

そのまま切畑、十万辻から帰ってきました
(途中でまた両足ツッてしまいました)
帰りの途中
d0144550_22495579.jpg

先日オープンしたイオン伊丹です
(実は大手楽器店が入ってます。自転車ばっかり乗ってないで商売の事も考えろって意見もあります)
帰りにまたうどん屋のマスターの所によって報告して帰ってきました

今日もホント、疲れました

d0144550_824389.jpg

本日の走った所(山区間)

本日の走行距離:75km
本日の走行時間:6時間15分
本日の出費:ローソン100でオニギリなど¥525
     :うどんの中田でビール
[PR]

by masagoon | 2011-03-30 22:07 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

関西MTB界の御大お二人と

先日の日曜日、猪名川に墓参りに行った帰り
いつもの「中元かしわ店」でヒネ鶏1kgを買い
道の駅「いながわ」で野菜を買おうとしたんですが
すごい人出でレジには長蛇の列ができており(こら、あかんわということで)
宝塚の西谷の産直センターに転戦。
ここで店のお客さんでもあるMTBに乗った「N垣さん」に偶然遭遇
『今度の水曜日、一緒に走ろか?』と声を掛けていただきました

で、本日昼からですがご一緒させていただきました
それとMTB界で御大の「S川さん」も途中で合流されるとのこと
13時に近所で待ち合わせ、出発
宝塚から有馬へ通ずる蓬莱峡の道を上ります
「N垣さん」(58才)、ハンドルぶれることなく比較的重いギアで黙々と上って行きます
最初は無理してついて行ってたのですが諦めました
(こら、無理や)
「S川さん」とは船坂の交差点のセブンイレブンで待ち合わせです
遅れてなんとか着いたと思ったら
両足の太ももが吊ってしまいました
足が吊ったまま顔は作り笑顔で初めてお会いする「S川さん」になんとか挨拶
早々に出発
三田方向に少し下って途中から「畑山」に通ずる管理道路を上ります
「S川さん」は登りでウイリーできるほど余裕です
山頂東側の電波塔の脇を通ります
d0144550_2046724.jpg
         自転車を立てて通過する「S川さん」
以前は鬱蒼としていたそうですが結構整備されてます
d0144550_2047780.jpg

下りはいいのですが登りで押すと足がまた吊ってしまいました
何度かのアップダウンをこなし
d0144550_20491294.jpg
         沢渡りです
今日は先日特価で買った「Wrangler」の安物トレッキングシューズ(4cm防水)が役に立ちました
アップダウンが続きます。そして視界が開けた所でお二人は待ってくれてました
d0144550_2053152.jpg
            蓬莱峡が一望できます
ここに来るまでついて行くのに必死で回りの景色や素晴らしいシングルトラックを楽しむことはできませんでした(ここから後もそうでしたが・・・)
何度も何度も足が吊って、最後には下りでも吊ってしまう始末
最後の激坂を下って蓬莱峡のバス停の少し上に降りました
d0144550_20594082.jpg
            (やれやれ)

13時から17時ころまでの半日でしたが
非常に疲れました。久々にシゴかれたって感じです
お二人の体力はスゴイの一言でした
お二人はそれそれカーボン、チタンのフレームに乗ってられました。
『自転車が走るのではない』ということは重々判っているのですが・・・ネェ?

帰りに「N垣さん」が「おはぎ」を買いたいと言われるので軍行橋西詰めのサザエに行き、僕も親爺が好きだった「おはぎ」をお付き合いして買って来ました
(そういえば明日は月命日です)

「N垣さん」「S川さん」本日はどうも有り難うございました
またシゴいてください

また帰りに「うどん屋のマスター」のとこでビールを飲みながら報告をして帰って来ました。

本日の走行距離:40km強
本日の出費:セブンイレブンでオニギリ ¥105
      サザエのおはぎ4ヶ¥588
      うどんの中田ビール¥350
[PR]

by masagoon | 2011-03-23 21:21 | 自転車(MTB系) | Comments(11)

ちょっと父母の故郷「海南」へ

日々のテレビニュースを見、つくづく今回の震災の大きさにびっくりさせられます。
大変な被害だったと思った阪神大震災なんてほんのピンポイントだったんだと思います。重ね重ねお一人でも多くの救出、一日も早い復興を祈りつつまた、福島の原発で命を引き換えに現場で対応されてる職員、自衛隊の方々の健闘を祈ります。

さて、親父の四十九日を皆様のお陰で無事済ますことができ故郷の和歌山県海南市の役場で戸籍をとる用事があったので父母それぞれの実家のお墓参りを兼ねて家族で出かけてきました。

ハイエースにママチャリ2台にダホンと久々登場の「大胆不敵クロカン号」の4台積んで出かけました。
市役所で用事を済ませ(尼崎の市役所とは大違いの空き具合に職員さんの対応も親切丁寧でした)親戚宅へ。
海南市は先日の地震発生時にはほとんど揺れを感じなかったそうですが、津波警報が出て避難指示地域になっておりました。
父母それぞれの生家は町中ながら海から数百メートルしか離れていないところで背後に山がせまる土地柄です。
従兄弟に聞くとサイレンが鳴ってスピーカーから何か言ってるのだが山に反射して何を言ってるのかさっぱり聞き取れずさして避難もしなかったとのこと。
町内の避難場所は山の裾の神社の会館の2階になってるそうですが東北の津波の映像を見るととてもそんなところではとても助かりはしないようなところと思えました。
d0144550_14355758.jpg

どちらの家のお墓も背後の山の上にあります。最低そこまでは逃げ上がらないと助からないでしょう。登り口は数本ありますがMTBバイカーが喜びそうなシングルトラックみたいな道です。市の防災課はこの山へ手すりのついたできるだけ広い道と車椅子でも上がれるようにスロープの設置の整備を急ぐように余所者ながらお願いしたいと思います。
d0144550_14363047.jpg

町中に小さな山、にトンネルがあってほんとにいい町だと思います
反対側からでは
d0144550_14382081.jpg
          こんな感じ
父方のお墓はこれまた軽四しか登れないような坂の上
d0144550_14395317.jpg

ここ黒江、船尾地区は漆器の町です
d0144550_14402168.jpg

親父の生家も代々漆の塗り職人の家系でしたが、今は亡き叔父が仕事をされてた頃は私はまだ子供の頃で子供らには仕事場へは上げてらえませんでした。
黒江の漆器は輪島塗みたいな高級品ではなく低価格の実用品です。伝統産業館の直売所で売られてるものもお土産に適した安いものが多いです。(本漆のものはなく、カシューですね)
その中に 何か中途半端な・・・
d0144550_1533884.jpg
               「漆器調競技自転車」
よく見ると
d0144550_158130.jpg

丸フォーク、ラグレスのシルクロードでした。ジュラ仕様ですので「こんなんに塗らんほうが・・・値打ちあるんちゃう?」と思うのは僕だけじゃないかも。
d0144550_15101676.jpg

伝統産業館よりほど近いところに今は「黒牛」で有名な名手酒造があり直売所があります
d0144550_15105357.jpg

今日の自転車
d0144550_15112398.jpg
               「大胆不敵クロカン号」です
少しはまともなMTBに乗るようになって全く乗ってなかったのですが、乗ってなかった間もずっとあるパーツを探してたんです。それはノーマルコラムのFサスです。
今までにヤフオクで買ったサスはご覧の通り
d0144550_15145150.jpg
左より初代ロックショックスRS-1、MAG10改、今回手に入れたMAG21、クアドラ、DUKE(U-TURN)
最初にRS-1を手に入れたときは今時の自転車の規格がよく判らずオーバーサイズコラムとあったものの適当なアダプタ的ヘッド小物が出てて昔ながらのフレームにも使えるのちゃうの?と思ってました。その後も限りなくジャンクに近いものをよく考えずに買い続け、やっと先日ノーマルコラムのMAG21をそこそこイイお値段で買いました。
d0144550_1526393.jpg

今回買ったノーマルコラムのクラウンにMAG10改のサスを入れ、まえに近所の自転車屋で貰った当時の取り説やネットの情報を元にセミオーバーホール
組み立て後アルミ角材から自作のVブレーキ風「愛ブレーキ」を装着、やっと念願の完成と思いきや・・・
が〜ん
d0144550_15313070.jpg

何度も確認したコラム長が・・・短いです
最悪、上玉押しだけ入ったので弛み止め塗料でも塗って誤摩化すかとも思いましたが、やはり山に入ったりするだけに(なんぼ何でも危ないか)と思い
私のヘッド小物コレクション(貧乏性な私は中学時代より取り外したヘッド小物を捨てられずに全部取ってある)より少しでも高さの低いワン、玉押しの組み合わせを探すことができ
d0144550_15371746.jpg

多分、キングのピストフレームについてた物だと思います。大変薄い上部玉押しでこれで固定ナットを取り付けることができました。
今乗ってる数台のMTBより幾分軽いのができました

これを担いで「山、登りたいな」

d0144550_15142955.jpg

名手酒造のお酒と黒江漆器(ぐい飲みは1個400円)

(今回の写真はほとんど長男が撮ったものです)
[PR]

by masagoon | 2011-03-17 15:46 | 自転車いじり | Comments(3)

地震

この度の東北の大地震で被害に遭われた方々には
心よりお見舞いを申し上げます
[PR]

by masagoon | 2011-03-12 07:27 | Comments(0)

春の香

三月に入り寒の戻りなのでしょうか寒いです
しかし春は確実に近づいてるはずです
昨年は2月の末に採れました
ほんとは自転車で出かけたいところですが
今朝は税理士の先生のところに申告書を提出する日だったし
来週は朝一の仕事が入ってるので
走りに行けるかわかりませんので
昼から車にダホンを積んで出かけました
奥猪名川で墓参りを済ませ
d0144550_20514639.jpg

西峠付近の昨年も採ったところに行ってみました
しかし今年は寒かったので見つけることはできません
でも杉の落ち穂を枯れ枝でめくってみると
d0144550_20553289.jpg

ありました!「ふきのとう」です
ひとつあるとその付近に数個
少し離れたところで
d0144550_20572665.jpg

この付近で15〜6個
帰りは羽束川沿いにドライブ
d0144550_213163.jpg

一昨年登った羽束山がきれいに見えました
帰りの道中、切畑近辺でさらに5、6個
計20個程採ってきました
入れてるナイロン袋を嗅ぐと良い匂い「春の香り」です

明日、天婦羅でいただきます

今日の採取地は昨年も採ったところなので判ってるんですが
もうちょっと他の場所もレパートリーに加えたいと思います
その為には自転車で走って「ふきのとうの花」が咲いてるところを知らねばなりません

来春のために・・・
[PR]

by masagoon | 2011-03-02 21:12 | キノコ | Comments(9)