<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

やっぱり山、大野山

ほんとは走りに行けない予定だったのですが
急に家内から許可がおり急遽走りに行けることになりました
いつもなら数日前までにはコースのプランを考えてるところなんですが
思いついたのは
ここ数日の猛暑ということもあって、少しでも涼しいところ→高いところ→山
ということで西峠手前の大野山へ行ってきました
d0144550_8313478.jpg
          いつもの定点撮影場所にて
「ホワイト&オレンジ月間」なんですが山の下りのこともあって今日はビヤンキ君です
d0144550_8314234.jpg

猪名川町杉生から大野山の登り口のある柏原へ向かいます
だんだら上りで標高を稼ぎ阪急バスの終点柏原にある大野アルプスランドの案内板です
d0144550_8315132.jpg

ここに到着する前、少し下の日陰で全身汗まみれで休憩しオニギリを食べ水分補給をしたのですがお腹を冷やしてしまったようでお腹が痛くなってきました
バス停にトイレは無いし、久々に(野糞)という二文字が頭に浮かびました
意を決し自転車にまたがると肛門をサドルで圧迫したのが良かったのか
便意は多少押さえられました。このまま坂を上って行きます
d0144550_832077.jpg
          猪名川の源流らしいです
冷たい水を頭から被りたいところですがお腹のこともあって先を急ぎます
頂上の少し下の分岐地点にこんな看板がありました
d0144550_832962.jpg

麓のペンションが中心になってダウンヒルコースを整備しているそうです
今日はリジッドバイクなのでまた別の機会にサス付きで来て下ってみたいと思います
ここ大野山は大学のサイクリングサークルに入部した時の新入生歓迎合宿の「大野山班」のメンバーとして約30年前に初めて来て以来、お正月の初日の出ランやプライベートでも4、5回は登ってます
最後に来たのももう10年以上前(家族でドライブ)になりますがその時にはなかった天文台ができてます
d0144550_8321679.jpg

さらに少し登って大野山山頂753.5mです
涼しさを期待して上がってきましたが気温は多少は低いのでしょうが
風が全くなく、やや期待はずれ
d0144550_8322298.jpg
残りのオニギリを食べ早々に山頂から30年前の新歓合宿のときのコースと同じ道を下ります
d0144550_8325685.jpg

西軽井沢の方へ降りて行きます
d0144550_8331099.jpg
          朽ちた階段のある直線坂を降ります
昔はクマザサの茂ったところがあったように思ったのですが
それらしいところはありませんでした
道は九十九折れの登山道になります
d0144550_8331841.jpg

考えてみれば、我がクラブは新入生にこんな道を走らせていたのです。当然当時はマウンテンバイクという車種は存在せず皆ドロヨケつきランドナーでこの道を降りてきました。新入生の頃から「山サイ」の遺伝子を注入されてたのです。今、注入した先輩、同期、遺伝子を受け継いだ後輩にMTBの愛好者がほとんど居ないのが不思議です。
当時は道の整備もそれほどされてなかったはずでもっと荒れていたと思います

ちなみに
30年前の新歓合宿時の写真がこれです
d0144550_21335868.jpg
  写真左より、近藤さん、ボク、南部さん、和多田さん、丸本くん、安田さん、
写真を写したのは佐伯さんだったのでしょうか
山から下りて合宿所に早く着きそうだったので途中の田舎の酒屋さんで皆でビールを隠れて飲んだことが今となっては良い思い出です

そして、下ってて山サイで初めてパンクです
d0144550_8332763.jpg

チューブを出してみるとリム打ちではなくトレッド面に明確なピンホールが空いてました。野バラのようなトゲでも踏んだのでしょうか
パンク自体はチューブ交換したのですがここで大きな問題が・・・
このビヤンキ君、fullyさんから永久貸与いただいてるのですが車齢が大変古いものでリムのフンドシが劣化しててチューブを取り出したときにはすでに千切れていたし、少し引っぱってもブッチン、ブッチン千切れてしまいました。
ちょうどリムのニップル穴4つ分ぐらいフンドシがない状態です。以前は目印用にビニールテープをリックに入れていたのですが探しても見つからず『どないしょ〜、さすがにリム穴に直接チューブが当たったらマズイやろ』と思いました。パンク修理セットでも持ってたらパッチゴムを当てがうとかの方法もあるでしょう。いっそパンクしたチューブをフンドシ代わりに当てがうこともできそうかなと思ってる時
!、思い出しました
ちょうど昨晩「うどん屋のマスター」のお店でテーブルの上にあったサイクルスポーツ誌、何気にパラパラ見てた「ロングライド時にタイヤに大きな穴が開いたときの対処法」
d0144550_8333314.jpg
          お札を当てがう!
他の紙もあったのですがここはサイスポ誌に敬意を表して千円札を入れてみました
それからも石コロだらけの荒れた道も問題なく下ることができました
d0144550_8334069.jpg

山道はやがて林道となり地名「西軽井沢」の由来にもなった別荘地に降りてきました
しかし大半の別荘は廃墟になってます
d0144550_8335471.jpg
          コールマンのランタンが放置されてました
道は県道の西軽井沢のバス停に突き当たり、大野山の下りもおしまいです。
d0144550_834516.jpg

やっぱり山はいいな

山から下りて来たのは13時過ぎ
梅雨の晴れ間の陽が遠慮なく照らしてます
先週に続きややバテバテで帰路につきました

本日の走行距離:サイコン未装着につき不明
本日の出費:オニギリと魚肉ソーセージ¥315
      自宅から凍らせた500mlのスポーツドリンク
[PR]

by masagoon | 2011-06-30 08:34 | 自転車(MTB系) | Comments(6)

犬飼林道〜松尾谷林道

昨年くらいから考えていたルートです
でも今日は天気予報は良くなく「昼から雨、急激な変化に注意」ということです
あまり出かけるチャンスはないので
雨が降り出せば、出来ればJR亀岡まで、もしくは阪急嵐山からでも輪行で帰って来ようという計画です
「ホワイト&オレンジ月間」ということで本日もスリックタイヤ履きの似非MTBです
乗り心地は最高です。ランドナーもこんな感じやったかなあ・・・

7:30に自宅を出発、8:30に一庫ダム。今にも降りそうな雲行きです
d0144550_2113474.jpg
          今日もリアマッドガード装着です
ダムサイトから府道604号線を行きます。途中から橋を渡って湖畔の道をいきます
d0144550_2155331.jpg

山海空温泉を横目に見て国道477号に合流。
d0144550_2174930.jpg
          ひいらぎ峠です
下りの途中から白岩林道の方へ分岐(今日は間違えません)
d0144550_2185421.jpg
          自分でゲートを開きます
d0144550_2192762.jpg
           ここからしばらく白岩林道です
緩い登りをこなすと
d0144550_21102166.jpg
          この林道の最高点の分岐です
左が犬飼林道へと続きます
2年前にも来たのですがその時も今日のような雨後の湿度の高い時でした
d0144550_2112839.jpg

ずっと下り基調のいい道です。ただ道が川状態になってるところも多いし通行車両が少ないので落ち葉やゴロタ石が道の中央に溜まっていたりコケも生えてるのであまりスピードを出すことも出来ません
しかし木々の香りと清流のマイナスイオンを十二分に感じることができ、来た甲斐があったというものです
d0144550_2115392.jpg

林道を抜け亀岡の市街地から亀岡駅へと出ました
d0144550_21214657.jpg

今日から「湧き水&グリーンティ」の用意をしてきたのですが
湧き水のある神社のコピーを持って来るのを忘れたため余分な荷物となってしまいました
駅の裏から桂川を渡ります
橋の下に保津川下りの船着き場が有りました。今日は天気も悪く待機する舟と船頭ばかりでお客さんの姿はありませんでした
d0144550_22224610.jpg

橋を渡ったところから右に曲がり請田神社の鳥居の脇を進みます
d0144550_21261765.jpg
          この当たりは舗装されてますが
しばらく行くと府道401号線は地道になります
d0144550_21283641.jpg
          一応通れるけど自己責任でね!っていう道ですね
途中から民間の林道、松尾谷線に変わり「舗装」の林道となります
d0144550_21304084.jpg
          まだ天気はもってます
d0144550_21312215.jpg
          また紅葉の季節に来ないとダメですね
林道を進むと今までの鶯などの鳥の声とは違う声が聞こえてきました
目の前に現われたのは『猿の群れ』です。チンカンベルで蹴散らしました(写真有りません)
d0144550_2135713.jpg
         旧山陰線(トロッコ線)と新線の交差です
しばらく待ってましたが電車は来そうになかったのであとにしました
d0144550_2138018.jpg
          結構落石跡がありました
道は登りとなり、小さな峠
d0144550_21385396.jpg

峠を越え、下ると府道50号線に合流、保津峡駅です
d0144550_21404099.jpg

それにトロッコ保津峡駅(旧山陰線保津峡駅)です
d0144550_21444961.jpg

駅を越えると登りになり、九十九折れの坂道を上って「六丁峠」
d0144550_2142258.jpg

下って鳥居本の集落
d0144550_21431096.jpg

天気が今一なのでか嵐山から少し離れてるからなのか観光客少なく古い町並みが保存されてる通りは雰囲気がいいです
そこでこんなお店発見
d0144550_21471264.jpg
          鯰の手ぬぐい売ってる店
似たデザインのTシャツ(¥2,480)も有りましたが生憎財布に余裕なく、この手ぬぐい(¥840)を自分へのお土産に買って帰りました
そのまま下って嵐山へ、さすがに修学旅行生がワンサと溢れかえってます
d0144550_21522528.jpg
          渡月橋から南はなぜか人が居ません
日頃の行いが良いからなのか天気予報は外れたみたいです
嵐山から向日町〜大山崎へ出、妻の実家の門真に用事があったので大山崎から橋を渡って八幡へ向かいます
d0144550_2155911.jpg
          昔はこんな橋、無かったよな?
八幡から旧1号線の堤防を
d0144550_21562126.jpg

枚方から出屋敷、巣本へ途中萱島の駅前で両親宅への差し入れを買い出しし実家へ。お話もそこそこにおいとま、中環から鳥飼大橋を渡って神崎川沿いの「なにわ自転車道」で帰ってきました
d0144550_2275994.jpg

門真からは向かい風になった影響もあって、だんだんペースダウン↓↓↓↓↓↓
出かけは30km/h以上だった巡航速度も休憩するたびに下がり
尼崎に入った時には15km/hくらいに下がってしまってました
非常に疲れて帰ってきました

本日の走行距離:138km
本日の出費:オニギリ2個と魚肉ソーセージ:¥295
      なまず柄の手ぬぐい:¥840
      妻の実家への差し入れ:¥1,000弱

ほんま疲れました。家で何度も左足ツッてます
300km超のロングライドの密かな計画もあるんですが、自信なくなってきました・・・
[PR]

by masagoon | 2011-06-22 22:10 | 自転車(舗装路系) | Comments(6)

グーグルのストリートビューに?

数年前に息子と大阪の谷町筋の信号待ちの時に
偶然前の車がグーグルの車(屋根の上にカメラがついたプリウス)でした
しばらくしてからグーグル地図を見たのですが僕らは写ってなかったのですが
今日何の気なしに見てみたら・・・
ここに上手く張れませんので下記のURLを・・・
(さすがにナンバープレートは消してあります)

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&q=%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E6%9C%AC%E5%9D%8A&aq=2&sll=34.652993,135.51349&sspn=0.000536,0.001164&brcurrent=3,0x6000ddf634887ca5:0x13e875161bfa8050,1&ie=UTF8&t=h&st=115664277548083516147&rq=1&ev=zi&split=1&filter=0&radius=0.04&hq=%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E6%9C%AC%E5%9D%8A&hnear=&ll=34.653135,135.513756&spn=0.000536,0.001164&z=20&layer=c&cbll=34.653127,135.513653&panoid=22F0HeC36zVYSsQC3pvCCg&cbp=12,14.12,,0,0.1
[PR]

by masagoon | 2011-06-16 19:08 | Comments(6)

押さずに登ろう「暗峠」 その2

昨日からの続きです

十三峠から信貴生駒スカイライン脇の生駒縦走路を進み、立石越〜高安山へ
高安山から近鉄の西信貴ケーブルの高安山駅に続く林道です
d0144550_11315218.jpg

木漏れ日のなか緩い下りの道で気持ちいいです
d0144550_11423189.jpg

駅前にはバス停以外何も無く、寂しいところです
ちなみに西信貴ケーブルの麓の信貴山口〜高安山間の運賃は¥540
南海の高野山ケーブルの極楽橋〜高野山間は¥380で割高感は否めません
駅前からの道も信貴生駒スカイラインの一部で自転車歩行者とも進入禁止
進入禁止ゲートの奥の脇から信貴山公園墓地への道を行きます
d0144550_11513023.jpg

このあたりから地形図では道が詳しく書かれてないので
墓地の事務所の方に道をお聞きしたら丁寧に教えて下さりました
ここの墓地の下に高安山霊園があり、その脇道を進みました
d0144550_11535830.jpg

階段を下りて来たところが恩智越です
d0144550_11545856.jpg

最初の予定ではJR関西線の高井田駅方面への舗装路を降りて
暗峠〜縦走の完結にと思ってましたが舗装路を降りるだけというのも能がありません
ちょうどこの峠部に山菜を摘んでられた方がいらっしゃったので恩智越の道(地形図上では点々の道)の状況をお聞きし階段は無いとのことですのでこちらから降りることにしました
道は林道と行っていいぐらいの広い道で
d0144550_1222552.jpg

所々に段があります
今日のオレンジ&ホワイト号は舗装路向きに26x1.50のスリックタイヤを履いてます
昨年か一昨年だったかR163の清滝峠から暗峠まで縦走したときもこの自転車だったのですが雨後の赤土系の山道では滑る滑る、下りではすぐにリアはどのようにコントロールしてもロックしてしまい、さらにスピードが上がってしまうのでフロントブレーキの握りの比重を上げると両輪ロック!バランスを崩して転けたこともありました
サス付きのMTBで来てたら楽しくジャンプできる段差も手前でスローダウン(さらにフロントバッグがあるので自転車に大きな衝撃を与えることもできません)またそのときにタイヤはロック状態になります
d0144550_12122618.jpg

でも、楽しい道です
最後は旧外環横の恩智神社の鳥居のところに降りてきました
d0144550_1214930.jpg

あ〜楽しかった

今日の走行距離:45km
先週で山行きは封印したつもりがきっちりライトな山サイになってしまいました
(ビヤンキ君で行ったら良かったなあ)
[PR]

by masagoon | 2011-06-09 12:16 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

押さずに登ろう「暗峠」

今日の休みは本当なら京都の亀岡のほうに行こうと思ってたのですが家内が門真の実家に行くというので昨晩になってコースを変更し、朝仕方なく門真まで車で行くはめになりました
9:30門真巣本を出発、深北緑地です
d0144550_2039081.jpg
          後ろはダートジャンプコースです
ここを抜け野崎観音へ
d0144550_20395218.jpg
          ここは前回訪れてるのでパス
旧外環を南下、新石切を過ぎて左折308号線と思ったら曲がるの早過ぎで近鉄「額田」でした
d0144550_20423617.jpg

踏切を渡って少し南へ行くと見覚えのある道に出ました
醜道308号線暗峠への道です
d0144550_20441011.jpg

2年前にも来たのですが、その時はインナーギアが破断して途中から押して上がったんで今日は2度目の挑戦になります
今日の自転車は「似非MTBオレンジ&ホワイト」で安物の旧車なもんでインナーは24T(かな?)のフリーのローは28Tですので今時のMTBよりギア比は高めです
d0144550_20475464.jpg
          『今日は押さずに登る』のが目標です
少し登っては脇道で休憩
d0144550_2049782.jpg
          また休憩
今日のフロントバッグは安物のスーパーの保冷バッグを改造したものでメッシュのポケットがついてるので前側にはIKEAの補助LEDランプを入れてヘッドライトとしてます
ここで足に蝶が止まります、偶然ではなく飛び立ってはまた止まり
d0144550_20502069.jpg
           どうやら足の汗を吸ってるみたいです
マルポコ舗装の急坂が続きます
d0144550_2051386.jpg

何度も休憩して押さずに登ります
d0144550_20552972.jpg
         古来からお伊勢さんへの道です
やがて急坂区間は終わり
d0144550_20564797.jpg

やがて
d0144550_2057967.jpg
          今日は押さずにすみました
峠から南にまた登ります。多分今日の最高標高地点522mのところです
d0144550_20593432.jpg

ここから「府民の森」と言う公園になってるのですが『自転車、バイク進入禁止』となってます。バイクは当たり前として自転車はいいのではないでしょうかね?
まっ、禁止ということなので公園にはには入らず横のシングルに入ります
d0144550_212122.jpg

これがなかなか良い道
d0144550_2122580.jpg

しかし途中の分岐から道は不明瞭になりヤブこきに・・・「これはイカン」で、違う道なりに降りると信貴生駒スカイライン(歩行者、自転車進入禁止)の駐車場に降りてしまいました
仕方なく車が来ないのをいいことにしばらくスカイラインを走らせてもらい「鳴川峠」
d0144550_2161987.jpg

ここからスカイライン脇のハイキングコースを行きます
そして東大阪市の野外活動センターへ
ここで道を親切に教えていただきました
d0144550_217765.jpg

施設内のシングルを降りて、府民の森の管理道路へ降り
d0144550_219212.jpg

ここから等高線に沿った気持ちのよい地道を行きます
信州の林道のような雰囲気
d0144550_2110239.jpg

この道の終点にはゲートがあり、人の通る幅しかないのでFホイールを外してハンドルを曲げて通過しました
d0144550_2111451.jpg

出た場所は十三峠の頂上の少し下でした
少し登って十三峠
d0144550_21124634.jpg

ここからまたスカイライン沿いの脇道を行きます
d0144550_21132550.jpg

スカイラインを走ることができたら一瞬なんですが脇道は階段で小山を越えなくてはなりません
d0144550_21144721.jpg

これがシンドイ

続きはまた明日
[PR]

by masagoon | 2011-06-08 21:17 | 自転車(MTB系) | Comments(7)

京都プチポタ

今日の昼間、京都で仕事があり2時間ちょっと待ち時間があったので
自転車を積んで行って昼飯を食いに出るついでに鴨川沿いをポタって来ました
d0144550_17105760.jpg

今日の自転車は久しぶりに登場の「似非MTBオレンジ&ホワイト」です
思い起こせばこの自転車を手に入れた(大型ゴミでした)のが山サイを始めるきっかけとなりました
2番手がワンゲルロード改造の「なんちゃってシクロクロス号」
3番手、完成車購入の「MT.FUJI29号」
4番手、「いけてるストロングライト・プジョー号」
5番手、「マウンテンキャット・イエロー&ブルー」
6番手、「ジェイミス・ダカールへの道号」
最後に7番手が「ビヤンキ君」
 以上が今所有してる山系自転車です(名前はその時々で多少変わります)
どの自転車も自分の中では使い道に差をつけて倉庫でホコリがかぶることの無いように順繰りに使ってるつもりです。ま、今日のオレンジ&ホワイトが今となっては出番が少なくなったので今月は「オレンジ&ホワイト月間」とすることにしましょう

京阪三条駅近くのコインパーキングに車を置いて鴨川沿いに京都駅近くを目指します
だいぶ前にテレビでやってた「黒いスープのラーメン屋」に行く為に
しかし、出て来る前にもう一度『店の名前』と「場所」を確認して来るの忘れて来てしまいました
まっ、なんとかなるでしょう
七条の橋を渡り、駅を目指すと
「ありました!」間違いなくココです
d0144550_17325680.jpg
          新福菜館
でも隣が「第一旭」でまだ昼前なのに「第一旭」のほうに10人くらいの列ができてます
「第一旭」も本家神戸系と分家京都系があるらしいが迷わず「新福菜館」に入ります
店内はそこそこ満席です
並ラーメンは¥650、僕は竹入り(メンマ)ラーメンとライスを注文
d0144550_1738111.jpg

京料理とは対極的な濃い色です
他の人のヤキメシ(これも有名らしい)を見るとそれもソースメシのように真っ黒けでした
お味の方は見た目よりも濃くなく(でも麺もスープを吸って結構黒くなってる)コクある味です
別に私は特にラーメン好きでもなく、それほどコダワリもありませんので
『メッチャ、美味しかったか?』と聞かれると「普通のちょっと上かな」って感じですかね
それよりも自転車の鍵を持って来るの忘れたので「どうでもいいような自転車」ですがそれはそれなりに盗られると困るので気になって気になって(一応トーストラップでフレームとホイールを縛っておいた)店を後にしました。
帰りは途中まで高瀬川沿いに上がり途中からまた河川敷の道で北上です
d0144550_17544497.jpg
          三条大橋
先日来の雨で水嵩多いですが濁りはとれてて大きな鯉がたくさん居るのがよく見えます
ここの鯉やったら獲ったらそのまますぐ洗いで食べられるんでしょうか(ドロ臭くないかな)
出町柳の当たりではニゴイかな?婚姻色になったやつが産卵行動かな浅瀬で数十匹、バシャバシャやってました。
下鴨のあたりで一旦あがって下鴨神社の入り口に行き
d0144550_17593674.jpg
          参道は自転車はダメ
今度は右岸を三条の一つ上の橋まで下までがってデポ地へ
途中に「一条サイクル」がありました。時間があったら寄ってみたかったですがそのまま車に戻って現場に帰り、搬出を済ませて帰ってきました。

またゆっくり京都、いいですね
(でも京都はもう暑い)

追記
「第一旭」は京都が本家で神戸は分家らしいです
学生時代に先輩のツカサさん達に神戸の本店に連れて行ってもらったもので
てっきり神戸が本家やと思ってました
「もっこす」にも連れて行ってもらいました(いずれも30年も前の話です(
[PR]

by masagoon | 2011-06-04 18:04 | 自転車(舗装路系) | Comments(6)

ビヤンキ君を山へ連れて行ってあげました

天気予報では昼から雨ということで
朝から行こうと思ってたのですが
玄関を出たところで「雨」
仕方なくリフォーム中の便器の方向転換作業をします
便器を外したら床にフランジというパーツがあるのですが
これは塩ビパイプに接着剤で止められてます
これをどうしたらいいのかホームセンターに見に行こうとすると
道は乾いてるしネットの風雲レーダーを見ても雨雲は接近しそうになく
慌ててまた着替えてビヤンキ君で出発
今日は先に「うどんの中田」に寄って昼食を済ませ
長尾山トンネルから鳥脇山を目指します
山の上り口にある春に私が摘んだタラの木がちゃんと成長してるか確認します
d0144550_18163099.jpg
          おー、ちゃんと成長してる
そのままトンネルを抜けます
d0144550_18181465.jpg
         山は「ミドリーー」です
榎峠から鳥脇山へは最初は階段です
d0144550_18192588.jpg
          軽い自転車はいいですね
ほとんど押して山頂です
d0144550_1820920.jpg

山頂からのシングルは思ったほどブッシュに覆われてませんでした
しかし先日の強風で緑の葉っぱが沢山落ちてます
何カ所か木が倒れてました
d0144550_18214028.jpg
          
やがて北斜面の分岐ですが春に来た時と全然雰囲気が変わってます
d0144550_18234323.jpg
         左が4月に来た時、右が今日
ここにあった「こしあぶら」の木もちゃんと成長してました
d0144550_1825868.jpg
          天婦羅で美味しいコシアブラ
その下の分岐も
d0144550_18255939.jpg
          雰囲気が全然違います
ボケーとしてると分岐を見落としそうです
途中から道は林道になり、また倒木
d0144550_18273077.jpg

山の駅に下り、アイスコーヒを飲んで休憩
passハンター君は王滝100kmを完走されたそうですが
ここのマスターも42kmに行って来られたそうです
雨で大変だったとか

僕のビヤンキを見て
「このパナのXCマジックの白タイヤ、当時流行りましたね」とか
いろいろお話をしてると雨が降り出しました
ウインドブレーカを着て
リックサックに雨カバーを付け
リックに入れて持ってきたゼファールのマッドガードを取り付け
雨の中帰ってきました
ウインドブレーカは全く防水がなく雨に当たった瞬間、腕に張り付いてきます
しかしマッドガードのお陰で一時間くらいの走行ではお尻は濡れず
(ガードがなければ水鉄砲のごとくお尻を狙い撃ちしますからね)
持ってきた値打ちがありました

今日の気温では暑くもなく寒くもなく、完全にズブ濡れになると
雨の中、これはこれで快適です
伊丹の美観地区をいい気分で走ってて・・・
タイル舗装の広場で、スッ!テーン!
左腰を強打、直接頭は打ちませんでしたがしばらく頭いたかったです
まあ怪我もせず自転車もダメージなく帰ってきました
(グリップのロックリングが無くなってしまいました)
軽い自転車は平地でも坂道でもよく進みますね

特別なことがない限り、今日で山行きは秋まで封印です
[PR]

by masagoon | 2011-06-01 18:44 | 自転車(MTB系) | Comments(4)