<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

猪肉ラーメンを食べに

昨夜からの雨も朝にあがったので
家内と義理母は家の整理があるので門真の実家に送って行って
私と次男は自転車で走ることにしました

あまり坂が多いと自転車嫌いになられても困るので
生駒市のイモ山公園(なんちゅう名前やねん)まで車で行きました
d0144550_22182299.jpg
     イモ山公園横のエコパークに駐車(無料です)
ここから高山から精華町方面へ進みます
d0144550_22195325.jpg
     長閑な里山を抜け、精華町との峠です
d0144550_22215887.jpg
     峠の横に池があり、ここから精華町の市街地へ下ります
d0144550_22244857.jpg
     精華町祝園から木津川へ出ました
木津川を渡りJR奈良線沿いに北上し「山城多賀」へ
ありました
d0144550_2226953.jpg
     梅本商店です。関西テレビの「よーい・ドン」に出て知りました
ご主人自身で撃ってきた猪や鹿の販売と「猪肉ラーメン」です
「猪肉ラーメン、2つお願いします」
『どっちしましょう?』
初代猪肉ラーメンと2代目猪肉ラーメンがあるそうな
「どない違いますのん?」
初代は昔風の麺で2代目は今風とのこと
「ほんなら1つずつ、お願いします」
d0144550_22334324.jpg
     見た目はどちらも一緒です
でも猪肉がいっぱい入ってます
問題はお値段、初代が¥300、2代目が¥450
特に初代、安過ぎ!!お肉もいっぱいやしスープもまずまず(ちょっと辛め)
結局麺は初代はスーパーなんかで売ってる袋入りの「ゆで麺」みたいでした
いずれにせよコストパフォーマンス抜群です
寒い時に自転車で来てちょっと一杯、暖まります
食べてからご主人に
「篠山の方走ってて交通事故に遭った鹿の死体あったんですが食べられますか?」とお聞きしたところ
死後30分以内に内蔵を抜いて処理したらいいけど
それ以後はたとえ冬でも腸からガスが発生して食えんということです
やっぱり『拾ったモンはアカン、自分で獲らな』ということらしいです
お土産に猪肉500g買いました(¥500/100g)
時にはタヌキ汁なんかもあるらしいですよ
(一番旨いのはアライグマだとか)

d0144550_22501350.jpg
          山城大橋を渡って
d0144550_22505053.jpg
     この春から次男が通うD大学です(ボーダーライン、線上で入学です)
学内に路線バスまで入ってるのに、何と『自転車進入禁止』だとか
少し自転車で入って案内板見てたら警備員が飛んできました
仕方なく駐輪場へ(自転車部はどないしてんねんやろ?)
d0144550_2254195.jpg
     今時のロードバイクもたくさん停まってました
学内を少し散策、カフェテリアでアイスクリームを食べました
帰りはD大学の裏から鳥谷池を目指します
d0144550_230506.jpg
     気温もそこそこ高く気持ちいいです
d0144550_2314187.jpg
          イイ汗をかきました
d0144550_2324676.jpg
           いい感じの小さな切り通し

里山ではウグイス、河川敷ではヒバリが鳴いてました
もうすぐ春です

本日の走行距離:40km
本日の出費:吉野家¥660
      梅本商店:ラーメンと猪肉¥3,050
      D大学カフェ:¥500ほど
[PR]

by masagoon | 2012-02-29 23:20 | 自転車(舗装路系) | Comments(9)

ボトルケージはやっぱり

自転車の台数が増えると結構必要なものが
「ボトルケージ」(ついついボトルゲージと言ってしまいます)
自転車によっては2個つけたりします

で、年末から『竹』で作ったりしています
(我ながらナイス!!と自己満足してます)
毎度のことながら僕は物を造る時、一つの完璧なものを造るのに試行錯誤して作り直したり、それまでのを失敗作として処分するなどといったことはしません。
作ったもの1つ1つが作品?なのです。
(全部が失敗作という噂も?粗製濫造ってヤツです)
d0144550_1841268.jpg
    竹らしい形というのはこうゆう形でしょうか?
節がアクセントだと思います
でも、重たく感じるのは確かなようで
こんなのにしました
d0144550_1845048.jpg
     でも、ゴツイって感じも否めません
こんなのに進化しました
d0144550_18473415.jpg
     これはボトルを選びます
先の3つは500ccの丸いペットボトルがジャストです
自転車のレギュラーのボトルを入れようと思うと相当に太い竹が必要になります

↑の細身のケージには
究極のボトル!これですよ!↓
d0144550_18513569.jpg
     スッ、バラしい!
[PR]

by masagoon | 2012-02-28 18:58 | 自転車いじり | Comments(14)

鳥脇山DHコース

水曜日組の「ゆうとさん」にお誘いをいただいて今日も山サイです
ただ、この日曜日から1年半前にも病んだ低音が聞こえなくなる症状が再発し
朝、病院で診察を済ませてから出発です
一週間分の薬でカンガルーバッグ満杯です(カップゼリーの薬がかさばります)
ちょっと病院で時間が掛かって出発する時にはすでにゆうとさんは待ち合わせ場所に到着されてるとのこと、ペースをあげて向かいました。
挨拶もそこそこに出発、五月台を上り長尾山トンネルを抜けます
d0144550_20483480.jpg
     朝、出た時は快晴だったのですが曇ってきました
今日は肝川の山の駅さんが整備されているダウンヒルコースを走らせてもらいます
榎峠から鳥脇山をめざします
d0144550_2053592.jpg
     何時来てもシンドイです(そんなに長い階段ではないのですけどね)
しばらく押して少し乗って山頂です
d0144550_20561456.jpg
  ゆうとさんにコーヒーをご馳走になりました。いつも有り難うございます
いつもは山頂から西に尾根を下りるのですが今日は北東の方向の尾根を下ります
結構急な下りです。途中で10人弱のご婦人のハイカークループが登って来られました
下った所でいつもの林道に通じるシングルに合流、廃屋を通り過ぎ林道を下りますが
DHコースへの分岐を見つけられず地図で確認したところ行き過ぎてることが判りました
一旦廃屋まで戻り尾根の上を徒歩で確認、道がありました
分岐は廃屋よりも山頂寄りにありました
d0144550_21142872.jpg
     尾根沿いを測量した跡沿いに道がありました
d0144550_213735.jpg
     
d0144550_21152678.jpg
     切り株が至る所にあります
d0144550_21161528.jpg
     尾根の先には2等水準点があり、鳥脇山方面を望みます
その先にも水準点があり、そこから本格的にスラロームが続きますが鋭角のコーナーと柔らかい山土でかなりのテクニックを要する様で何度か止まったり、降りて方向転換をしてしまいました
やがて水平のシングルに突き当たりそれを右(東)へ
道なりに下ると踏み跡が薄くなってきたところで小さな沢を渡って斜面を登ったところでバイパスに出ました
d0144550_21262990.jpg
     想像よりも東よりの峠部分に出ました
バイパスから降りて午後1時、山の駅でランチです
山の駅は女性のお客さんばかりでほぼ満員、流行ってますね。
お昼のランチ、美味しゅうございました
お忙しいマスターと少しお話をさせていただいてお店を後にし
上肝川から鳥脇山の西尾根の鞍部に登りました(ほぼ押し)
d0144550_2136155.jpg
          太ももがパンパンになりました
西尾根を少し登ってクリーンセンターへ下りました
空模様が怪しくなってきたので十万辻から榎峠、五月台へ下りました
このまま帰るのは勿体ないのでさくら台まで登り返して中山東尾根を下ってお終いにしました
帰りに雨が振り出し伊丹の辺りで少し濡れるくらいになりましたが何とか自宅まで戻ることが出来ました

ゆうとさん、お疲れさまでした

本日の走行距離:50km
本日の出費:耳鼻科で診察と薬代¥4,020
      ローソン100でチクワなど¥210
      山の駅のランチ¥750
[PR]

by masagoon | 2012-02-22 21:48 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

30年前のカッパはダメでした

MTBにフルマッドガードを付けたかった
d0144550_22541519.jpg
     昔のランドナーのを付けようと思ったのですが
ダメでした
クリアランス(元々1-3/8用のもので2.10のHEには無理があります)もアカンし
ややスローピングなMTBにはシートステーとチェーンステーの間隔も違うし
付きそうな感じ全くなしでした

何故マッドガードを付けたかったのかは今日の行き先です
出発時に雨がチラホラ、天気予報もイマイチです
初めて阪急電車で輪行しました
d0144550_22544165.jpg
     次男と一緒です。京都河原町に来ました
2台とも簡易マッドガード装着です
d0144550_2255413.jpg
             三条大橋にて
そのまま鴨川を北上し、出町柳まで来ました
d0144550_22554176.jpg
     ここに鯖街道口の石碑があります
鯖街道の起点は小浜ですので街道口といってもこちらは終点ということになります
今日はここから鯖街道を北上します
高野川沿いに街道は続きます
d0144550_22561022.jpg
     大原の山々は霧に包まれていました
ここに来る途中の道の脇に鹿が居ました。平然と何か食べてました。
大原からは旧道を進んで途中峠です
d0144550_2256355.jpg
     途中峠ってこんなところでしたっけ?
霧雨がサングラスを濡らします
一旦下って途中トンネルを抜け、すぐ花折峠の上りです
峠道には雪が現れました
12:40 花折峠到着
d0144550_22571944.jpg
     信州の嶺方峠の雰囲気ですか・・・
霧雨が本格的な雨になりました
d0144550_22575466.jpg
 僕が今使ってるレインウエアは次男に使わせ、僕は現役時代に使ってた30年物のカッパを着用です
d0144550_22581661.jpg
     13:30 「花ひこ」という鯖寿司屋さんで昼食
d0144550_22583571.jpg
          鯖寿司定食(¥1,200)
自分的にはちょっと〆まりすぎてるかなと思う、ちょっと酸っぱいお寿司でした。少々疲れた身体に酸味の利いたお寿司は元気回復に繋がりました(熱いお味噌汁が一番のご馳走でした)
鯖寿司を頂いたところですが
本日の目的はここ朽木の「旭屋」さんの鯖寿司を買うことでした
(ここまで来なくてもネットや京都市内でも買えるんですがネ・・・)
d0144550_22593172.jpg
 初めての雨の中の走行と低気温で次男の走行ペースはかなり落ちて来ました
僕のカッパも容赦なく雨が染込んで不快指数90%を越えて来ました
d0144550_22595949.jpg
   朽木市場で国道367号線と別れ琵琶湖湖岸を目指します
d0144550_2302070.jpg
     峠の方ではもっと低かったかもしれませんがここで気温1度
前方に山が見えなくなってしばらく走ってやっと安曇川駅に着きました
d0144550_2304663.jpg
  僕的にはもう少し走って電車賃を浮かしてもいいかなと思ったのですが次男は
もう「限界」ということなので安曇川から輪行です
駅員さんに断って、コンコース内で自転車をバラしました
カッパの上着は出て来る時に防水スプレーをかけて来たので多少はマシでしたが下のタイツはビチョビチョまではいかなかったですがしっかり濡れててとても寒い冷たい。
次男に「服濡れてるか?」と聞くと
『いや、濡れてないで』 新旧の差は歴然でした
せっかくマッドガードを付けて来たのですが、効果があったのかなかったのかお尻から背中はもちろんヘルメットまでドロを跳ね上げてました
多少は路面にも雪があるのではと思って、ブロックタイヤと僕はディスクブレーキで来ましたが今日の状況ではスリックタイヤで十分でしたネ

16:17発の新快速で帰って来ました

はっきり言って、久々の「苦行」でした
(次男、自転車嫌いになるかな?)

で、お土産に買った旭屋さんの特選 松 ¥2,700
d0144550_233232.jpg
     (ちなみにない高級のものは¥12,600だそうです)
一切れが¥300強の計算です(ボクとしては大奮発ですね)
感心したのは尻尾部の処理です
d0144550_2333392.jpg
     尻尾部を折り返して飯を見えないようにしてあります
前出の「花ひこ」さんのは小さな尻尾部も一切れになってて大部分が飯でした


本日の走行距離:65km
本日の出費:阪急電車(塚口〜河原町)¥450x2人分
      コンビニのオニギリ¥400
      自販機のコーラ¥120
      「花ひこ」鯖寿司定食¥1,200x2人分
      「旭屋」鯖寿司上選¥2,700
      駅の自販機で暖かい飲み物¥120x2
      JR安曇川〜尼崎¥1,890x2人分
      合計¥10,300(結構使ってしまいました)

番外編
d0144550_23165324.jpg
     自家製ベーコン作ってみようと思ってます
2/5から始めて今日で10日目
そろそろ燻煙をかけることにします
燻煙の材料は自分で採って来た例の『オニクルミ』の殻で燻すことにします
[PR]

by masagoon | 2012-02-15 23:21 | 自転車(舗装路系) | Comments(6)

恒例、奥野先生の誕生を祝う会&ちょっと遅い新年会

恒例、奥野先生の誕生を祝う会&ちょっと遅い新年会のお知らせ

日時:3月11日(日曜日)午後4時から
場所:いつもの京都「坂安」
会費:未定

お誘い合わせの上ご参加下さい
(OB会連絡掲示板に参加表明お願いします)
http://8518.teacup.com/ofhym01/bbs ←コチラ
[PR]

by masagoon | 2012-02-10 22:37 | Comments(1)

プチ山サイ、でもやっぱり薮漕ぎ

今日は家内と義母を実家まで送るという用事があったため
門真から昼過ぎに出発です
今日はClick329さんが年末に走られたコースに行こうとR163を東へ
d0144550_226257.jpg
     清滝峠です。すんなりとR163を行くのはつまらないので
「緑の文化園」の手前から送電線の下を行ってみます
1/25000地形図にも道はないのですが送電線の下には巡視路があるはずやという
思い込みで下調べ全く無しで取りつきを探します
ありました
d0144550_22112459.jpg
     昨日まで降った雨で道はマッディです
山間の田んぼの横を通って道はため池に続いてました
その池の下に次への取りつきが
d0144550_2213050.jpg
     ここから押しです
道は
d0144550_2213433.jpg
     竹やぶの中を通り
ここでiPhoneで写真を取り一応「今ここに居る」と息子にメールしておきました
竹やぶを抜けるとブッシュに覆われた荒れ地に出ました
そこから先の道が判らなくなりました
送電線は東の方向に見えるのでそちらに向かって踏み跡を探します
d0144550_22185683.jpg

しかし、その踏み跡は不明瞭になり雑木林を担いで登ってしまいました
d0144550_22192745.jpg
     担ぎ上げたその先に明らかな道がありました
d0144550_22201762.jpg
     峠です。れっきとした巡視路でした。鉄塔の方へ行ってみます
d0144550_22212458.jpg
     プラ階段はあるものの走りやすいいい道です
d0144550_22222276.jpg
     本町南線16番鉄塔です
道はさらに北東方向へ続いてるみたいですが今日のところは引き返します
先ほどの火の用心の札のところから峠を越えるとその先で道は3つに分岐してました
一番右の踏み跡が明確な道を選びました
小さな峠を越えプラ階段を下ったその先には
d0144550_22235761.jpg
     ケージ付き階段です。これでは自転車は降りられない
しかし、その先は明らかに「緑の文化園」の方の元の道に戻りそうなので一旦先ほどの分岐まで戻りました。
今度は2番目に踏み跡がはっきりしてた真ん中の道を行きます
倒れた竹が道を覆ってますが、なんとか進みます
竹薮の中、道を探しながら進んできましたが道が判らなくなりました
d0144550_2231042.jpg
     こんな倒木ならぬ倒竹で進めません
自転車を置いてその先を偵察し、道らしきとこらがあったので自転車を取りに戻ることを数回繰り返し、木に巻かれた目印を発見
d0144550_22343637.jpg
     目印を見つけたものの2,3カ所のみでその先がありません
ここまでiPhoneのGPSで位置確認をしながら進んできましたが、もともと地図にも道のない所を入ってきてるので不安になり何度か戻った方がエエかな?と思いました。
地図では東に行ったところの池の畔から点々道があることになってます
ヘタにGPSがあるので自分の位置が判るため無理して進んでしまってるようです
(これは危ないことや)と思いながら薮漕ぎは続きます
d0144550_22405064.jpg
     沢沿いに行くと池の堰堤が見えました
d0144550_22441337.jpg
          薬尾寺池という池でした
池の畔からは林道になってました。
順調に下り
d0144550_22452747.jpg
          下田原の住宅地に出ました。ヤレヤレ
ここに来るまでに時間を使ってしまったのでコースを変更し
d0144550_22502667.jpg
     安直にR168を磐船方面へ下ることにします
途中に
d0144550_22511329.jpg
          磐船神社があります
舟形巨岩を御神体としてるそうですが社務所は閉まってて「無断拝観禁止」となってますので遠目に見学させていただきました
旧道を出てきたところは
d0144550_22544447.jpg
     川のトンネルに立派な「天野川トンネル」の銘板
川よりも国道のトンネルの方が低いところを通ってます
d0144550_23111282.jpg
京阪私市駅を見に行って集落の路地を走ってると同方向へ3人の小学生が道を塞いでるので、ベルを鳴らそうと右手をハンドルから離したところ何故か派手に転倒!
小学生には当たりませんでしたが
小学生:「ビックリした〜!」
そらそうでしょ、自分らのすぐ後ろでオッサンがステンと転けてるのですから
ボク:「驚かしてゴメンナ」
と、さっさと通り過ぎましたが
タイツの膝は破れ血が出てました(アッチャ〜)
その後、星田に出てこの辺最大級のホームセンター「VIVAホーム」
d0144550_234197.jpg
     ちょっと買い物をしました
ここから第2京阪沿いの新1号線で帰ります
d0144550_2355425.jpg
     丘陵地帯を抜けてるのでアップダウンが続きました
トレーニングにはいい道だと思いますが・・・

本日の走行距離:35kmほど
本日の自転車:先週に続きホワイト&オレンジ号
       薮漕ぎするならこれで充分
[PR]

by masagoon | 2012-02-08 23:18 | 自転車(舗装路系) | Comments(8)

寒い朝の出来事

今日、朝起きてメシ喰って用をたして歯を磨いてる時に
他の水道から水がが流れる音が聞こえてました
(息子が上で何かやってるのかな)
現在私は2階でメインに暮らしてます
長男は3階で暮らしてるのです
ジャー、ジャー、ジャー
その内息子が慌ててやって来ました
「水道管破裂してる!」
2階のベランダを見ると上から水が落ちて来てます
3階のベランダも同様、上から激しく水が・・・
「屋上の水道、出えへんで」
3階のベランダの洗濯機置き場から分岐して
屋上へ配管してるその途中から吹き出してるようです

わっちゃー、その破裂箇所にアクセスできません
屋上のプレハブの裏で今もウナギが横たわってるすぐ横です
ベランダの屋根をめくって梯子を架けないと無理・・・
幸い一番末端の配管なので屋上で水道が使えないだけなのですが・・・
(鯉さん、金魚さん、当分水換えたられへんわ)

それとここ数日、仕事で伝票発行などに使ってるMacの調子が絶不調
イニシエのG3−233MHz(ベージュ)をO.S.8.6で使ってます
これまた化石級のImagewriterで複写伝票を使ってる関係など
数々のしがらみで易々とモダンOSには移行できません
僕が仕事を辞めるまでこのシステムを使いたいのですが・・・
Mac本体だけでも青白G3に徐々に移行しようかなあ(O.S.9.2で)
(sasakinngさんに貰ったやつにはシリアルのポートがあったような)
長いこと電気通してないから

動・く・か・な・・・
[PR]

by masagoon | 2012-02-03 18:53 | Comments(8)

お手軽でナイスな「舎羅林山」

ナイスという言葉も半分死語になりましたネ

今日はゆうとさんと北摂の入口の山「舎羅林山」に行ってきました
朝一番はいい天気だったのですが出かける段になって雨が降ってきました
10時に現地で待ち合わせの為9時前に自宅を出発
道路は濡れててスピードを上げると雨水を跳ね上げるので
ゆっくり走って10時丁度に到着、挨拶もそこそこに出発します
南側のゴルフ場へ通ずる道から入ります
d0144550_15475310.jpg
舗装路でほぼ登ってきてるので所々押さないと登れないところもありますが乗って登れるいい道です
いくつも道がある様で分岐があちこちにあります
一旦頂上へ
d0144550_15501698.jpg
          山頂264mです
天気は回復しましたが薄曇りで北方向は
d0144550_17531014.jpg
     先週行った山下古道などが見えます
山頂からは尾根沿いにこれまた気持ちの良いシングルトラックが続き
平野駅近くに一旦下り、別コースで登り返しになります
少し道を間違ったものの途中から復帰し
鉄塔の下で昼食です
今日はプリムスのストーブを持って行ったので湯を沸かしカップヌードルを食べます
湯が沸くまでの間、ゆうとさんにお汁こをご馳走になりました
d0144550_1810852.jpg
     箸を持って来るの忘れたので小枝で・・・

今日の自転車は似非MTBホワイト&オレンジ号です
この自転車で山に入るのは久々です
ホイールは先日買ったミヤタ・リッジランナーのものと入れ替えました
タイヤは少しヒビ入ってますが新品同様山が残ってて、僕の持ってる自転車の中では程度よく、しなやかにショックを吸収してくれてリジッドながら快適に走れます
里山を楽しみで走るだけならこれで充分
サペンションもディスクブレーキも要りませんヨ

食後はまた山頂をかすめ出発地のほうへ下ります
d0144550_1810553.jpg
     ソフトな赤土区間
この下りも100%乗れ乗れで楽しめました

時間的には昼をまわったところでしたが今日のところはこれにて終了
ゆっくり猪名川沿いに帰ってきました
途中でちょっとだけまたオニクルミを拾ってきました

で、クルミですが
木によって殻の形に遺伝的な特徴がある様で
この猪名川の自生ポイントを上中下と3カ所に分けると
上は採ったことないので不明ですが
下の大群生のところのは殻の空間がいびつで
身を剥くとどうしても粉々になってしまうようです
今日拾った中のポイントのところのは
d0144550_8155233.jpg
     殆どのものはこのようにコロンと取り出せます

帰る前にうどん屋のマスターに報告して帰宅
手軽でメッチャいい里山でした

本日の走行距離:45km
本日の出費:カップヌードルなど¥362
      うどん屋の中田で缶ビール¥350
   合計¥712でした
[PR]

by masagoon | 2012-02-01 18:16 | 自転車(MTB系) | Comments(8)