<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

東六甲、宝殿〜奥池〜盤滝〜小笠峠

本日は一人で山サイです
最近よく拝見してるMTBのブログで紹介されてた東六甲方面へ行って来ました

朝、8時前自宅出発
武庫川CRを北上し逆瀬川から六甲方面に上ります
d0144550_20133956.jpg
     最近の突然雨にもかかわらず逆瀬川の水は少なめです
西宮方面からの県道が合流する辺りから旧道を走ります
d0144550_2018580.jpg
  「盤滝」と呼ばれる滝です。本日の予定ではまたここに降りてくる予定です
さらに上り、芦有道路の宝殿インターを目指します
上り、シンドイです。「僕ってこんなに上り弱かったんかなあ」と改めて思いました
d0144550_20223989.jpg
     宝殿インターを過ぎたところに奥池へのトレイル入口があります
でもここまで上ったらほぼ六甲山上域ってことになります
前回の山サイの際に緩んだ左クランクもここまでは問題無し

ここからトレイルに入り、下りだしたところで
路肩を見誤ってフロントタイヤが脱輪して転倒、アイタタ!
d0144550_20301810.jpg
     気持ちのいいトレイルです。様々な野鳥の鳴き声に癒されます
途中お会いした熟年女性ハイカーに「こんなとこ自転車で来たらあかんのにねェ」って嫌み言われてしまいました。
でもちゃんと挨拶はお互い交わしました。
d0144550_2036093.jpg
     「熊笹峠」です。名の通り四方熊笹に囲まれてます
地図では一旦峠を通り越したところから奥池に下る道があるようなので
上り返して先に進みますが道は・・・
d0144550_20385567.jpg
    踏み跡薄くなり、蜘蛛の巣だらけ
先ほどのご婦人達はここは通ってないようです
先ほどの熊笹峠まで戻り、南方向へ下りました
下って、芦有道路を横切ります
d0144550_20353069.jpg
     芦有道路って今までの人生でほんと縁のない有料道路です
道路を横断して少し下って
d0144550_20484535.jpg
     奥池です。平日のお昼前で人影無し、周りは超高級住宅街です
豪邸や企業の保養所の横を通って「ゴロゴロ岳」を目指します
舗装路の最終にある豪邸の塀の中で放し飼いされてる大きな犬に吠えられながら
ほんの少しトレイルに入ったところに
d0144550_20542136.jpg
     ゴロゴロ岳山頂がありました
ゴロゴロ岳とは標高565.5mからだという説もあるとか
でも、すぐ横に立ってる豪邸の2階の方が標高が高いような気もしました
山頂からは尾根沿いの道を北に進みます
道はだんだん細くなり、蜘蛛の巣だらけ
d0144550_2059276.jpg
     ところによっては自転車を通すのにも苦労するような所も
ここから朝上った「盤滝」へ下る道は地図にも詳しく載ってない道なので少々不安にもなり、途中一旦引き返して分岐路を探しましたがそれらしき道もなく、もう少し進んでみると
d0144550_2162366.jpg
     ちゃんと道しるべがありました
ずっと乗れる道が続き、
d0144550_2194369.jpg
     馬ノ背みたいな所もありました
何度か沢を越え、結構下り長く感じられました
d0144550_21122754.jpg
     盤滝の少し下の堰堤下で昼食をとりました
さて出発!と思ったらリアがパンクです
さっき下って来た時に溝を飛び越えたつもりなんですが
やはりリム打ちしたようです
上り旧道に上がって修理です
パンク箇所が明らかなので修理することにしました
今回の特別装備品
d0144550_21165751.jpg
     『予備左クランク』持参です(なかなかこんなヤツ居ませんよ)
ここまでクランクに問題なかったですが、ここでパッチゴムを圧着するのに
ナダラかなクランクの肩がハンマー代わりに役に立ちました
盤滝から小笠峠目指して上り返しです
d0144550_2124510.jpg
     朝ここを通った時は16度でした
Lo-Loで上って、やっと
d0144550_2125754.jpg
     小笠峠こと大谷乗越、ここから東六甲縦走路に入ります
d0144550_21261711.jpg
     数グループのハイカーさんを抜かせてもらいました
途中の分岐から「ゆずり葉台」方向へ下山です
d0144550_2127314.jpg
     縦走路からもうちょっと楽しめる道があるはずなのですが
どなたかご存じの方また教えて下さい

そのまま舗装路を下って「うどんの中田」を目指します
14:30にお昼の営業が終わるのですが間に合いそうにないです
でも、一生懸命漕いで10分遅れでお店に着くと
マスターは出前に出られててまだお店開いてました

缶ビールを頂きました
マスターは明日のお休みは京都、愛宕山〜明智越えに行かれるそうです
困ったチャンの左クランク
本日のところ弛み止めのボンドが効いたのか問題ありませんでした
でも左右のクランク、一直線ではないのですが・・・

デンデン、気になりませんでした

本日の走行距離:54km
  本日の出費:ローソン100でオニギリ¥315
        うどんの中田で缶ビール¥350

d0144550_2252264.jpg

[PR]

by masagoon | 2012-05-30 21:36 | 自転車(MTB系) | Comments(10)

ちょこっと中山〜清荒神

今日はお昼にちょっと仕事があったので午前中ちょっとだけ走って来ました
最初は中山東尾根だけ下って来ようかと思いましたが
もうちょっと時間があるのでさくら台〜尾根〜自衛隊長尾山演習場〜清荒神というコースです
いつもの山本西からさくら台へ上ります
d0144550_2063477.jpg
   天気良く気温も高いですが湿度が低くそれほど汗はかきません
ここから超高級住宅街を上りトレールの入口です
d0144550_2094533.jpg
          先週はここから出て来ました
ちょこっと乗ったり押したりして稜線に出ました
d0144550_20105487.jpg
     この時期、木陰が最高に清々しいです
稜線を少し西に走り北西に抜けます
d0144550_20115636.jpg
     北に大峰山がそびえてます
所々急坂の九十九折れで降りて降ろしますが
ほとんど乗れるいいみちです・・・が、蜘蛛の巣だらけ
谷に降り、谷川沿いに気持ちのいい木陰の道を下ります
谷の突き当たりが
d0144550_20182229.jpg
     自衛隊の長尾山演習場になってます
今日は演習日のようでメガクルーザーが数台並んで停まってたので写真撮ろうと思ったら迷彩服を着た隊員が4人ほど無線交信の最中で写真撮れず
別れ際に「こんにちは!」って声掛けたんですが無視されました
(さすがに隊員さんは仕事中ですからね)
演習地内の林道から階段を下ります
d0144550_2027248.jpg
     頑張って階段を下ります
また谷に沿って高度を下げガレ場の見晴らしに出ます
d0144550_2028872.jpg
     正面に甲山が見えます
相当にガレててよう乗って下りませんでした
最後は大林寺の霊園に降りました
コ・コ・デ
??またまたクランクに違和感
先週に続き左クランクがカックン、カックン
あれ・れ・れ・れ〜?
普通のロードなどとは違い進行方向にトクルが掛かるだけでなくMTBの山サイは下りにクランクを水平にして踏ん張って階段とかも下りるので逆方向にも相当力が掛かるのでしょう
(特に僕の体重では・・・)

d0144550_2031762.jpg
     東屋のところで自転車を止めて修理にかかろうと・・・
早速先週作った携帯用クランク締め工具の出番です
正直、これを作ったときは
(こんなもん、実際使うことなんかあれへんのになあ〜)って思ってました
こんなに早々に使うことになろうとは思ってもみませんでした
またまた、あれ・れ・れ・れ〜?
その肝心な工具がありません
しまった、しまった島倉千代子
ペダルレンチで使えるように15mmに加工したあと、工具入れに入れるの忘れてるではありませんか!

あ`````ショック!!!

先週に続き右足中心で帰るハメに
このまま家に帰ったらもうクランクの穴、ダメになるかもと思い
県道沿いの「サイクルあさひ」によって『あの〜14mmのボックス貸してもらえません?』
「どうされました?」ってことで「何処走ってきはったんですか?」とか少し喋って締めてもらいました
『おいくら?』って聞くと「締めたくらい、イイですよ」って
サイクルあさひのお兄さん有り難うございました
し・か・し、100mほど走ったら、またカックン、カックン
またまたまた、あれ・れ・れ・れ〜?
ひょっとしてフィキシングボルト面にクランク軸の頭出て来たんか・・・・
仕方なく10回転に1回クランクの軸部分を左足で叩きながら低速で帰って来ました

トホホ〜

帰りに久々にうどん屋のマスターの所に寄って報告
ボックレンチを借りようと思ったのですが「お持ちでない」
奥の手でトンカチでクランクの頭を叩いて帰宅
さっそくドナイなってるのか検証
d0144550_20554674.jpg
     クランク軸のテーパーはまだ余裕あります
でも穴が少々暴れてます
先週もカックン、カックン帰って来たからかなあ
奥の手でテーパー部にグリスを塗って、ボルトのゆるみ止めは持ってないのでコンクリメントボンドを塗って300mmモンキーで思っくそ締めました

し・か・し、何だかヘン?
左・右・の・ク・ラ・ン・ク・が一直線でないような?
(気のせいかなあ?)
左クランクを真直ぐにチェーンステーにストラップで縛って
d0144550_2121668.jpg
     ・・・右クランクやや上向いてます???
このクランク(ディオーレLXの5pin94mmPCD)「ジャンクパーツ箱一杯」に含まれてた物なんですが軸穴が元々ジャンクやったんかなあ〜

この状態で乗ってみても僕が鈍感なのか違和感は感じません
次回もこのまま乗ってみて(もちろん携帯工具持参で)
また緩むようであれば手持ちのアリビオかなんかのクランクに左側だけ換えることにします

トホホなジャンクな日々です

d0144550_21434672.jpg

[PR]

by masagoon | 2012-05-23 21:07 | 自転車(MTB系) | Comments(10)

今期初漁

水嵩が減ってるのを見て居ても立っても居られなくなりました
夕食を急いで食べてウェーダー持参で行ってきました
結果は
d0144550_11543558.jpg
    中型のミドリガメ連れて帰りました(これがスッポンやたらなあ)
家内が以前親戚の伯母さんがカメ飼ってるの見て
興味ありそうだったので連れて帰りましたが
「早よ逃がしてきて!」って
ホンマ気まぐれやねんから・・・

いつもの堰堤下にはあまり生命感なく
ウナギ、1尾だけ居ったんですが
穴から頭だけ出してて半年ぶりだったので
タモをどう構えて・・・どうやったかなと考えてるうちに見えなくなってしまいました
50cm弱やと思うのですが多分昨シーズンも獲り逃がした懐中電灯の光に過敏に反応するやつじゃないかなと思います

テナガエビも見かけず、っていうかシラサみたいなのは少量居てたので季節的にまだ成長過程なのですかね。
ウェーダー履いたまま自転車で上流へ移動
ここは堰堤の上にたくさんナマズ居てました(たいがいペアでした)
一度じっとしてるナマズ、タモで掬ったのですが
ちょっと料理する気も湧いて来ないので逃がしてやりました

もうひと雨降ってからがシーズンですかね?
[PR]

by masagoon | 2012-05-22 12:11 | 釣り | Comments(0)

やっぱり用意しなくちゃ、日食

ここ数日前から息子に「日食グラス、何処かで買ってこいや」って
言ってたんですけど、とうとう買わず
昨日、夜遅く仕事から帰ってきて
ネットの情報でなく自分で閃いた撮影法
「ピンホールや」
d0144550_1343442.jpg
     アルミホイルの中心に針で穴明けたやつ
コンパスも見当たらず、仕方なしにロングプライヤーで無理矢理円を描いた
ファインダーで確認すると露出は何とかいけそう
オリンパスのE-520にアダプタを介してシグマのニコン用400mm
写したのが(35mm換算で800mm相当トリミングなし)
d0144550_1346043.jpg
     ピンボケなのか露出オーバーなのか?(1/4000)
ピントリングは無限遠よりも外側にも少しまわるので
一番遠い山であわせたんやけど
F値が極小なのでピント合うと思ったのが甘かったのか
それともレンズ前面に絞りが来るとピント変わるんかなあ・・・??
日食時間の前にテレビの特集コーナーで「特製フィルター」と紹介されてたの
どう見ても黒ナイロン袋だったので
情報は無かったのですが急遽黒ナイロン袋でいけるんちゃう?と用意
「イケル、イケル」と家内にはそれを渡し(赤外線は透過するんやろうなあと思いながら)
僕は屋上に上がりました
d0144550_13543977.jpg
     カメラと天体望遠鏡
天体望遠鏡には太陽観測用の接眼レンズアダプター装着です

ちなみにカメラの前面に黒ナイロン袋を被せて撮ったのは
d0144550_13564521.jpg
     こんな感じです。直接肉眼で見るのと同じ色調です

やはり数日前からテスト撮影なり用意すべきでした
今日のベストショットは
d0144550_13582955.jpg
     天体望遠鏡の接眼部にiPhoneを押し付けて撮ったの(望遠鏡は逆像)

世紀の天体ショーだったのに用意不足で
トホホでした
[PR]

by masagoon | 2012-05-21 14:02 | Comments(4)

フィキシングボルト用携帯締め具

昨日の山サイで不覚にも
「クランク緩む」という整備不良が明るみになったことで
今まで携行したことなかったコッタレス抜き締め工具をどうするか
考えました
僕は普通の人よりも工具はいつも多く持ち歩いてると自負してます
 チェーン切り(8速、9速用のアンプルピンも)
 8x9、10x12のスパナ
 プライヤー
 差し替えドライバー
 1.5〜6の六角レンチセット
 ニップル回し(少し前まで良くお世話になりました)
 150mmのモンキー
 金属製タイヤレバー2本
 フーデッッド用のブレーキワイヤーにスペアネジ少々
 マファック用のブレーキシュー2個(さすがに最近は家に置きました)
 パンク修理セット
 缶切り
   などなど

クランクのフィキシングボルトが緩むなど今まで40年程(中抜けありますが)の
自転車人生で一度たりとも無かったことですがポンコツ合わせて十数台の自転車を
とっかえひっかえ乗ってる現状ではホントたまにしか乗らないのも出て来るので
1度あったことは2度あるかも知れないということで
締め具も携行することにしました
コッタレス抜きをそのまま持つのは大変重いので
d0144550_16305649.jpg
     こんなの作りました
14mmのボックスレンチの頭2面をグラインダーで削って16mmくらいにしました
これでモンキーで回せます

まあ日頃の点検整備が第一なんですがね

あっ!忘れてた
 150mmのモンキーでくわえられるか?確認するの
[PR]

by masagoon | 2012-05-17 16:35 | 自転車いじり | Comments(16)

水曜日組、鳥脇山〜中山

水曜日組は本日は鳥脇山〜肝川〜中山方面へ行って来ました
山の麓のコンビニで待ち合わせ長尾山トンネルを越えます
d0144550_1955527.jpg
     山は新緑から深緑になって来ました
今日は昨日また雨が降って山道はマッディーで谷筋などにも水が沸いてると予想
湿地にマムシが出ることも予測されるので↓持って来ました
d0144550_1959630.jpg
     自家製ポイズンリムーバー(ネットの記事を参考に注射器改です)
榎峠から鳥脇山へ
d0144550_2014334.jpg
     ゆうとさんのブレーキの調子が悪く、ちょこっと調整
山頂からDHコースを下りました
前回来た時と木々の生い茂りが全然違い、まるで別世界です
一旦肝川に下り、また登り返して「山の駅」のファントレイルを走らせていただきました
パレットで作られたシングルジャンプ台を飛びました
2回飛んで2回目ビデオで撮してもらったんですが帰って見てみると
d0144550_20204455.jpg
 自分では華麗?に飛んだつもりでしたが単に『落ちてる』だけっていう感じでした

下って山の駅でランチ、今日はエビフライとチキンのトマトソース煮
大変美味しゅうございました
食べながら帰りのコースを考え
もう一度林道から鳥脇山に上って、山頂から榎峠に下り
(この道は先週も下りましたが気持ちの良い下りです)
さらに十万辻へ
この上りでクランクにイヤ〜な違和感を感じました
トンネルを抜けて停車し、確認すると
コッタレスシャフト固定のボルトが緩んでます
とりあえずプライヤーで締めますがほとんど改善しません
仕方なく出発、舗装路を下って途中から中山山頂を目指します
九十九折れの激上りを押し上げ、ゴルフ場の横をすり抜け
土塁の細い道を走り、山頂北の馬ノ背に出ると思いきや
道を間違って直接尾根道に出てしまいました
尾根道からさくら台へ(この下りも気持ちいいです)
d0144550_2035878.jpg
     一旦高級住宅街に出て再びトレールへ
東尾根を下ります
d0144550_20355338.jpg
     距離も長く下りトレールを楽しめます
最後は中山寺の脇に降り、本日のトレールお終いです
駅前のコンビニで水分を補給
出発した途端、また先週に続き左足の太もも内側がツってしまいました
ゆうとさんと別れて、またクランクがガタガタになって来たので停まってプライヤーでできるだけ回しますがデンデンあきません
なるべく右でペダリングしようとしたら、今度は右側の太腿もツる始末
数キロ走るごとにシャフトボルトを締め直しますがママチャリ並の速度でしか走れません
里に降りてから1時間以上掛けて帰宅

疲れました。ホント
d0144550_20442660.jpg
     本日のコース、走行距離約60kmでした
先週の標高軌跡と比べると「山』が一つ多いです

存分に楽しめました
ゆうとさん、お疲れさまでした
[PR]

by masagoon | 2012-05-16 20:47 | 自転車(MTB系) | Comments(6)

30年前のタイヤ、降臨

義父の見舞いに行った次男のママチャリがパンクしたそうだ
そのタイヤは前にも一度バーストしたのを内側からバースト補修用の専用パッチを当てがっていたものでした
いよいよタイヤ交換しか道はないようだ
でもママチャリのタイヤってどう考えても高いように思う
700Cのスポーツタイヤなら専門店で2000円以下で手に入るのに
たかがママチャリタイヤがコーナンなどホームセンターでだいたい1500円くらいする
Uパーなんかに安いママチャリタイヤ(26x1-3/8)置いてないし
!いっぺんアマゾンで見てみようと思ってネット見てもやっぱり1500円
・・・
そうや!学生時代に交換したタイヤ(3/8用のオーバーサイズ)があったはず
倉庫の中から出してみました
d0144550_17154367.jpg
     ビニールを巻いてあったお陰で使えそう
さすがにアメサイド部はカチカチになってるけどトレッド部はヒビ割れもほとんどなく使えそうです
僕が今乗ってるMTBのタイヤよりもひび割れ少ないです
自慢じゃないけど5台程あるMTB、スリックタイヤ以外のタイヤ、新品で買ったことないです
だいたい「MTBジャンクパーツ一式」などオークションで買ったものばかりなんです

ビート部はこれまた硬化しててリムとズレそうだったので
ボンドを薄く塗って対処(これはMTBでも使ってる手です)
d0144550_17245488.jpg
     パナじゃないよ、ナショナルタイヤ650A
[PR]

by masagoon | 2012-05-11 17:27 | 自転車いじり | Comments(10)

雨の雨森山

本日の水曜日組は雨のためお休み
まる(犬)の散歩に出かけると六甲山が見えるくらい雲は高い様子
雨が降るまで走ろうと、雨森山目指して一応カッパを持って出発しました
d0144550_223122.jpg
     猪名川沿いを北上しますが雨がポツポツ
d0144550_223479.jpg
     河原のオニクルミの木にも雌花、雄花が付いてました
d0144550_2253553.jpg
     川西池田では恒例の川渡り鯉のぼり
川西池田から一庫へ、ここで雨が本降り
d0144550_2263948.jpg
 能勢電のガード下で30分ほど雨宿り、オニギリを食べたりして時間を稼ぎますが
止みそうにないので意を決して上下カッパを着込みます
このままカッパ着てこのまま帰ろうかとも思いましたが、雨森山への取り付きだけでも確認して帰ろうと一庫ダムサイトを登りました。登ったところで雨がやみました
d0144550_22135283.jpg
    知名湖畔に出ると湖面はみごと外来種の藻で覆われてました
(これでは釣りもできませんなあ)
4つ目のトンネルの横に登り口がありました
d0144550_22213340.jpg
     地図で見てると舗装路かなと思ってましたが急勾配の地道です
この入口にこんなものが
d0144550_2223056.jpg
目なんて見えてるのかなと思いますがカメラを向けると警戒して目を引っ込めました
ここから押しです
d0144550_22274122.jpg
     階段とは聞いてましたが巡視路のプラ階段ほど急ではなかったです
d0144550_22284521.jpg
     稜線に出る頃には薄日が射し始めました
少々蒸しますが新緑の香りが清々しいです
間もなく山頂
d0144550_22301671.jpg
     雨森山山頂(383.7m)です。木々の新緑で見晴らしはイマイチ
d0144550_22322311.jpg
     少し下ったとこからは南側の眺望が利きました
稜線を下ると林道にぶちあたりそれを下ります
d0144550_22333937.jpg
     ツツジの季節は終わりかけですがこんな花が咲いてました
またこんなのも道端によく見ました
d0144550_22451747.jpg
     なんだか食虫植物のようにも見えます
後で調べると「マムシグサ」というそうです
林道から内馬場の方へ降りました
d0144550_22444798.jpg
     このころ最高に天気良かったです
お昼はココ
d0144550_22462797.jpg
     山の駅、既に正午をまわってたので数組のお客様が居られました
本日のランチ
d0144550_2248171.jpg
  大変美味しゅうございました。お忙しそうなマスターと少しお喋りして出発
肝川から鳥脇山の西尾根に一旦あがります
途中のノリ面に破竹のタケノコ発見!少しいただきます
d0144550_22495762.jpg
雨後で地面は濡れてるし沢沿いなのでいかにもマムシなど蛇が出てきそうな雰囲気です。これからの季節はエマージェンシーキット(毒の吸い出し)は必携ですね(是非手に入れなければ)
途中で山椒の木を見つけ(前回の山サイの際には見つけられなかった)新芽を十数枚摘みました。非常に香りの強い上物でした
ヒイヒイ言いながらやっと稜線
d0144550_231346.jpg
     前回ゆうとさんと来た時より緑が生い茂り雰囲気が違います
ここから尾根沿いを鳥脇山まで上り、いつも榎峠から押して登ってる道を一気に下ろうと思います
尾根道を上ったり下ったりしますが、何度も東側からは来たこととあるのですが逆に行くと雰囲気が全然違い「こんな急坂あったかなあ?」と思いながら下ってると
谷の方から谷川のせせらぎの音、道間違ってるやん!
山頂から下ると決めていたのでその急坂をもう一度戻りました
やっと山頂
d0144550_23134171.jpg
   ツツジが咲いてました。山頂や途中の送電線の鉄塔下などではズッとクマ蜂がホバリングしててウルさいやら怖いやら(クマ蜂って人を刺すんですか?)
前回の山サイからゴリラポッドSLRを使ってます
(前のゴリラポッドは何度か足の千切れたのを修理しましたけど、最後はどこぞの山で落として来てしまいました)
SLRは結構いいお値段しますけど家内が「M電化で処分で¥1,000やったんで買って来たで」ということで使ってます
少々ゴツイですが
d0144550_23224351.jpg
     少々太い幹でもOKですし
d0144550_2324351.jpg
     こんなことも出来ます。(下りの動画も取りましたけど見れる画像じゃなかったです)

一気に榎峠まで下りました
d0144550_23253610.jpg
     ここから階段を下りて夕方に用事があったので一気に帰って来ました

本日の収穫物
d0144550_23264167.jpg
     破竹と木の芽(タダでは帰って来ませんなあ)

本日の走行距離:62km 
帰りの伊丹荒牧のあたりで足ツリました

d0144550_949511.jpg
     スタート地点は能勢電ガード下の雨宿りポイントから
[PR]

by masagoon | 2012-05-09 23:32 | 自転車(MTB系) | Comments(8)