<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

酷道477号線の旅(その1)

日頃走ることも多い国道477号
ふとした時、この道が大阪府池田市と三重県四日市市を結ぶ迷走酷道477線で
その筋のマニアには有名な道だと知り、いつか走ってみたいと思ってました。
暑くなるまでにと思い、昨日走ってきました(半分だけ)。

数日前までの天気予報では雨の気配だったので前後マッドガードを装着しました
前日の予報でも夕方から雨だとか、出る時に降ってなくても装着したままで行く気だったのですが、不安定な装着の仕様で前回のバイオペースギアのように使ったこと無い物と長距離付き合うのは想像外のトラブルに見舞われることもあり出発前に(今日は天気持ちそうということで)外して出発。
もちろんバイオペースの飛び飛びセンターギアも通常のギアに交換しました。
(アウターとインナーはバイオペースのままです)

自宅を5時前に出発
477号線の起点になる池田市の呉服橋東詰めが本当の出発点です
d0144550_20545921.jpg
  176号と173号の標識はあるのですが477号に関するものは判りませんでした
「四日市」行きだと方向からいえば南東の方角、176号と併用で一旦大阪梅田に出てと思いますがなぜか反対方向の北に向かって出発することになります。
起点からはは173号と併用区間ですので猪名川左岸に沿って鼓滝、多田と進みます
初めて国道477号の表示が現れました。一の鳥居です。ここから単独の国道となります
d0144550_2055833.jpg
     ここで「右R477→四日市って掲示したら『アホか!』ですよね
d0144550_20551515.jpg
     ここまでは大阪府から兵庫県、また少し進んで大阪府へ
d0144550_20552384.jpg
     妙見リフトの手前でまた兵庫県へ
d0144550_20553141.jpg
     大槌峠を越え東郷バイパスを進み「ひいらぎ峠」です
水曜日組でMTBで小和田山から降りてきたところでもあります。
これまでの摂津の国から丹波の国へ 
亀岡市本梅で372号に合流
d0144550_20553981.jpg
     京都北山に行くなら右に曲がった方が近いのですが・・・道は左へ
新しい新世紀第二トンネルです
d0144550_20554633.jpg
   旧道はフェンスで閉鎖されてます。この区間も相当酷道だったらしいです
d0144550_20555444.jpg
     南丹市園部河原町から八木町まで9号線と併用となります。
通勤時間帯となり交通量が多くなります。
d0144550_2056172.jpg
     併用区間でも477の存在感があります
八木町から新道で左折、旧道は八木の駅前で迷走してるらしいです。
新道でいけると思いきや突き当たりで道は行き止まり
100mほど畑の中を走ってまた合流、いよいよ山間部へ
d0144550_2056893.jpg
     池田からのセンターラインはここまで
京北町周山に向かって上って行きます
府道50号線と廻り田池のところで合流
d0144550_20561556.jpg
     思った程の登りじゃなかったです(この辺りまでは余裕です)
d0144550_20562392.jpg
     杉林と桂川に沿って周山へ
d0144550_20563036.jpg
     この杉の大木、銘の通った北山杉だから相当するんでしょうね
最後に小さな峠を下ると周山です
d0144550_20563713.jpg
     左はJRバス周山駅です(バスでも駅っていうんですね)
ウッディー京北の北側のスーパーでオニギリなど買い出しして出発
d0144550_20564668.jpg
     この看板、この辺にいっぱい出てました。ホンマに出るんやろか
アユ師で賑あう桂川を遡って行きます。所々にオニクルミの木がありました。
d0144550_20565658.jpg
     いよいよ北山区間のメイン、花背峠への登りの始まりです
特に激坂ということもなく花背峠です
d0144550_2057498.jpg
     鯖街道の旧道は尾根筋を通ってるみたいです
国道をトレースする旅でなければここから稜線を行けば、次の百井峠通らずに行けそうなんですが・・・
d0144550_20571131.jpg
     北側からの上りに比べて南側の方が坂がきつそうです
道にはグルービング(縦溝)が施されてます。二輪車の暴走防止の為だそうですが
自転車にも厳しいです。今日は1.50のスリックタイヤですがロードの細いタイヤではキツそうです。
で、酷道477号のメインイベントである「百井別れ」です
d0144550_20571820.jpg
     花背から百井に行く車は少ないのでしょうが
d0144550_20572866.jpg
     普通車以上であれば切り返しは必至です
d0144550_2057373.jpg
     いきなり激坂になります。舗装も荒れたコンクリになり押しました
d0144550_20574629.jpg
     頂上近くになると勾配も落ち着き、百井峠です
百井の集落を通り、ほんの少し上って
d0144550_20575464.jpg
     前ヶ畑峠です。ここからの下りも激坂でした
d0144550_2058452.jpg
   途中から見渡せた北東方面、山の向こうに琵琶湖の対岸の町が見えました
大原から少し途中寄りで367号鯖街道に合流
d0144550_205812100.jpg
     久しぶりに見る信号機です
緩い坂を上って
d0144550_20582033.jpg
          途中峠です
下って
d0144550_20582845.jpg
          途中トンネル
堅田に出て、琵琶湖大橋もR477の一部
d0144550_20583744.jpg
           本日最後の峠、琵琶湖峠頂上?
d0144550_20584549.jpg
     湖東に入ると477は浜街道に合流
d0144550_20585428.jpg
    なぜ、左に曲がるの?それは左方向に橋があるからよ
国道だったら真っ直ぐ進んで橋掛けろよって・・・
湖東に入ってから向かい風が強くなり平地でまた足が吊りました
(そんなに踏んでないねんけどなあ・・・)
d0144550_2059169.jpg
          守山市から野洲市に入って
d0144550_2059930.jpg
        さらに近江八幡市、この辺でも迷走してますね
 
d0144550_20591764.jpg
     いよいよこの旅の中継地、本日の終点JR篠原駅が近づきました
d0144550_20592761.jpg
     ビールが買えたらすんなりここから輪行って思ってたんですが
自販機はソフトドリンクだけで駅前に店も無いので、少しでも電車賃を浮かせるため新快速の停車駅でもある隣の野洲駅まで走ることにしました
d0144550_2059361.jpg
  野洲の駅前に格安チケット販売機があったのですが微妙に使用時間に間に合わず
尼崎までの普通運賃も先ほどの篠原駅からと同額、ショック!
ケチな気を起こしたお陰でビールは買えたものの出費は同じで1時間近く無駄にしてしまいました

あ〜疲れた

次回はいつになるかなあ
今回の行程では終点(本当は起点)の「↑四日市」って標識は現れませんでした
最後の最後に「↑竜王」ってのが進行方向最遠でした
次回は鈴鹿越えで四日市ですのでそのまま輪行で帰ってきたら電車賃高くつくので
四日市から関西線に沿って柘植、草津に戻って来るようなコースでって考えてます
また、いつも何処かで美味しいもの食べたいなあと思ってるのですがいつもロングを走る時は2時間に1個コンビニオニギリを食べるようにしてるのであまり食欲わかず面白みもありません。

もっと余裕を持ちたいなあ

本日の走行距離:175km(サイコンの表示ですが5kmほど多めになってると思います)
本日の出費:出発時ローソン100でオニギリ2個¥210
      周山のスーパーで牛乳とオニギリ2個と3個入り稲荷(結局持ち帰り)
      計¥500弱
      自販機でジュース¥100
      野洲〜立花JR運賃¥1,450
         以上でした

d0144550_20594785.jpg
         本日の行程
[PR]

by masagoon | 2012-06-27 21:00 | 自転車(舗装路系) | Comments(17)

実戦投入してみないと判らんもんです

 台風一過の今日の定休日は荒れた天気で走れないと思ってたので釣りにでも行こうと思ってましたが案外天気が良かったし家内も「どっか行って来たら」というので朝、トイレの中で行き先を考えて8時前に出発しました。
 本当はFサスを交換したノルコ号の試走で山サイに出かけたいところですが山は超マッディーだろうし曇ってて雰囲気悪いし、ジメッとして「クロメマトイ」がいっぱい居てるやろうと思って久々にオンロードで行くことにしました

 本日は僕としては初めてリッジランナーをサイクリングに使いました
元々は175mmのクランクが付いてて大変扱い難かったのですが
そのクランクはヤフオクで¥1,500で売り飛ばし
替わりに170mmクランクにバイオペースギアを装着
長いステムにストレートバーだった物を適当なステム&オールラウンダーバーに換装しました
自宅から171号線を東へ箕面の外れから大阪モノレール彩都線沿いに北上
d0144550_2174972.jpg
     知らぬ間にこんなに開発されてたんですね
ここに来るまでは変速しても普通に走れてたのですが、モノレール沿いのアップダウンをセンターギアで踏ん張ると『ガックン!』 ギア飛びです。
組み替えた時から「このギアちょっと減ってるなあ」と思ってたのですが
大昔、フリーが歯飛びしたことはありましたがフロントギアでも飛ぶのですね
家の周りをテスト走行した時には判りませんでした
それにアウターローにして踏ん張るとアウターからセンターにチェーンが落ちてしまいます
チェーンラインがまずいのかバイオペースのギアの動きによって変速ポイントがつけられるようで、この辺が楕円ギアの泣き所なんでしょうか

上り基調のアップダウンをこなし
d0144550_21233310.jpg
     彩都西駅です。駅の周りも開発が進んでます
道を間違って一旦造成地の一番高いところまで上がってしまいました
道を確かめ駅から北東方面に少し入ると雰囲気は一変、日本の原風景に
d0144550_21273054.jpg
     府道1号線といいながら一部大型車通行不能です
ここ茨木、高槻の山間部は採石場が多く大型ダンプの通行量も多いです
道は茨木街道となり
d0144550_21344838.jpg
          忍頂寺交差点
清坂の集落から清坂峠へ
d0144550_21373192.jpg
     集落から少し上ったら下りになりました
(あれ?さっきのところが峠?)と思ったらさらに下って
d0144550_21441252.jpg
     県境がありました。やっぱりここが清坂峠ですか?
茨木街道は亀岡盆地に降り立ちます
d0144550_21512151.jpg
     裾野の「與能(与野)神社」です。
ここの境内にも湧水があって名水に選ばれてますので寄ってみました
d0144550_2157640.jpg
 単に沢の水かなと思って水源を探すとパイプで何処かから敷いて来てるようでした
京都学園大学まで下ってもう一つの厄済神社に寄ることにします
前にも探しに来たことがあるのですがウル覚えで来たので行き着くことが出来なかったのですが、スマホに換えた今ではすぐに探し出すことが出来ました
(いい時代になりました)
d0144550_2241165.jpg
     厄済神社です。お社とご神木があるだけのこじんまりした神社でした
肝心の湧水はなぜか出てませんでした
大学前のローソンで休憩し摂丹街道で池田に向けて帰ることにします
亀岡盆地から一気に九十九折れの坂を上ることになるのですが
地図を見ると「万寿越え」という脇道があるようなのでそちらのほうへ行ってみます
途中に破竹が出てたので4本ほど採りました
d0144550_22144571.jpg
     入口から超グチャグチャの道で道を間違えてしまいました
道を探し直すことなく国道で帰ることにしました
一気に上ると、あとは余野川に沿って池田までほぼ下りです
d0144550_22295558.jpg
     ハイペースで走り、止々呂美を通り
あっという間に池田の市街地に出ました
今日は猪名川の左岸で帰ることにします
d0144550_22322435.jpg
   いつもの右岸に比べて土手から離れてるので少々風当たりが強いようです

午後2時前に尼崎へ
うどん屋のマスターのところによって
ビールとぶっかけうどんWを頂きました

本日の走行距離:95km
今日は足吊りませんでした

リッジランナー&1.50のスリックタイヤは圧を上げているにもかかわらず
乗り心地ソフトで走りやすかったです
センターギア、交換する前にヤスリで修正してみよっと! 
      ↑どこまでケチやねん
[PR]

by masagoon | 2012-06-20 22:39 | 自転車(舗装路系) | Comments(9)

ナマズを捌く

14日に釣ってきたナマズを昨日捌きました
d0144550_16341473.jpg
     大きいと水の汚れもひどく朝晩換えても濁ってます
昨年捌いた時は頭をハンマーで叩いてからヌメリを取るのにお湯を掛けた途端
バッタン、バッタン暴れられてそこら中、半分凝固したヌメリだらけになったので
今回は長い釘を頭に打ってさらに叩いて一旦締めました
ヌメリを取るのは今回は
d0144550_16401485.jpg





 ヌカで揉んでみました
 これでも時々「グォ!」っと動きます

一度水で流してさらにヌカで揉んでと2、3回繰り返しました
まな板の上において下あごを先ほどの釘で固定します
d0144550_16464174.jpg
     まな板の長さが66cmですので68cmくらいありますか
 昨年のものの方が大きいかなと思ってましたが
 写真を見比べると今回の方が5cm程大きいようです

頭の後ろから包丁を入れて開きます
d0144550_16525867.jpg





 思ったより内蔵は少ないですが
 緑色の卵がちょっと不気味です

さらに背骨を取って
d0144550_1655598.jpg





 ま、いつ見てもキレイな身です


天婦羅用に細切りと蒲焼き用の切り身に分けました
d0144550_16572960.jpg





ボウルの中は「たたき揚げ」を作る為の頭以外のアラです

ナマズをさわっていつも思うのですが
これだけ大きい魚なのにほとんど魚臭さというか生臭さを感じません
これがスズキならそこらじゅう臭い臭いになるんですよね
ただ、あれだけヌカでヌメリを取ったと思ったのですが身体はそれほどじゃないのですが胸ビレのカマの部分は何度洗ってもヌメリが出てきます。
思うのですがナマズ全体のヌメリはこの胸ビレあたりから分泌されるのじゃないですかネ

さて「たたき揚げ」ですがネットで大体のレシピを仕入れました
まずフードプロセッサーにアラを入れて
d0144550_1765079.jpg



スイッチ、オン
実はこのフードプロセッサー家内の実家から持ってきたもので使うの初めてなんです

スイッチを入れたものの全体にグルグル回るだけですり潰されてる感じがしません。
いっぺんに入れたらあかんのかと半分程に減らし、背骨も幾つかに切り分けました
モーターが悲鳴を上げます
開けてみると歯に背骨が突き刺さってました
またナマズのカマの骨も相当に固くゴッツイので粉砕はできない模様です
仕方なく箸で大きな骨を取り除きました
なんやかんやで30分近く掛かったためモーターの熱でやんわり温くなってきましたが生臭くもならずミンチが出来上がりました
このミンチに牛蒡、おろし生姜、つなぎに小麦粉少々と玉子を加え味噌で味付けをして油で揚げて出来上がりです
蒲焼きは今回はスチームオーブンで白焼きし、続いてグリルで焼きました
で、出来上がりです
d0144550_1720535.jpg
     これはうどん屋のマスターのところへお持ちした分です
たたき揚げは味は良かったもののまだまだ大きな骨が入ってて相当出さないとだめでした
天婦羅、蒲焼きはそれなりですが皮が固くタイヤチューブのように感じました

食材としては良いと思うのですが
こう大きいとやっぱり捌くの大変やし皮は固いので
食べるなら30〜40cmくらいのがいいでしょうね
背割りにして一匹まるまま蒲焼きにできるサイズですね

僕は普通でしたが
「美味しいよ」って結構食べてくれた家内の母は
今日は腹具合がワ・ル・イ・・・・・・とか

しばらくナマズはもういいです
(食べてみたい方いらっしゃったら都合しますよ)

今朝ノルコ号のサス交換しました
d0144550_17294615.jpg
     130mmストロークってことでしたがどない見ても100mmしか動きません
文句言いたいところですがまあ動きは良いのでこれでいこうと思います
[PR]

by masagoon | 2012-06-18 17:33 | 釣り | Comments(7)

今晩の漁

明日から雨だというので夕食後行って来ました
実は6/9(土)の夜もウナギはあきらめて
自転車での近場ナマズ釣り用に作った1m弱の竿の
テストを兼ねてちょこっと行ったのですが
グリップの強度不足でグニャグニャした感じだったのを
アルミパイプを補強に挿入し
今晩はウナギとナマズの二丁立てで行って来ました
ウェーダー履いて先にルアーを投げますが渇水で藻が多く
投げるたんびにモズク状態になって帰ってくるだけです
アタリがないのでライト照らして入水
ウナギ探しですがスリットに姿なく、諦めかけたとき魚道下に中型発見
慎重に針先を持って行って『エイッ!』・・・スカでしたニゴリを残して逃げましたが、
離れたところで藻に頭を突っ込んで胴体が出てるじゃありませんか
今度こそと思って『トリャ〜!』また、逃げられてしまいました
後で針先を確認したあら針先が曲がってました
これでは指にでも刺さりませんわ
気を取り直して対岸に移動
まずルアーを投げます
2投目、「バコッ!」
乗ったー、デカイ!
d0144550_22345052.jpg
     食べるのにはちょっと大き過ぎかなあ(捌くの大変)
でも、キープしてしまいました
その後もう釣りはやめてウナギを探しましたが姿無しでした

いつ捌きましょうか・・・
テナガエビもまだ小さいですがちらほら見ました
[PR]

by masagoon | 2012-06-14 22:38 | 釣り | Comments(8)

水曜日組、鳥脇〜岩根山〜中山

本日の水曜日組はまたまた鳥脇山方面へです
そして「山の駅」さんのファントレイルの宝物を探してタダでランチを頂こうという魂胆です
9時に麓のコンビニに集合、そして出発
d0144550_20363526.jpg
     山々はもう緑濃く夏山の体ですね
榎峠から鳥脇山山頂、今日は前日の雨でヌカルんでるだろうと西尾根を途中まで下って途中から鋭角に北東に道をとります
分岐点で本日のスペシャルゲスト「passハンターくん」から連絡
今、榎峠の階段したに到着したとのこと
北斜面の送電線下の見晴らしのいいところで待ち合わせすることにしました
d0144550_2043371.jpg
     しばらくしてすぐ横に到着と電話があったものの現われず
電話の生声が聞こえる距離に居たものの彼は違う道を通り先に下におりてるとのこと
林道終点の廃屋で落ち合うことが出来ました
そして岩根山に行ってみます
尾根沿いに感じのいい道を少し走って山頂です
d0144550_2048656.jpg
     記念撮影の後、来た道を一旦廃屋まで戻りました
そこからダウンヒルコースを下り、ファントレイルへ
この周回コースに隠されたお宝(自転車パーツ)を探しますがなかなか見つかりません
そして、やっとこのボクが見つけました
d0144550_2053132.jpg
     お宝の中では一番大きいMTBホイールです
他の3つは結局見つけることが出来ず、山の駅へ
d0144550_20541861.jpg
     美味しいランチを頂きました
それとお宝1つゲットのご褒美にマスターからのコーヒープレゼントと僕が持ってた期限切れのサービス券でケーキセットにグレードアップすることが出来、リッチなデザートを頂くことが出来ました
(マスター、有り難うございました)

食後は用事のあるpassハンターくんとはここでお別れ
我々水曜日組は肝川から鳥脇山西尾根へ上りました
登り口の道はブッシュに覆われ、知ってる道なのと相棒が居るお陰で先に進めましたが、これが一人だったら諦めて引き返すことになったでしょうね
尾根に出たあとは少々の疲れもあり、さらに登ることなく素直にそのままクリーンセンターのほうへ下山
舗装路を十万辻へ
d0144550_2155587.jpg
     今日のゆうとさんは珍しく少々バテ気味
舗装路をハイスピードで下り途中北面から中山へ上ります
急斜面の九十九折れの押し上げは応えました
ゴルフ場の横を抜け、土塁道を通り、最後押し上げて
山頂北側の馬の背です
d0144550_2194554.jpg
     馬ノ背の両側は深い谷になってます
山頂で少し休憩し、尾根筋を西走
北西方向、自衛隊の演習地方向へ下りました
d0144550_2112687.jpg
     山の中では少々派手で綺麗な山百合が咲いてました
川筋を通ってるときに左足腿内側が激しく吊ってしまいした
そして演習地です
d0144550_21193015.jpg
          疲れた〜
この道を走ってるとき後ろからメガクルーザーが走って来ました
いかにも『軍用』って感じがしました
少し道を間違え、途中から清荒神方面への道を下りました
d0144550_21205784.jpg
     このガレ場、全然乗れませんでした
最後に大林寺に降りて本日のトレイルは終了です

最後舗装路を「宝塚歌劇場前」の交差点に降りて来たら
交差点横に
d0144550_21263373.jpg
     一条のTREKショップができるようです
定休日が木曜のようなのでまた一度覗いてみます
(まあ、僕に買える物はないでしょうけど)

ここでゆうとさんとはお別れ、僕は武庫川CRで帰って来ました
途中でまた足が吊りました

本日の走行距離:60km

気温の上昇とともに大変疲れました

ゆうとさん、passハンターくん有り難うございました
またご一緒して下さいね
d0144550_21372461.jpg

[PR]

by masagoon | 2012-06-13 21:18 | 自転車(MTB系) | Comments(9)

金星による日食

先日の金環日食に続く天体ショー
本日は「金星による日食」(正式な名称は何ですか)の日でした
ここ尼崎の天気は先日の金環日食の時と全く同じ、少々の雲がありました
時折分厚い雲に覆われるもの
9時41分には
d0144550_21203592.jpg
       黒点も確認できます(トリミングなし)
今回はデジ一+望遠は清く諦め
天体望遠鏡+太陽観測フィルター+iPhoneで撮りました
直前に天頂プリズムをバラして清掃したので前回よりも鮮明に撮影できたように思います

子供達より大人のほうが何か必死で観てるような・・・
[PR]

by masagoon | 2012-06-06 21:26 | Comments(11)

苦節2年で

いつも神戸で仕事がある折に時間待ちにタコ釣りをしてました
年によって当たり外れがあるのか昨年は何度もトライしたのに
1杯も釣れませんでした
で、今年は
タコは梅雨明けじぶんからがシーズンらしいですが
明石の方の乗り合い船ではそろそろシーズンイン
そこで今日のしごとの合間に
いつものポイントではないのですがその昔、根掛かりは多いもの大きなタコが釣れるポイントでやってみました
しばらくアタリなく、テンヤも1つロスト
もう一度探ってアタリなかったら移動しようと思ったその時!
d0144550_199895.jpg
     ???オリャ〜!、ナマコを抱いた中ダコです、お〜!ヒ・サ・シ振り
5mほど移動して
d0144550_1992277.jpg
     オ、オリャ〜!、マグレでなく2杯目、
また5mほど移動して
d0144550_1993611.jpg
     オ、オ、オリャ〜! 今日はなんちゅう日や
またまた5m移動して
根掛かりです、でも根掛かりを外した時にタコが乗ってくること多いのです
そして竿をオリャ〜とあおったら!
スルッ!、あれ?あれ?、チャポ〜ン
なんと手が滑って竿、リールごと道具が飛んで行ってしまいました
ガ〜ン・・・・(すぐに水没)
まああのリールは十数年前、伊丹の瑞ヶ池の池底から救出したリールやねんけど・・・
大した竿、リールではないのですがネ

まあこんなアクシデントでもない限り
安もんばっかり沢山ある釣り具、消費しませんからね・・・

久々に腕をタコに巻かれました

本日の釣果:タコ(470g、680g、725g)ナマコ3つ合わせて275g
d0144550_1384197.jpg
     ofはやまくんのリクエストにお応えして
[PR]

by masagoon | 2012-06-03 19:10 | 釣り | Comments(10)