<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

たくさんのMTバイカーさんとご一緒させてもらいました

夏に一緒に走っていただいたO本さんにお誘いいただきまして
お仲間5人と平成24年の走り納めをご一緒させていただきました

午前10時に一庫ダムサイトに集合ということなので
8時30分ころ自宅を出発、昼のおニギリの買い出しや写真を撮ってたら時間が迫ってきました
d0144550_2083843.jpg
  数日前の天気予報では雨模様ということだったのですが、日頃の行いが良いので快晴です
10時丁度に到着、既に皆さん揃ってられました
ほとんどの方のお顔は色んなブログで拝見してるので初対面という感じはしませんでした

早々に出発
d0144550_2013982.jpg
          中年オヤジの集団、北へ
舗装路の峠まで上り、そこから尾根沿いの林道を南下
そこから小径に入り峠部からシングルトラックへ
d0144550_20163026.jpg
          (私はすでにヘトヘトです)
一旦林道に降り、再度関電道の急なプラ階段を担ぎ上げて
d0144550_2019295.jpg
     陽の当たるところで昼食
お湯を沸かしてカップ麺を食べる人やオニギリの人、様々です
素晴らしいトレイルを下って、舗装路の峠を登ります
峠からさらに尾根道を第2ステージの取り付きへ
d0144550_20232682.jpg
     ここは何度か来たことがありますが極上の道です
d0144550_20271273.jpg
     高圧鉄塔下で小休憩、ほんとに楽しい一時です
途中から通ったことある道から別れこれまた素晴らしい道
d0144550_20323893.jpg
     今日は一日良い天気でした
一旦住宅街に降りてさらにもう一カ所、低山のトレイルを走って閉会となりました

O崎さん、O田さん、O東さん、もつ造さんそしてO本さん本当にお世話になりました
またよろしくお願いします
(若い人に連れ回されて50半ばの軟弱オッサンはヘトヘトでした)

来年もよろしくお願い申し上げます
[PR]

by masagoon | 2012-12-29 20:41 | 自転車(MTB系) | Comments(7)

あっ、アルビーが!(京都北山)

今日は京都で仕事でした
10時搬入で21時30分搬出
搬入して帰って来るのも高速代バカにならないし
家内が帰って来んでもエエと言ってくれたのでお言葉に甘え
自転車を積んで出かけました
搬入を終えその近くのコインパーキング(昼間最大500円)に車を置き
(これが最後にエライことに)
西大路通を北へそこから北野天満宮へ
d0144550_2356304.jpg
     えらい人出と思ったら「しまい天神」でした
つづいて先日テレビに出てた
d0144550_2357456.jpg
     千本えんま堂、えんま様は扉の奥で見えませんでした
北山通を走ってて交差点を行き過ぎて急にUターンしたらペダルに違和感
よく見るとリアでチェーンが外れてプーリーケージが歪んでるではありませんか
現役時代から使ってる変速機アルビーなんですがこんなこと初めてです
ここはぐっと曲げ直して修正です。ちょっとイビツですが変速も問題ありませんでした
鴨川沿いを北へ
d0144550_23591570.jpg
     上加茂の京都産業大学グランド横です。曇ってきました
府道から外れて九十九曲の急な登り
d0144550_074561.jpg
    画像では解りづらいですがメッチャ上りです
頭の上でカラスが鳴いて「なんか姨捨山へ上がって行くみたい」な気分
一旦坂が緩くなったところで「京都一周トレイル」に合流

今日は京都一周トレイルの北山西部部分を走ります
間もなく杉林に入り
d0144550_0115128.jpg
     盗人谷を上って行きます
d0144550_0123143.jpg
     時たま日が射します
時刻はまだ正午を少し廻ったところですがなんかもうすぐ夕方みたいな感じがします
最後、急坂を押し上げて
d0144550_0144258.jpg
          小峠です
気持ちのいいシングルを少し下って
d0144550_0161798.jpg
     氷室の集落に出ました。氷室跡を見学しました
氷室から舗装路で長坂峠へ
ここは京見峠のすぐ上なので見晴らしが利くところがあるかもと
峠から続く道へ入ってみましたが結局杉林の向こうに京都市内が見下ろせるものの
開けたところが無く、ぐるっと回って元の峠へ
でも、諦め切れず尾根沿いに上ってみました
d0144550_0211110.jpg
     結局北東方向を見渡せただけです
一旦京見峠へ下り、峠下から再度上り返します
d0144550_0222321.jpg
     急な坂道を押し上げて尾根筋に出ます
尾根に上がると京都市内が見下ろせます
d0144550_7513798.jpg
    ここでハンドルにとめてたゴリラポッドが無くなってるのに気づきました
さっき長坂峠の上でちょっとヤブ漕ぎした時に落としてしまったようです
d0144550_7575356.jpg
    この区間は実にいい道でした
気持ち良く降りてきたところが
d0144550_759158.jpg
     上の水峠です。ここでまたペダルに違和感?
d0144550_812486.jpg
    わっちゃー!またアルビーが歪んでるうえチェ、チェーンが・・・
45度以上捻れてしまってる!
今までチェーンが切れたことはありましたがこんなこと初めて
最悪ここから下山、ということも考えましたが修理してみます
捻れた部分を1コマ切るか悩みましたがここはモンキーとプライヤーで曲げ直しを試みました。
結果なんとなく上手くいったようです(フルセット工具持ってて良かった)
ここからも尾根沿いに沢山を越える予定でしたが道を間違え尾根を横断して北側の舗装路へ出てしまいました
d0144550_8101084.jpg
     沢の池です。誰も居ないと思ってたら中学生が釣りをしてました
池の淵からまた尾根に登って分岐点、ここでこのまま一周トレイルを行くかここから下山するか考えてそろそろ時間なので鳴滝の方へ下ることにしました
ここも気持ちの良い尾根沿いの下りシングル
岩の区間を下って倒木を越えたところでペダリングが止まってしまいました
(また変速機曲がった?)
アルビーを見てみると
d0144550_81609.jpg
   ・・・・・・・・どないなってんねん????
あっ、ちゃー直せるかな・・・・別角度から見ると
d0144550_8172548.jpg
     プーリーケージがスポークに刺さってます
アルビー君。どないしたん!
君はそんなに軟弱やなかったはずやで
金剛山も高野山町石道も下ってきたやん

僕が持ってる数あるMTBのなかで走行距離はこれが一番走ってるハズ
このままではホイールも回転しないし、一旦変速機を外さないとダメみたいです
まだ2時を少しまわったとこなのですが心は焦ってます。
変速機を外してスポークから抜き、再度取り付けてみます。
d0144550_913084.jpg
     やはり、ありえない角度になってます
手袋をつけて思いっきり曲げました
d0144550_923810.jpg
     一応走れる状態になりました
さすがオール鉄のアルビー、というかモダンディレーラーだったらこんなトラブルに見舞われなかったかというか、どうでしょうか
焦る気持ちを押さえ落ち着く為にオニギリを食べます。そして出発
d0144550_961818.jpg
    なるべくスピードを押さえゆっくり下ります
それでも転倒してしまいました。顔面から落ち葉に突っ込んでしまいました
なぜか笑ってしまいました
d0144550_984697.jpg
     やっと人里に降りました。やれやれ
ここからアテもなくブラブラします
曲げ直したアルビーでもちゃんと変速もしました
多少ノイジーですが今時のインデックスの変速機ならこうはいきませんよ
d0144550_9102465.jpg
          仁和寺に金閣寺(前を通っただけですけど)
鞍馬口通へ入って
d0144550_9104941.jpg
          船岡温泉、前回入浴したので今回はパス
同じ通りにある古い銭湯をそのまま使った
d0144550_9122324.jpg
     カフェさらさ(ここと船岡温泉は親戚筋だとか)
ここで食事を済ませ暗くなってきたので搬出の時間9時30分までどうしようかな?
そうそう春に泊まったゲストハウス楽縁に行ってみよう
行ってみるとオーナーさんをはじめ前にお目にかかった人が数人
心地よく迎えてもらって9時前までくつろがせてもらいました
若い人と雑談するのもいいもんです

そして時間になったので車を置いてる駐車場へ
料金を精算、その表示された金額
¥4,400
機械、おかしいで!こら管理会社に電話せんとアカンわ
料金看板表で電話番号を探して読んでみると
ちっちゃな字で
「毎月25日は特別料金30分200円(最大料金設定なし)」って書いてあるやん
こんなん詐欺や
できるものなら車止めを乗り越えて逃げたいと思いましたが、そんな事もできず
しぶしぶ料金を払って(持っててよかった)駐車場をでました

コインパーキングの料金表は隅々まで読みましょう!

気持ちの良い京都北山でしたが色々あった一日でした
あ〜コインパーキングが憎い

本日のコース
d0144550_121293.jpg

[PR]

by masagoon | 2012-12-26 00:23 | 自転車(MTB系) | Comments(20)

使い捨てと一生もの

そろそろ年賀状の季節(あと10日もありますやん)
いつもは旧式のエプソンのイングジェットで刷ってました
このインク、6色一体型で顔料なんですがサードパーティから詰め替えインクも出てません
黒だけやったら似たような顔料インクを詰めてみるという冒険もできるのですが
さすがに・・・(ネット検索したらしてる人いるかも?)
インクに¥3,000も使うのやったら新しいプリンターを買う方がエエんちゃう?
で、検索
結局カラーレーザープリンター買いました
d0144550_13294921.jpg
     NECのMultiWriter 5600Cというのです
パソコン関連でNEC製を買うのは初めて買ったワープロ「文豪mini3っだたか5だったか」以来です
カラーレーザー、ホンマに安くなりました
ろくせんきゅうひゃくはちじゅうえん
¥6,980ですよ!(もちろん新品、送料無料)
ちなみに交換用のトナー、純正でないリサイクル品でもセットで¥10,000するんです
通常交換品の感光ドラムは内蔵式で交換できないとか
感光ドラムがダメになったら破棄して下さいということです
それよりもトナーがなくなったら新しいの買って下さいってことです

トナーがなくなっただけで捨てる勇気あるかなあ・・・

先日、家内の実家を掃除しててオープンリールの5号録音テープが出てきました
何が録音されてるのか?家族の若いときの声?
早速、復活させた2台のTEACのオープンデッキ(復活させたもののほとんど使ってない、っていうか使い道がほぼない)に掛けてみます
当然2トラックで録音されてるやろけどA6700は38cmと19cmなので多分速度合わない。そこでA4300の9.5cmで再生してみるものの見事に倍速、つまり4.75cmで録音されてました
そこで倉庫に片付けてた大昔のSONYのオープンをひっぱりだしました
多分、最後に使ってから40年近く経ってるはず、当然真空管式です
モーターは回ってもゴムベルトが切れて使われへんやろうなあ・・・
d0144550_13514291.jpg
          40年の時を経て・・・
最初、電源の入れ方が判りませんでした
d0144550_22133767.jpg
      僕がこの歳の時にはあったんです(父は昔バンドマンでした)
ぐるり見ても電源スイッチないし・・・
トランジスタラジオがそうであったようにボリュームを上げるとパチンと電源が入るのでした

真空管が温まってボリュームを上げるとスピーカーから小さく「サー」という無音時ノイズ?が聞こえてきました。ボリュームを回してもガリはありません。実にスムーズ
あっチャー、テープスピード・・・これも19cmと9.5cmやん
実はもう一台、同じようなテープレコーダーあるんですがそれも19と9.5でした

このテープを再生するだけに古物のテレコ探すのもなんなので
9.5cm倍速で一旦パソコンに録音してオーディオソフトで速度を半分に、ピッチをオクターブ下げる加工するしかないですね

しかし、40年使ってなかったテープレコーダーが動いて、鳴ったとは
さすが世界のSONY、一生モンでした

一旦バラして注油などメンテナンスしてから録音作業に入りたいと思います
[PR]

by masagoon | 2012-12-20 14:00 | Mac | Comments(10)

ちょっとだけ東尾根

今日の定休日、午前中から義母の退院の為昼過ぎまでつぶれ
午後2時頃から暇になったのでちょこっとだけ走ってきました
自宅から一番近い中山東尾根に行って来ました
d0144550_2275797.jpg
     中山さくら台から生駒山方面を望む
今日の自転車は久々に「ブルー&イエロー号」
出発前にフロントサスのレッグ左右から10ccづつオイルを抜きました
(どうもストロークが少ないのに関係してるようでした)
d0144550_2293389.jpg
          夕暮れが迫ってます
さすがにこの時間、誰も居ません
d0144550_22103747.jpg
 誰も居ないシングルトラックと桜台小学校からの児童の遊ぶ声、何だか不思議です
さっ、さ〜と下って
d0144550_22164961.jpg
     いつ来ても面白い道です
d0144550_2217449.jpg
  昔、中山寺の境内に下ってきてガードマンにえらい怒られたことがありました

往復3時間足らずですが楽しめました
[PR]

by masagoon | 2012-12-12 22:20 | 自転車(MTB系) | Comments(10)

ちょこっとだけ鴻応山

すっかり真冬になってしまいました
本日の水曜日組は私の用事があって短縮版で大阪府と京都府の境にある「鴻応山(こうのやま)」に行って来ました
d0144550_21281492.jpg
     乳の泉(湧水どころ)の横に車を置いて出発
めっちゃ冷えてます。
田んぼの水溜まりにも氷が張ってました。登山口で何度か迷って
d0144550_2130245.jpg
     寒いですが上りで汗をかいてきたので上着を脱ぎました
ほぼ押して上り
d0144550_21334314.jpg
     別の登り口からの道と鞍部で合流、山頂をめざします
d0144550_21362914.jpg
     下りも同じ道を通るので倒木を処理しながら進みます
そうこうするうちに山頂に着きました
d0144550_21372497.jpg
          鴻応山(678.9m)山頂
標高はそこそこですが登り口の標高も高かったのでしんどくはないです
さすがに山頂は風がキツく山頂を外したところで休憩
ゆうとさん持参のコーヒーを頂きました(いつも有り難うございます)
落ち葉がたっぷり積もった道、「カサ、カサ、カサ」実に気持ちの良い下りです
先ほどの鞍部から少し下は倒木だらけ
d0144550_21455048.jpg
     明るい黄色の落ち葉が一杯で妙に明るいところです
杉林を抜け笹薮を下ったら舗装路へ出ました
ここで午前11時、本日はここまで
d0144550_2147876.jpg
     デポ地に戻る途中、今登ってきた鴻応山の全貌です
車に自転車を積んですぐ横の卵かけご飯の店で少し早い昼食
d0144550_21512846.jpg
     「弁天の里」ここらではチト有名だそうです
d0144550_21531018.jpg
     卵はかけ放題ですが・・・そんなに食べられる物じゃないですネ

どうもご馳走さまでした
今にも雪が降ってもおかしくない気温、雲行きでしたが
少しだけ「山ポタ」楽しめました
[PR]

by masagoon | 2012-12-05 21:55 | 自転車(MTB系) | Comments(8)