<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

NEWサスでチョロッと山サイ

性懲りも無くまたまたヤフオクでジャンクなFサスを手に入れました
ROCKSHOXのエントリーモデルのTORA-SLです(¥2,100でした)
出品者の弁では「走行距離は100km未満、ロックアウトが効きません」ってことです
TORA-SLはMt.FUJI29号(29インチハードテイル)に付いてるものと同じもので一度オーバホールもしてるので内部構造もある程度理解してるつもりです。
(油圧ロックアウトなのでオイルが少ないんやろ、と思ってました)
手元に来ると新品状態でオイル漏れの様子もありません
一度バラして規定のオイル量を入れて組み立てましたがやはりロックアウトは効きません。今度はロックアウト機構部のみを取り出し研究してみます。ユニットを口にくわえて息を入れてみますがやはり弁が閉じる気配がありません。結果どうも弁を押さえてるスプリングの長さが微妙に短いのとOリングの固定位置が元々間違ってた様で再度組み立てるとバッチリ修理完了しました。(一度自転車屋さんが修理のためバラした模様)
自転車屋さんが修理できなかったものを修理することができたので大自己満足することができました

これを新弟子君のマルゾッキのエアサスと交換しました
元のマルゾッキは元々付いてたやつなのですがエアサスの初期のモデルなのでどうも動き出しが硬く(サス、付いてるの?)と思うぐらいカタカタって感じでした
少々重量は重くなるものの今時のサスって感じで多少スムーズな動きのようです

今日は昼から雨模様という予報でおまけに13時に来客があるので早帰りです
ってことでTW山から山の駅さんの新しいトレイルを走らせてもらうことにしました

d0144550_22204013.jpg
     山の麓のしだれ桜が満開になってました
山の登り口にあるマイポイントのタラの芽
d0144550_22214776.jpg
  ピンボケで申し訳ございませんがこの周辺に4株程あったのですが道路の見通しの為に伐採されもうダメかと思われましたが小さな芽が出てました。しかし伸びるのは少し先のようです
続いて50mほど上にある株です
d0144550_22243052.jpg
  先ほどのところよりも上にあるにもかかわらずこちらの2株は毎年なぜか成長が2週間程早いんです。下のやつが採り頃となるとここのやつはもう食べられないくらいに大きく育ってるのです
今年はぜひとも採りたいと思います

トンネルを抜けていつもの定点撮影場所
d0144550_22291127.jpg
          山にはコブシの白い花が咲いてました
峠からはいつもの階段を上がります
ここにはたくさんのタラの木がありますが採る人が多いようでほとんど枯れてる様です
TW山山頂
d0144550_22313822.jpg
          いつもと写真を撮る方向を変えてみました
ここから西尾根を下ります
d0144550_22324387.jpg
     麓の方ではすでにミツバツツジが咲いてましたが尾根筋のはまだのようです
肝川からの道の峠部分
d0144550_22341060.jpg
     ここにはコシアブラが数株ありますがまだまだの様子でした
ここから小さなピークを越え鉄塔の下から新しい道があるとのことです
ありました、最初は少々急な下りで後はなだらかなシングルトラックになります
d0144550_22364444.jpg
     山の駅さんたちの苦労が伝わってきます
有り難うございます。何か僕にでもできるお手伝いをさせてもらわなあきませんね
やがて峠部分
d0144550_22384741.jpg
     ここの峠は何度か来たことがあります
ここから先も数年前に入ったことがありますがその時はすごい倒木で道を見失ったことがありました
やがて林道に接続
d0144550_224071.jpg
     ここを抜けると山の駅のすぐ上に出ました
10時30分ころ山の駅に到着、少し早いランチを頂きました
少し雨がパラパラしてきたので食後はすぐに出発、いつもの道で帰ります
d0144550_22422572.jpg
     川沿いの「桜」、有名な木だそうです。八部咲きですか
d0144550_2243303.jpg
ここは何処?って思ってしまいました多田神社の西側ですがいつの間にか新しい道が
いつ造ってたのでしょう

採れる山菜はありませんでしたがタダでは帰って来ないボクです
オニグルミの里で
d0144550_2247502.jpg
     ノビルです。実は採るのは初めてなんです
そして大好物の西洋カラシ菜を探しますが生えてません
結局川西市域では全く見つけられず、伊丹に入ってイオンの横でやっと発見
尼崎のM川ではあれほど生えてるのに少し上流にはないのが不思議です

帰ってノビルはそのまま生で頂きました
野生の「島らっきょ」まんまですね
これはたくさん生えてるし採集時期も長いので少しづつ通るたびに採って帰りましょう

早くタラの芽、コシアブラ食べたいなあ〜
[PR]

by masagoon | 2013-03-27 22:54 | 自転車(MTB系) | Comments(12)

春の味

いよいよ春本番、自宅の庭にある20本程の桜も咲き出した
(市の児童公園ともいいますが)

山サイ&山菜採り、至福の季節の到来です
昔からワラビが目の前にあったら採ったりしてました
でも山サイをはじめてから他にもいろいろ身近にあることを知りました

まず三月初め
d0144550_1204892.jpg
               フキノトウ
高校生の頃、北摂辺りをサイクリングすると休憩する場所ごとにフキノトウがあったように思いましたが、今改めて採ろうとするとなかなか無く、行動範囲内で4、5カ所ほどマイポイントがあります
↑はそのなかでもとっておきの場所でココのはゴルフボールに近い大きさで上物です
天婦羅で頂きます。ホント春の香りを楽しめます

次いで三月半ば
d0144550_1255860.jpg
         M川河川敷の西洋からし菜(お浸し)
以前は川のシーバス釣りの際の副戦利品でしたが最近は釣りよりもこちらがメインになりつつあります
いままであまり採る人を見ませんでしたがここ数年は他にも採る人が居てるようです
お浸しやバター炒めで食べます。昔は名の通りピリリと辛かったように思いましたが最近はなぜか辛さを感じなくなりました

で、いよいよ四月
里の桜が八部咲きのころがシーズンらしいです
「山菜の王様、タラの芽」です
人気の山菜なので争奪戦も激しく
よく行くN尾山トンネルからE峠までに数カ所群生場所がありますが、二番芽はおろか三番芽まで摘まれて枯れてしまった木も多く見られます
昨年、家の近所の幹線道路で信号待ちの時に見つけました
d0144550_12302981.jpg
          中央分離帯の椿に混じってタラの木の幼木!
何度か雑草整理に遭ってるようですが生き延びてます
先日も大規模に手が入って(都会の山菜もこれまでか?)と思いましたが
作業員もタラの木だと判っているのか引き抜き、剪定を免れました
d0144550_12353624.jpg
     今朝見に行ったら芽が大きくなってました
一週間先頃が食べ時かな?(摘んでもイイですか??)

タラの芽と同時期にコシアブラの芽も出てきます
う〜ん、楽しみ

明日は昼から雨だとか
早めに家を出てタラの木の偵察にでも出かけますか

[PR]

by masagoon | 2013-03-26 12:39 | Comments(6)

バモス、O2センサー交換

今年に入ってから車(ホンダバモス、H14年式8万キロ走行)の
エンジンの警告灯が点灯しているのに気がつき
慌てて最寄のホンダカーズへ見てもらいに持って行きました
見てもらうと排ガスの酸素濃度を計測するO2センサーという部品が壊れていて
修理料金は約3万円かかるということですが緊急性はないということで
取りあえず5月に車検があるのでそれまで辛抱することにしました

そして、2月にゆうとさん、passハンターくんと半国山へ山サイにいった時
助手席に乗ってたpassハンターくんが
『警告灯点いてますやん!』
「O2センサーが壊れてるらしいわ」と僕、
「緊急性はないって言ってたけど・・・」
『センサーが壊れると混合比が一番濃いところで固定されて、燃費悪くなりますよ』
(passハンターくんの職業は自動車整備士)
緊急性はなくても燃費悪いのは大問題や!

って、ことでクルマ屋に出す前にネットで検索
ヤフオクでもスグにヒット
8,000円くらいから売ってるやん
さらに調べてみると
バモスでは比較的多い故障らしいし
センサーの交換記事もいくらか出てました
簡単に交換できそうです

で、早速注文
安いところでは8,000円くらいですが運賃が異様に高かったりして
結局9,120円のところでさらに1万円以上で送料が無料とのことなので
ワイパーの替えゴム(1本240円)で調整して注文
d0144550_21165196.jpg
     点火プラグにケーブルが付いてる感じのものです
箱の注意書きに「取り付ける前に必ずダイアグコードをリセットして下さい」とあります。
ダイアグって何・・・

早速、交換作業
このセンサーはエキゾーストマニホールドに付いてるらしく
バモスはミッドシップで床下にエンジンがあるためジャッキアップして潜り込む必要があります
ちゃんとしたジャッキはなく、簡易ジャッキで持ち上げた車体のの下に潜り込む勇気はありませんのでブロックの上に乗り上げることにしました
d0144550_21224272.jpg
    素では乗り上げられず、角材や木切れを補助にしました
d0144550_2124562.jpg
     工具の入り難いところにセンサーは付いてます
手持ちの22mmのスパナが何とか入り緩めることができました
コネクターは上部にあるので荷台のエンジンカバーを外します
d0144550_21291619.jpg
     この10年でこれを開けるのは2回目です
1回目は工具箱から昔使ってた『ガンスパーク』が出てきたので付けようと思いエンジンを見たら昔のような太いハイテンションケーブルは無く、唖然としました
d0144550_21331159.jpg
     ケーブルは輪っかのビニタイとコネクタで止められてます
この輪っか(赤丸)とコネクタの外し方が判りません、押したり引いたり捻ったり
結局輪っかは下からアンダーガードも外して両手で触ってロック機構が理解でき
またコネクタは片側が2カ所の開放ボタンがあることが判り、やっと外すことができました
古いセンサーを外しました
d0144550_21375224.jpg
     上が新しいのですが形が違うけど大丈夫なんでしょうか?
逆の手順で取り付けです

で、ダイアグコードって?
色々調べてみると今時(っていっても10年選手)の車は
ダイアグというのは故障箇所などをダイアグコードという形で知らせてくれるインターフェースみたいなもので16Pのコネクタなどがついててそこに外部診断器を接続すると故障箇所を教えてくれるものだそうです
センサーを交換しただけでは警告灯は点灯したままでリセットしないと元に戻らないということなんです

またまたリセット方法をネットで検索
一番簡単なのは外部診断器でリセットすることなんですがそれはできません
単に電源を断つ(バッテリーを外す)だけではリセットできないということですが
調べてみると一番簡単なのはECUのヒューズを抜くということらしいです
ヒューズボックスを見ても数字だけで場所の表示は無いし
取り説にもその説明はありません。
ヒューズを抜くという記事を見たとき確か10Aのヒューズと書いてたと思って
取りあえず10Aのヒューズを全部抜いてみました
そしてエンジンを掛けてみました・・・警告灯、ついたまま。
今度は別の方法でバッテリーを外して、呪文を少々、再度バッテリーを取り付け
エンジンを掛けます!
警告灯!消えました
修理完了のようです

夕方、配達の仕事があったので乗ってみると
なんとなく車体が軽くなったような気がしました
O2センサーの販売の謳い文句には
「故障でなくても交換することによって、吹け上がりの改善、燃費の向上」とありました

さて、燃費は向上しますか・・・
[PR]

by masagoon | 2013-03-17 22:05 | Comments(8)

京都北山遠征

昨日はofはやま君のブログを参考に京都北山方面へ行ってきました
d0144550_852992.jpg
          柊野から出発しました
鴨川沿いに府道を上って行きます
しばらくして、ゆうとさんが叫びました
おっーーー!○○○や!
d0144550_882392.jpg
          何だか判りますか?(川の中に)
d0144550_89693.jpg
 オオサンショウウオです!(7〜80cm位)夜行性だのに何かあったのでしょうか?
そのまま雲ヶ畑を抜け持越峠へ(何人かのローディに抜かれました)
d0144550_8114127.jpg
     峠部分から林道へ、目の前にタラの木があります
春霞か杉花粉か、はたまたPM2.5なのか快晴ですが霞んでます
d0144550_815866.jpg
          尾根沿いの林道を行きます
最高点より少し脇に入ると本日の最高点
d0144550_8161936.jpg
          白木谷山(565.6m)山頂です
六甲山系のゴロゴロ岳と同じ標高ですがずいぶん登ってきた感じがします
d0144550_819644.jpg
     林道の終点からはシングルトラックとなります
雰囲気の良い道が続きます
氷室の集落へ通じるダラノ坂のテッペンからさらに尾根を下り
d0144550_8201815.jpg
     ここが満樹峠?と思うところが何カ所も現われます
何度もiPhoneのGPSで確かめては急坂を戻ったりして
d0144550_844029.jpg
          やっと満樹峠に着きました
ここから十三石山へ登ります。押したり少し乗ったり・・・
d0144550_8462562.jpg
     午後2時前に十三石山に到着。ここで少し遅い昼食です
ここでハンドルに付けていたサイコン(安物)を落としてるのに気づきました
最初の予定では山頂から北尾根を一旦市ノ瀬へ下りて林道経由で満樹峠に戻る八の字コースを予定してましたが時間も押してきたので山頂から満樹峠へピストンで戻ります

峠からは下ってきた道を戻り、小峠方面へ下ります。
小さな九十九曲、さらに柔らかな山土の道で何度か転けてしまいました
小峠で京都一周トレイルに合流、氷室の集落から船山へ
ここでも山頂に行く道を見落として上り返すことに
山頂から少し下ると
d0144550_8562885.jpg
     ハイカーさんのブログにもよく登場する舟形の火床です
少々霞んでるものの遠くまで見渡せました
その後ゴルフ場の中を通って車のデポ地まで戻りました

d0144550_859284.jpg
          車で船岡温泉へ、いい湯でした。

快晴の空のもとポカポカ陽気で充実した山サイを楽しめました

本日の軌跡(クリックでルートラボへ)
d0144550_92434.jpg

[PR]

by masagoon | 2013-03-07 09:07 | 自転車(MTB系) | Comments(6)

久々の日曜日、山行き。大津の山

今日は大津市内で仕事
11時前に納品、搬出は16時
温い時なら久々にバスフェッシングってのも選択肢かもしれませんが
今の時期、やっぱ山サイしかないでしょ!(ちょっと不謹慎かな?)
前日からネットで1/25000地図を眺めたり、山レコを検索したり・・・
最初は京都市内でランチし、東海自然歩道で比叡越を考えましたが
ランチの店主不在ということで、大津の裏山を尾根沿いに走ることにしました
車を無料駐車場にデポ、膳所城跡公園から出発です
d0144550_2151981.jpg
     日曜日ということで寒いにもかかわらずアングラーがたくさん
竿を曲げる者も居ず、あちこちにある外来魚ポストにも魚は入ってませんでした
湖岸を南下し1号線を走り逢阪山へ
d0144550_218335.jpg
     ここの上を東海自然歩道の歩道橋が渡ってます
自然歩道は急な階段ばかりってことなので、無理をせずドコモのアンテナ基地に通じる林道を上ることにしました。
車止めのゲートを越えたところで目の前を2頭の鹿が横切りました
最初はコンクリ舗装の急坂でしたが徐々に高度を上げるにつれ雰囲気のある道に
d0144550_21211371.jpg
   坂がきつくなるところは舗装されてます。林道終点のアンテナが見えます
このアンテナの山は名神高速の上りで山科の直線のところの正面に見える山です
d0144550_21254498.jpg
     林道の途中から大津市市街地の西側が望めました
ちらほら雪が積もってたり、時折降ってきたり
大きく九十九折れでアンテナ基地の横で東海自然歩道に合流
d0144550_21281027.jpg
     ここで自作ショートスパッツを装着(昨晩やっと完成したところ)
稜線のアップダウンをこなし
d0144550_21314154.jpg
     所によっては全面雪のところもありました。先行するMTBの轍も
で、山頂です
d0144550_21322225.jpg
   西に山科の町から京都市内、北に雪被る比叡山から蓬莱山が見渡せました
この山頂の真下をトンネルで新幹線が通ってるそうです
山頂直下には数グループのハイカーさんがお昼を食べてられました
さすが日曜日、東海自然歩道、若い山ガールってのにも合いましたグループで男性も居ましたが・・・。
山頂に別れを告げ、南に向かって稜線を行きます。千頭岳に向かって
d0144550_21382147.jpg
     途中、眼下に近江大橋が見えました
乗れ乗れの道が続きます
d0144550_21414259.jpg
     時たまアップダウンで階段が現われますが超ノレノレ
上りでは両足がツッてしまいました
d0144550_21444766.jpg
  階段下りの途中でフロントでチェーンが外れ、修復するのに苦労しました。
が、本日はRDのアルビー君すこぶる元気!完全復活です。
時計と相談しながらエスケープするか、計画通りに行くか・・・
何とか予定通り走れそうです
千頭岳は特に印象に残るようなピークでもなかったです
d0144550_21483583.jpg
     画像では判り難いですが超ナイフエッジの道もありました
d0144550_21512291.jpg
          最後のピーク、大平山です
今日はこのまま石山寺に下りますが、まだまだ南に稜線は続いてました
大平山からの下りは超テクニカルコース(僕にとっては)
無理したら下れそうな激坂の一部は転倒して怪我をしないよう余裕を見て
押して降りたところもあります
最後は林道に接続
d0144550_2156307.jpg
     ここでまたチェーンが外れててひっくり返して直しました
林道はゲートがあって住宅街に接続、少し走って石山寺
d0144550_2158143.jpg
     日曜日でそこそこ人出はあるものの山門前のお店は閉まってました
そのまま湖岸沿いに膳所まで戻ります
d0144550_21593268.jpg
     粟津の晴嵐、と言う名勝だそうです
最後の最後に向かい風で進みませんでした

15時にデポ地に到着、余裕で搬出に間に合いました

仕事中の山サイでしたがたっぷり楽しめて充実した一日でした
(こんな仕事ばっかりやったらイイのになあ・・・)

本日の軌跡
d0144550_22173392.jpg

[PR]

by masagoon | 2013-03-03 21:15 | 自転車(MTB系) | Comments(14)