<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久々のホイール組み

サスフォークの衝動買いから始まった今回の自転車いじり
中古屋にKHSのリムと同じリムが単品で出てたのでゲット
20mmアクスルハブも別の支店に安いのがあったけど
ゴリゴリがあるとのことなので少々奮発(僕としては)
スポークはfullyさんに貰った在庫はあったがサイズが少々合わず
今朝から伊丹の老舗屋に買いに行こうと家を出て
自転車漕ぎながら
(老舗屋はロード専門やから258mmなんて無いかも・・・)
(そや!アップルに行こう!)
ということで朝の開店間もないアップル自転車商会へ
「258のスポーク置いてはります?」
オッチャン(実は同い年くらいか?)店の床をゴソゴソ
「有ったよ」
ちゅうことで、パーツが揃いました
d0144550_23201656.jpg
     RELICのハブにMAVICのXM317リム
スポークは国産やけどニップルは手持ちのDT-SWISSのを使ってみよう
夕食後から組み始め
d0144550_232294.jpg
     位置を合わせるため何度も組み直すハメになりました
このハブはカップを入れ替えることによって20mmアクスルと9mmQRと兼用で使えるようになってます。9mmの時はOLDは当然100mm、20mmの時は110mmです
9mmが使えたので振れ取り台に普通に取り付けられましたが20mmだけやったら、ちょっと困りそう?

明日の朝、タイヤ&チューブを入れよう!
タイヤ、チューブとも本格DH用!チューブなんてリヤカー用みたいなやつ
[PR]

by masagoon | 2013-05-31 23:30 | 自転車いじり | Comments(4)

甲種回送

新たな20mmスルーアクスルホイールを組むべく、注文したハブが届いたので
クルクル回して遊んでる時に「やまね氏」よりメール着信

『こんにちは、今日、例の時刻に秋田新幹線の甲種回送があるみたいですよ』

家にカメラを取りに帰って店の近くの踏切横で柵の上に座って列車が来るのを待つ
首からカメラ下げた姿を買い物帰りのオバハンらにジロジロ見られるのが
妙にはずかしい

定刻通り
d0144550_14205947.jpg
       もうちょっと来てからシャッター切ったら良かった

なかなか鉄道写真も難しい

P.S. ちなみに足回りは
d0144550_20443899.jpg
          ブレーキついてるのかな?
[PR]

by masagoon | 2013-05-31 14:25 | 鉄道 | Comments(2)

衝動買いと衝動売り

後先考えずに買ってしまいました
d0144550_1729742.jpg
     FOX TALAS 36RC2というもです
もちろん中古(ヤフオクで)で
今からよく考えるともうちょっと冷静に考えてからにしたほうが良かったかな?
(古いモデルだし、それほどお買い得感もなかったような・・・)
ダブルクラウンではないものの中では下り向きのモデルで
100,130,160mmの可変で20mmアクスル・・・
KHSのは15mmアクスルなのでハブも換えないとダメです(おまけにOLD110mmやし)
昨日、ハブとリムなどを某中古屋に注文しました
多分スポークは260mmやと思うねんけど手持ちは260mmが15本と残りは262mm
明日、伊丹の老舗屋さんにでも買いに行きます

結局、高い買い物になりました

衝動売り
愛車ホンダバモス、売ってしまいました
この5月の頭に車検受けたとこです
その際にファンベルトやプラグ交換して10万円以上の出費(ボーナス払いなのでまだ決済してない)
3月には自力でO2センサーも交換したのに
やのに
急に車買い替えの話が浮上
僕はこの車・環境で充分満足してたし、調子は良かったし
これ以上の環境(3人乗って3台のMTBが積めたし、どこでも気兼ねなく駐車できる)はないと思ってました
やのに・・・
家族はちゃんとした乗用車に乗りたいと言い出し
最安の新車を購入することになりそうなんですが
販売店営業マンの見積もりでは
「本来は値がつかないのですが車検受けはったとこなんで、車検代くらいは取り戻しましょう」ということで、査定は10万円
一度中古車買い取り専門店で査定してもらおうと昨日の定休日に家族で某買い取りチェーンに赴き査定を受けたら¥165,000 そのまま車置いてきてしまいました。
納得できる金額(愛着代を含めて)でもなかったけど新車買う気マンマンの家族に負けた、ことにしておきます。
まあ10年目を迎えて8万キロ走行の軽自動車にしてはイイ値段なんでしょう

今度の予定の車、自転車・・・乗りそうにないなあ
[PR]

by masagoon | 2013-05-30 17:59 | 自転車いじり | Comments(6)

午前中だけチョこっと

昨日の定休日は夕方に仕事があったため午前中だけの山サイでした
そして先週の私のKHSのシェイクダウンに続き
ゆうとさんのメリダNinety-Nine XT-Dのシェイクダウンです
前後100mmの純XCフルサスバイクです(写真撮ったつもりだったのですが、画像ありませんでした)
私、憧れのFOXのサスが輝いてました(実に良い自転車です)
いつものコンビニで待ち合わせ住宅街を登り
d0144550_21383986.jpg
     いつもの定点撮影場所。山の木々は新緑を過ぎ深緑になってます
峠の階段付近も
d0144550_2140989.jpg
     柿の木の葉も茂り緑のトンネルになってました
T脇山の山頂から西尾根を下り鉄塔から山の駅さんのトレイルを走らせてもらいました
途中何度も止まっては2人ともサスのエアを入れたり抜いたり調整しながらです
d0144550_21473470.jpg

以前は最後は林道に出て一気に谷を下りるコースだったのですが、迂回路が新設されてて今までの谷のひとつ上の谷を下りるコースに変更されてました
最終は結構急な斜面のスラロームコースになってて一段と難易度が上がってるようでした

山の駅に寄ることも無く、川沿いの道で帰路へ
ゆうとさんと別れてからなぜかペースダウン
(ハンガーノック?)
途中の古墳公園のベンチで休憩してから帰宅

d0144550_21524374.jpg


夕方から神戸に仕事
待ち時間に釣りをすれど、ちっこいガシラのみで撃沈でした
[PR]

by masagoon | 2013-05-23 21:58 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

金剛山リベンジ

ちょうど2年前の5月18日に行ったコースのリベンジにゆうとさんと行ってきました
その時と同じような快晴のもと今回は道の駅に車をデポ
d0144550_20504748.jpg
     今日は中古で買ったばかりのKHSのXCT-555のシェイクダウンです
オールマウンテンに分類される前後5インチストロークの2012年モデルということです。フロントハブは15mmスルーアクスルという今までに触ったことのない仕組みになってて今までの様にFホイールを外して車に積むことはできませんでした。
本当はFOXのサスペンションが付いたモデルが欲しかったのですが根っからの貧乏性が祟り廉価なモデルを買ってしまいました。
しかし僕が持ってるののの中では今のところ最高額定価(¥252,000)の完成車になります。

府道705号線を上って行きます
金剛山登山口、千早赤坂マス釣り場を越えてロープウエイ乗り場横の林道から上って行きます
d0144550_2122684.jpg
          ここから激坂になります
d0144550_2135256.jpg
     画像では判りづらいですが暗峠級の激坂が続きます
少し乗って上れるようになったと思ったら
d0144550_21457100.jpg
     ダイトレ上の伏見峠に着きました
六甲山に比べたら登りやすいかな?
尾根道になるとハイカーさんの姿が多くなり押して歩くことも多くなります
d0144550_21122887.jpg
          大阪府最高点1,053mです
北方向の展望が利く所で
d0144550_21134976.jpg
     水越峠の向こうの葛城山のツツジが見えます
前回は来なかった葛木神社
d0144550_21155639.jpg
     山桜が満開でした。ここの奥に三角点1,125mがあるそうです
で、山頂広場
d0144550_21175298.jpg
     平日なのにエライ人出です。でも元、山ガールばかりです
この時、ゆうとさんの携帯に着信、内容は
(今、山頂に着きましたか?)で、ゆうとさんが振り返ります
な、なんとご友人がライブカメラで見ていたとか、悪いことはできませんねえ?
広場で昼食(なんでかハエがメッチャ多いです)

いよいよ出発、標高差1000mを8kmのシングルトラックで下ります
ダイトレを北上、「セト」を越え、水分道との分岐です
d0144550_21264516.jpg
     2年前に来た時は分岐に目印など全くなかったのですがネ
昨年にこちらの関係者が協議されて道しるべが付けられました
しかし、前回の分岐ではないようです
尾根道で200m先で谷道と合流ということなんですが・・・・
杉林の中の急坂を下ります(僕の技術、目一杯)
しかし、予定の尾根ではないようで不安になり上り返して道を確認
d0144550_21313684.jpg
     さらに先ほどの分岐まで戻ることにしました
結局、「谷道」とは2年前に僕が下った道のことで200mどころか相当下で合流するようでした。道しるべに概略図などあればなあと思いました。
結局谷道は倒木が多く糠んでる所も多く、ほとんど乗ることはできませんでした
やはり先ほどの尾根道をド、ドッと下った方がノレノレだったようです
合流後はノレノレのシングルが続きます
d0144550_2136090.jpg
     分岐には道しるべがあって不安はありません
ほんどノレノレ
d0144550_21363612.jpg
     杉林の中や土塁道の尾根、U字谷のボブスレーコース
シングルトラックの道のバリエーションも色々あります
d0144550_21542132.jpg
     ここで鋭角に左に曲がります。多分2年前はこれが判らず直進したのでしょう
その時はGPSも無く「もはやここまで。輪行袋で夜を明かすか?」と真剣に考えたんです
林道の廃墟跡の横に出て林道をハイスピードで下って
d0144550_21575733.jpg
     広域農道グリーンロードに出で
「道の駅ちはやあかさか」で休憩
で、デポ地まで戻り帰ってきました

ゆうとさん、お疲れさまでした
今度は分岐の尾根道経由でもう一度行ってみたい道ですね

KHS XCT-555の感想ですが
長いサスのストロークで階段の下りもこれまでのMTBよりは多少スムーズに下れたように思いました
しかしながら下りでスギの枝を巻き込んでしまいいきなりRディレーラーハンガーを曲げてしまい、帰って早速万力で曲げ直すハメになってしまいました

やっぱり、山はいいなあ
[PR]

by masagoon | 2013-05-15 21:39 | 自転車(MTB系) | Comments(6)

久々のノレノレ! ポンポン山

本日の水曜日組は前々から行きたいと思ってました高槻のポンポン山です
車で名神山崎まで行き淀川の河川公園にデポ、柳谷から川久保へ
d0144550_2253047.jpg
     東海自然歩道を本山寺経由で上って行きます
d0144550_2271772.jpg
     駐車場を過ぎたところからコンクリ舗装になり傾斜も急に
本山寺を過ぎるとシングルトラックの登山道になりました
d0144550_2285094.jpg
     本日も快晴!グッドコンディション、グッドな山サイ
所々階段がありますが比較的上りやすい道です
で、正午に頂上
d0144550_2212533.jpg
     678.9m(ちょっと無理してるか?)ポンポン山山頂
北には愛宕山とその後ろの地蔵山がクッキリハッキリ
d0144550_22151235.jpg
          南には生駒〜葛城、金剛山が見えます
山頂で昼食の後、ちょっと道を間違えかけたものの釈迦岳に向かってGO
d0144550_22231167.jpg
          ほんまに熊出ますか?
快適な尾根道が続き、釈迦岳
d0144550_2224204.jpg
     展望の無い小さなピークでした
ここからチョー気持ちの良いダウンヒル!ノレノレです
四叉路に出ました尾根コース、谷コースなどに別れます
d0144550_22275719.jpg
     これまたノレノレだと言う尾根コースを選択
わぉ〜!ノレノレ!!
d0144550_2229877.jpg
     所々木の根っこやロックセクションなど緊張するところもありました
久々にノレノレダウンヒルを堪能しました
d0144550_2232312.jpg
     いや〜、楽しかった!川久保に下山です

先週が押し担ぎが大半だったもんで今日のノレノレは天候が良かったこともありますが、ほんと気持ち良くMTBやってて良かったなあと改めて思った一日でした。

ゆうとさんお疲れさまでした

d0144550_22364714.jpg

[PR]

by masagoon | 2013-05-08 22:38 | 自転車(MTB系) | Comments(12)

ちょこっと矢田丘陵南部

連休最後の今日は店は臨時休業
昨晩から義理の妹の家に義母を連れて家族で行ってきました
食後の体操は歩いて3分の龍田川で軽くナマズ釣り
何度か出るものの乗らず、最後にヒットさせるものの取り込みに至らず
納竿後ライトで川の中を見るとそこそこナマズ居てました
水温が低いのか低活性だったようです

で、今朝は5時に起きてMTBで出動
d0144550_20154491.jpg
     紅葉で有名な龍田川沿いに少し走り
平群から舗装路で白石畑へ
d0144550_20163637.jpg
          早朝、気温、天気良く清々しい
地形図の点々道を探して畑の中を少しウロウロ
d0144550_20202726.jpg
          いやぁ〜気持ちよろしい
進むうちに道は細くなり
d0144550_20222595.jpg
     簡単な道しるべはあるものの・・・・・
さらに
d0144550_2023349.jpg
     えっ〜?行き止まりと思っても何とか道は続いてそう
何度か同じような熊笹帯を薮漕ぎして
尾根沿いのハイキング道に出ました
d0144550_20252826.jpg
     ハイキングのメッカではありますが早朝で誰も居ません
松尾山まで押して登り、そこから待望の下り
一旦、また白石畑の舗装路に出て再度シングルトラックへ
d0144550_2028979.jpg
     所々V字に掘れた道もあります
高速で気持ち良く下って藤ノ木古墳の上に降りました
d0144550_20304100.jpg
          どう?この青空。ここで朝食

天気、気温、湿度とも文句なし
しかし、シングルトラックには蜘蛛の巣、木々から垂れ下がるムシムシ
何度か腕に付いてたシャクトリムシを払ったものの
d0144550_20323526.jpg
     ヘルメットのあごヒモにもシャクトリムシ
毛虫じゃないだけマシかな?

ほんの2時間ほどの山サイでしたがリフレッシュできました
義妹の家の近くには
d0144550_20352117.jpg
          こんな造り酒屋も

3分で釣り場、30分走ったらダウンヒルできる環境、歩いて10分弱で造り酒屋
改めて何ちゅう羨ましい環境に住んどんねん!と

思った僕です
[PR]

by masagoon | 2013-05-06 20:39 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

本日の水曜日組はゲストを迎えて弥十郎ヶ岳へ

先週の水曜日は雨天のため走りに行けず
連休の谷間の本日、長期連休中の「めっちゃよわ」さんをお誘いして
篠山市の弥十郎ヶ岳へ行ってきました
弥十郎ヶ岳だけではもの足らないかと前菜を奮発!
(はっきり言ってこれはやめといたら良かったです、ハイ)
実は10年前の北摂ラリーに使われたコースでして、ノレノレのダウンヒルコースがあるとか?(うっひっヒ〜)

4人なので店の車で行きました(楽々積めます)
d0144550_21132470.jpg
     車は後川の林道脇にデポ、時たま雨雲が通過する中、出発
後川の小学校の脇の林道から入ります
d0144550_2116279.jpg
     何回か谷川を渡り、高度を上げて行きます
途中の関電の標識から山道に入りますがすぐに道が判らなくなり
d0144550_21193234.jpg
     雑木林の中や杉林の中を担ぎ上げ稜線を目指します
ヘロヘロになって稜線にある鉄塔に到着
d0144550_212113.jpg
     ここから第2ステージで登る弥十郎ヶ岳がよく見えました
やっと道が現われ乗れると思ったら倒木だらけ、それにまた道を見失います
進む道を見落とし、行き過ぎて山中を少し彷徨いやっと道を見つけたものの
d0144550_21243933.jpg
          乗れるところはほんの一部
道はいい感じで九十九曲と聞いてた所もいいスラロームなのですが
いかんせん『倒木』多過ぎ!!ほとんど乗れません
10年前はラリーのスタッフの方が道を整理してノレノレだったのでしょうが
月日が経ると人の通らない道はどんどん荒れていくんですね
最後までノレノレにはならず
d0144550_21291076.jpg
    獣除けのゲートを抜けて第1ステージは終わってしまいました

第2ステージはクワモンペの横の林道から弥十郎ヶ岳を目指します
d0144550_21304682.jpg
          13:20、林道で遅い昼食を摂ります
d0144550_21324495.jpg
     林道は山道になり険しくなってロープを持って登るところも
d0144550_21342276.jpg
     山頂まで65分、またもやヘロヘロです
峠部分から稜線への途中少し乗って登れるところに出たと思ったら!
d0144550_21351441.jpg
     passハンター君、何と転落!気づいた時には10m程下に居ました
幸い怪我なく斜面を上がってきました
d0144550_21393387.jpg
     この登山道の名所の洞窟です。雨宿りにはいいですが少々不気味
本日の参加者、めっちゃよわさん、passハンターくん、ゆうとさんに私の4名
時たま降って来る雨で道は濡れツルツル、押し担ぎ上げる脚が滑ります

そしてやっと
d0144550_21403695.jpg
     15:30、やっと山頂。風キツく身体が冷えるので早々に下山
少し岩場の上り返しがあったもののまあまあノレノレの下り
また雲行きが怪しくなって時たまポツポツ来たり、薄暗い杉林の中、木の根やコケ生えた岩はツルツルで思い切って下ることもできず
d0144550_21484029.jpg
     ネットの紀行文にも良く出てくる階段を下り
林道に接続、高速で下って車のデポ地へ戻ることができました

皆さんお疲れさまでした
今度はノレノレの道でお会いしましょう!
d0144550_21514495.jpg

[PR]

by masagoon | 2013-05-01 22:00 | 自転車(MTB系) | Comments(10)