<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

御嶽山の思い出

今回の御嶽山の噴火により被害に遭われた方々に慎んでお見舞い申し上げます

私は山登りをする訳ではございませんが山サイで低山を訪れてるもんでとても人ごととは思えません。自転車趣味以外の方でもアウトドア派の方にとって同じことでしょう。

今回のテレビ報道で数十年前に有史以来初の噴火があったというのを聞き、真っ先に思い出したのは1984年まで御嶽山南側王滝村にあった「濁川温泉」のことです。
その噴火の際に火砕流が押し寄せて埋没してものと思っていたのですが、今改めて調べてみるとその時の噴火の被害ではなく、1984年9月14日におきた長野県西部地震により御岳山8合目付近から山体崩壊が発生し土石流が温泉施設を飲み込み、経営者一家4人もろとも深さ50mの土中に埋没してしまったそうです。

以下、その地震の2年前の1982年(昭和57年)のことです

大学を卒業し家業従事2年目の頃です。6月9日から2泊3日で御嶽〜上高地をランドナーで一人で回ってきました。

8日の夜、大阪駅から「寝台急行ちくま」(私はもちろん寝台ではなく自由席)で早朝の中津川に降り立ち、付知渓谷から真弓峠を越え王滝村に入りました
d0144550_1823065.jpg
             真弓峠(1479m)で
この頃はツアーに出るたびに翌年の年賀状に使う写真を撮るために手持ちポスターを予め家で書いて持っていき行く先々で暑い時でも一応長袖、長ズボン(ジャージ)に着替えて少しでも季節感に違和感がないようにして写真を撮ってました。
このときボトルの水が無くなって早く人里に下りたいと切に思ってました
詳しい行程は覚えてませんが峠を越え王滝村に入り林道でニホンカモシカにも至近距離で逢いました
d0144550_18123463.jpg
        林道から見た御嶽山ですね
多分この林道なんか今の「SDA王滝100km」なんかで使われてるんじゃないんでしょうかね
やっと人里まで下りたところにあった食料品店でジュース(確か瓶入りだった)を数本ガブ飲みしたように思います
一休みした後、また林道を上がってその日の宿である濁川温泉に向かいました
当時愛読していた「ニューサイクリング誌」では『ランプのお宿』として有名なところで前々から訪れてみたいと思っていた所でした
d0144550_18175728.jpg
   宿は自転車を林道に置いて20分山道を下った所にありました
ランプの宿ということで電気(非常用の発電施設はあったと思う)も電話もありませんでした。予約は中津川の本宅に電話でしました。
温泉はさらに谷底まで下った所にありました
d0144550_18222884.jpg
    川床に直接湯船で囲んだようで底には石がゴロゴロしてたように思いました
温泉の温度は確か38℃で相当長く入ってないと温もりませんでした

当日の宿泊者は僕一人、夕食は囲炉裏端でランプの光の元で頂きました。
宿の主(息子さん)は僕より少し上の年齢の男前のお兄さんでした。
いろいろお話を聞かせてもらいました。
建物は黒光りする古い建物でそれを背景にSM?の撮影などもあったそうです

翌日は開田高原や野麦峠を越えて上高地に入りました
(2日目は何処に泊まったのか思い出せません)

当時の写真を探してネガをスキャンしたり、この文章を書いてたら色々思い出して胸が少し熱くなってしまいました

最後に改めてお世話になった濁川温泉のお兄さん(被害は奥様、お子さんの家族4人)、また今回御嶽で無念にも命を落とされた方々のご冥福をお祈りいたします
[PR]

by masagoon | 2014-09-30 18:35 | 自転車(MTB系) | Comments(8)

先日の獲物で地川定食

実は昨晩もウナギを求めて川をうろついたんですが40cm級を発見すれど2度チャンスがあったのに取り逃がしてしまいました。 あ〜残念

という訳で先日の獲物を捌きました
まずコイツ
d0144550_20323023.jpg
     45cmほどですか捌きやすさ第一で確保しました
大きいやつ(60cm級)になると最初の包丁を入れるまでが大変ですが
d0144550_20344120.jpg
     手頃な大きさということで難なく閉めることに成功
ウナギと同じように背開きでいきます
d0144550_20353083.jpg
     目打ちも打ちませんでしたが割と上手くいきました
(ここまでは台所の使用許可が下りないので屋上でやりました)
背骨を外しても肉が動くのにはビックリ

以前はナマズ料理にはオーブンも使えなかったのですがドサクサに紛れて強行です   
d0144550_20403939.jpg
     ウナギと同じく15分白焼きでタレを付けながらさらに15分

ナマズを焼いてる間にモズクガニの味噌汁を作ります
d0144550_20444652.jpg
沸騰した鍋に活きたカニを入れると手足バラバラになるというので、水から茹でます
蓋をして逃げないようにして火をつけます
d0144550_2046513.jpg
    もう少しすると暴れだします。これが本当の釜茹
で、
d0144550_20492057.jpg
          完成!

一方ナマズの方は3度タレをかけて最後はバーナーで焼き目を付け
d0144550_20503722.jpg
          ちょっと焼きすぎ?

庭で採れたムカゴのムカゴご飯と一緒に
d0144550_20514396.jpg
          地元川料理の完成です

これに鰻と手長海老が揃うとフルコースになるんですが・・・(スッポンもやな)
頂きます!
[PR]

by masagoon | 2014-09-24 20:56 | 釣り | Comments(4)

水曜組初の輪行山行きです

昨日の水曜日組は初めて輪行を使って山サイに行ってきました

十三で待ち合わせの後、一路京都河原町へ
鞍馬まで行くのに輪行袋を担いだまま地上に出た後、再び地下の京阪、また地上にあがって叡山電車に乗るのは無駄な労力なので一旦組み立て鴨川沿いを上がって出町柳で再び輪行することにしました(輪行の練習にもなるシネ)
d0144550_18405946.jpg
     叡山電車で鞍馬まで乗車します
d0144550_18415367.jpg
     鞍馬駅到着。さすが京都観光客多し、手前の貴船口で半分降りました
時間も押してきたのですぐに出発
d0144550_18465685.jpg
          鞍馬寺山門で
ここから花背峠方面に登って行きます
d0144550_1849115.jpg
     途中の百井別れから百井峠を目指します(ムッチャしんどい)
d0144550_18541487.jpg
          やっと峠
尾根沿いにこのコース唯一の見晴らしの利くところで
d0144550_1850327.jpg
     遠くに京都市内、その後ろに愛宕山が見通せます
早速下って行きますが、ここは全般的に道が細い!
d0144550_18511828.jpg
     それほど先日来の豪雨の影響はないようです
d0144550_18534473.jpg
 北摂の道に比べると杉の根がすごく張り出してるようでハンドルをしっかり持ってないと弾かれてしまいます
d0144550_18564934.jpg
     途中の分岐で思い違いをしてた私のおかげで上り返すハメに
最後は有名な峠に下りてきました
d0144550_18571260.jpg
     この峠から南方向へ下山
d0144550_1858179.jpg
     さびれた別荘地を抜け里へ下りてきました
最初の計画ではここからさらに第2ステージへ行くつもりでしたが時間の関係で
本日はここまで!
また鴨川沿いを河原町まで走って輪行後、ビールを買って帰路の車内で乾杯して帰ってきました
(このおかげか私は切符を紛失するというオマケがつきました)

あ〜楽しかった!

[PR]

by masagoon | 2014-09-18 19:02 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

久々に独りで自走、妙見山〜天台山

今日は久々に独りで自宅から自走で山に行ってきました

d0144550_21541134.jpg
     いつものように猪名川沿いを上がって行きます
R477を進み
d0144550_21544971.jpg
     能勢電鉄「妙見口」駅前は昭和のまま時間が止まってます
d0144550_2157044.jpg
     今日は上杉尾根コースを上りました
時たまスズメバチが偵察にやってくるのが気になりました
d0144550_2159812.jpg
     担ぎこそないものの、稜線に出るまでずっと押し上げ
d0144550_2205055.jpg
      北方向に視界が開けたとこからR477が見下ろせました
d0144550_2213743.jpg
     尾根に出ると少し乗れるようになります

最後は妙見山山上駐車場脇に出て写真も撮らずにそのまま尾根の道路を天台山に向かって下ります
d0144550_223279.jpg
     取り付きからまた林道を押して歩きます

いよいよ下りで最初のところにある倒木の段差でジャンプします
自分的にはメッチャ飛んだつもりでカメラをセットし2回も飛んだのにムービーを見たら単に段差を落ちてるだけで、とても「ジャンプ」と言えるもんじゃなかったのにはショックを受けました
比較的高速で下り一旦ときわ台へ出て、山の中の閉鎖された尾根沿いの舗装路を進み
ゴルフ場を抜けて
d0144550_2212146.jpg
          本日の山サイはお終い

帰りに池田のスパローハウスさんに寄ろうと思いお店が見えるところまで来たところで急にパンク?
修理をして店内へ
d0144550_22163797.jpg
(到着時にお客さんが居られて超汗臭い私は入店を躊躇ってましたが修理完了と同時に退店され遠慮無しに入れました)
d0144550_22191799.jpg
     店主押し売りのマンゴーフラッペ(ほんとは食べたかった)
手作りのマンゴーシロップがフレッシュでしつこくなく大変美味しゅうございました
さらに
d0144550_22204298.jpg
     紫蘇○○○、これもオイシカッた!
帰りがけにボトルに水を入れてと依頼すると「紫蘇ドリンク」を入れて下さいました
ところが自転車に股がるとお腹チャップンチャップンで家にそのまま持ち帰ってしまいました

帰宅後風呂に入ってからグラスに氷を入れ焼酎をこの紫蘇ドリンクで割ったら
『美味しいのなんのって・・・』
ホント、有り難うございました!

久々に自宅発着をすると疲れました

オリジナルの画質のままアップロードをするのってどうしたらいいのでしょうか?

d0144550_1510023.jpg

[PR]

by masagoon | 2014-09-10 22:25 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

久々の水曜日組は・・・

久々に金剛山へ行ってきました

いつもの所に車をデポしロープウェイ下までエッチラ、オッチラ
d0144550_2394895.jpg
            ここから本格的に登りになります
・・・が、押して歩きます
ロープウェイ索道下を越えた辺りの水場で休憩
d0144550_23111928.jpg
     ゲロ吐いてるんとちゃいますヨー。清水が気持ちイイ! ここから激坂
d0144550_23133765.jpg
     念仏坂と言います、昔は念仏を唱えながら登ったとか
d0144550_2315872.jpg
          ダイトレ上の伏見峠に到着
ここからはハイカーさんも多く、特に神域内は自転車は押して歩きます
やがていつもの
d0144550_23154930.jpg
     山頂です。ライブカメラの定時撮影には間に合いませんでした
昼頃に雨という予報ですがまだもちそうです

軽く昼食後、北へ向かって階段を下りて行きます
d0144550_23182020.jpg
        山頂から北は人が少なくほぼ乗れます
d0144550_23191150.jpg
     青崩道と別れてからはあまり人が入ってないようで薮漕ぎです
冬期はもうちょっと乗れるんですがネ、足元見えずマムシが居そうでコワイです。
時には背丈程のブッシュに囲まれますが何度か通った道で進行方向が判ってるので何とか道をトレースできました。

いよいよノレノレです
d0144550_2325369.jpg
           U字谷をカッ飛ばし
d0144550_23263351.jpg
       杉林のコーナーを抜け
d0144550_23273318.jpg
             ブッ飛ばして(僕的に)
d0144550_23295974.jpg
     やがて林道に接続して、お、し、ま、い!

結局雨は降りませんでした
あ〜楽しかった

[PR]

by masagoon | 2014-09-04 23:29 | 自転車(MTB系) | Comments(6)