たまには自走で畑山〜百杖岩近辺


先日の水曜日組は
私の携帯のショートメールの調子が悪く連絡が上手く伝わらなかったというトラブルがありまして水曜日組3人で畑山〜百杖岩付近に行ってきました(passハンターくんゴメン)

畑山は私は一度行ったことあったんですがゆうとさんは初めて
下るコースは私も初めてのコースでマスターに先導されて下っていきました

なかなか良い道です
d0144550_21250920.jpg
        勢いよく下りすぎて道をロスト、引き返しました

一旦、赤坂峠へ降りてから第2ステージ
一路、百杖岩へ
d0144550_22132789.jpg
断崖の下を覗き込むマスター(本当の百杖岩ではないです)

百杖岩から昔のルートをたどってみますが通行禁止になっていて人が入ってないので道は消えており諦めました
一旦、静ヶ池へ戻り
d0144550_22175292.jpg
          結構道はズルズルでした

d0144550_22191951.jpg
          最後は助け合って脱出

d0144550_22203487.jpg
バイパスができて塩瀬の集落は車が少なくなりましたが町が寂れていきそうで、心配

宝塚まで帰ってきて解散
私は特命の清荒神参りのミッションへ向かいました

d0144550_22245108.jpg
一願不動尊(一つだけお願いしてきました)

参道でお土産に三田産のタマネギとミョウガ、こぼれ梅を買って帰宅

今日も楽しい山サイでした




[PR]

# by masagoon | 2017-02-10 22:30 | 自転車(MTB系) | Comments(2)

雪上ライド第2弾「深山」

今週の水曜日組は雪上ライド第2弾として北摂最高峰「深山(790.5m)」へ行ってきました

メンバーはいつもの4人組です
舗装路を少し上り峠の上から林道に入りますがすぐに銀世界になりました
そして山頂
d0144550_2143317.jpg
          北東側の亀山盆地には少し雲海が見られました
山頂は風がきつく積雪はさほどありませんでしたが、パリパッリです
山頂の神社を回り込んで天引峠めざして東尾根を進みます

d0144550_21122581.jpg
          山頂直下の積雪は4〜50cm?
新雪ではないので重く、自転車はところによってはちょうどハブ軸くらいまで埋まる勘定になります
自分的には上手く乗れましたが、どうも体重の影響が大きいらしく、体重の軽い他のメンバーは苦労したそうです
そうこうするうち
d0144550_21141754.jpg
          三国国境の船谷山

ここから所々に赤テープはあるものの踏み跡はなく、テンかウサギなどの小動物の足跡を頼りに進みました
(ハイキングコースなどの小径、獣道と雪上の足跡はほぼ合致してるようです)

満燈山を超えたところで昼食
d0144550_2118283.jpg
     今日は少し余熱時間が短かったのか初期火力が弱かったです

後半、倒木が多くて苦労しました
d0144550_21232021.jpg
     最後は獣除けのネットに行く手を塞がれ苦労して天引峠旧道に下山

頂上直下の深い雪には他のメンバーは少し手こずったようですが、全体的には雪上ライドの割合もちょうど良くて楽しい雪山でした


[PR]

# by masagoon | 2017-02-03 21:27 | 自転車(MTB系) | Comments(6)

恒例 金剛山雪上ライド

ここ数年、毎年正月に雪の金剛山へ行ってます
ところが今年は(実は昨年も)正月に雪がなく、また水曜日組の都合もつかなかったので18日水曜日に行ってきました

メンバーはマスター、ゆうとさん、角くんに私の4人
d0144550_9192923.jpg
     いつものところからスタートし今回は水越峠から行きました
新道のトンネルと旧道の分岐あたりから山陰に雪が現れだしました
d0144550_9271811.jpg
        峠からガンドガコバ林道に入ります
日向には雪の無いところもありますが上るにつれて雪の割合が多くなりました

水場「金剛の水」で大休止
d0144550_929317.jpg
     私的金剛山名物「ぜんざい」をしました(毎回好評?)
d0144550_9304077.jpg
    林道の終点から太尾塞跡まで押し担ぎ上げになります
太尾塞跡からは尾根筋になり
d0144550_9353183.jpg
         分岐点「六道の辻」、もう足はパンパン
大日岳を通過してやっと山頂広場
d0144550_9373184.jpg
     今日は上りに時間がかかって13:30頃昼食
d0144550_9392956.jpg
     14:00の山頂定点定時カメラに収まりました
すぐに下山に掛かります
d0144550_9421582.jpg
     広場下より青崩道を降りていきます
d0144550_943561.jpg
          この辺の道、雪の感じすごく好きです
d0144550_9442798.jpg
        雪があって階段の下りもなんのその
d0144550_9451798.jpg
     青崩道から水分道を進み「難所」です
d0144550_9462081.jpg
     担ぎおろしたりするところもありこの区間あまり乗れません
d0144550_9473936.jpg
     難所を通過するとハイスピード、ノレノレの道が続きます
d0144550_9482683.jpg
     尾根道とボブスレーコースのような谷道が交互に現れます
適度にテクニカルな所もあってホント良い道、山域です
d0144550_9514340.jpg
    シングルからダブルトラック、最後は舗装路になってお終い

本日もよく遊びました
皆、怪我、トラブルなく降りて来れて良かったですネ
またよろしくです



[PR]

# by masagoon | 2017-01-22 09:55 | 自転車(MTB系) | Comments(6)

明けましておめでとうございます!2017

水曜日組新年初ランは3人で高岳へ

私の都合で出発が昼近くになったので直下まで車で行き、最短コースで楽しんできました

峠から林道で、さらに谷筋の枝道で頂上横の鞍部に上ります
d0144550_904048.jpg
     なんと木材搬出用の道が鞍部まで続いてました(風情が無くなった)

急登を担ぎ押上げ山頂
d0144550_941121.jpg
     水曜日組(マスター、ゆうとさん、私)本年も怪我なく楽しみましょう

昼食は少し下った見晴らしの良いところで
d0144550_965710.jpg
          本日もよい天気で暑いくらいでした

見渡せるのは
d0144550_984328.jpg
     猪名川三山ですか、三草山、滝王山と堂床、丸山

本当に良い道です
マスター先頭で休憩なしで一気に下って、あっちゅう間に下ってしまいました

本年もよろしくお願いいたします

[PR]

# by masagoon | 2017-01-03 09:15 | 自転車(MTB系) | Comments(2)

第3回鍋サイクリング

今まで私か獲ってきたスッポンを使って「スッポン合宿」なるものを2回開催しました
今回はゆうとさんに提供していただいた1kg超の猪肉を使って「ボタン鍋サイクリング」を開催いたしました

参加メンバーはゆうとさん、うどん屋のマスターこと中田さん、パスハンターこと角君に私の水曜日組4人です

21日水曜日9時に武庫川CRに集合
d0144550_183869.jpg
    僕と角君は往年のキャンピング車、他はMTBです

コールマン2バーナーが思ったより大きくサイドバッグに縦でも入らず、サイド枠に直接固定
ほんでもって重いので反対側に余分にペットボトルの水や「調味料」の酒などを積んでバランスをとりました

最短コースで東六甲中腹の河原に向かいます
d0144550_18422155.jpg
     10時過ぎに現場に到着

 当初の天気予報では雨模様とのことでしたが時間が経つにつれて好転、着いた時は快晴の元、暑くて半袖Tシャツ一枚で丁度でした
 早速シートを拡げ調理にかかります
d0144550_18452815.jpg
   非常に上等のロース肉です(画像は1度目の肉を鍋に投入した後の分です)

d0144550_1848682.jpg
     野菜と手打ちうどんはマスター提供です(プロの品ですね)

d0144550_1849327.jpg
   出来上がりました!  ひゃー美味しそう

マスターがいうには『猪肉はいくら熱くても口、火傷せーへん』らしいです
ホンマかいなと思いましたが・・・なるほど、そうかな?真偽不明でした

陽光燦々、無風、お天気最高で
お肉も最高、野菜、うどんなど具材も最高
4人ではお肉の量が多いほどで満腹、満腹!
d0144550_18551357.jpg
      食後のお昼寝でマスターは夢の中

お昼寝も程々に撤収です
d0144550_18562276.jpg
     忘れ物、ゴミなど残していないか確認して帰路へ


あ〜美味しかった
ゆうとさん、ありがとうございました

また鍋合宿しましょう!
今度は何鍋かな?

(注 うどん屋のマスターとは旧紅茶専門店アダージョのマスターですよ)
[PR]

# by masagoon | 2016-12-24 18:59 | 自転車(MTB系) | Comments(5)