新しいMTB

先日のシクロジャンブルの折にfullyさんから
お願いしていたフルリジッドMTB「ビヤンキ・グリズリー」を貸与(永久?)していただきました
d0144550_14473521.jpg
d0144550_14475581.jpg

タンゲ・プレステージというチューブを使ったクロモリフレームで
リッチー・ロジックというフォークが与えられていて基本ディオーレXTコンポという構成です
フレームのチューブの寸法は1inchノーマルコラムにシートチューブ28.6φという伝統的なフレーム構成です

「ノーマルコラムかあ、サスフォーク探すのに苦労しますね」っとfullyさんにいうと
『リジッドフォークのジオメトリーになってるから換えると設計と変わってしまうし、それにこのフォーク、エエやつやねんで』っと言われました
そういえば先日、金剛山に乗って行った「いけてるMTBブルー&イエロー号」ですが、元々はナショナルのマウンテンキャットという古いフレームにディスク台座を自分でつけ、サスフォークを入れてるんですが元々は当然リジッドフォークだったと思われます。ブロックタイヤを入れてるとあまり判らないのですがスリックタイヤを入れるとオーバーステアといいますか妙にハンドリングに癖のある自転車なんです。
リジッドフォーク時代の自転車はそのまま乗るのがいいんでしょうね。

ハンドル回りは
d0144550_153542.jpg

フラットハンドルのグリップ内側にバーエンドバーがある変な?構成だったので
バーエンドバーを外して前に譲ってもらってたビアンキマーク入りの短めのハンドルに換えました
d0144550_1553857.jpg
          これでスッキリしました
fullyさんがカンティとVブレーキの差でリアブレーキレバーの引きのストロークが・・・とおっしゃってたのですがよくよく観察してみるとストロークそのものよりシートステーの撓みによるものだと思います

fullyさんブレーキブースターお願いします

次の定休日は用があって走りに行けないのですが、次の機会にこのビヤンキ君を山に連れて行ってあげます
[PR]

by masagoon | 2011-05-23 15:13 | 自転車いじり | Comments(4)

Commented by syokora at 2011-05-23 22:24 x
ンー、残念ながらこのジャンルはよくわからないですね。

Vブレーキ用のブースターといいますか、トラベルエ-ジェント。
タンデムに使っていますが、簡易型なら800~900円ぐらいで売っていますよ。
効果のほどは、それほど実感はないですけどね。
Commented by masagoon at 2011-05-24 12:57
>syokoraくん
 このビヤンキの車輪は振れが大変少なく(さすがfullyさん)
 シューとリムのクリアランスは少なくて、
 ちょうど良いレバーの握り具合でシューはリムに当たるのですが
 そこからシートステーが柔い(薄く軽量?)のか
 クニーと広がる感じなんです
 ドロップバーのフーデッドと違いフラットレバーなので
 引きしろは(レバーのストローク幅)は十分にあると思うのです
 やはりカンティ台座間の強度アップが最良だと思うのです
 
Commented by fully at 2011-05-25 12:44 x
ブレーキレバーはカンチ用とVブレーキ用では、レバー比が違うんです。
つまりカンチ用のレバーでVブレーキを操作すると、ワイヤーを引く力が強すぎて、ステーがたわむほどの状態になります。
そうなる前にレバーの引きでコントロールすれば、非常に小さい力でブレーキコントロールができるんですな。
ステーがたわむ位力を入れるとフルロック状態になりますんで、気をつけてね・・・
トラベルエージェントを使用するのもひとつの方法ですが、ブレーキレバーをVブレーキ用に変えた方が確実ですな。
でも、この組み合わせに慣れたら、やめられまへんでえ。
Commented by masagoon at 2011-05-26 17:54
>fullyさん
 ありがとうございます
 ま、一度この状態で山に行ってみます
 Vブレーキの制動力vs.ぼくの体重ってところかな

 すみませんが
 260mmのスポーク、1.5台分お願いしたいのですが
 よろしくお願いします

<< やっと今期初物 予定通りのコースで金剛山でしたが >>