ビヤンキ君を山へ連れて行ってあげました

天気予報では昼から雨ということで
朝から行こうと思ってたのですが
玄関を出たところで「雨」
仕方なくリフォーム中の便器の方向転換作業をします
便器を外したら床にフランジというパーツがあるのですが
これは塩ビパイプに接着剤で止められてます
これをどうしたらいいのかホームセンターに見に行こうとすると
道は乾いてるしネットの風雲レーダーを見ても雨雲は接近しそうになく
慌ててまた着替えてビヤンキ君で出発
今日は先に「うどんの中田」に寄って昼食を済ませ
長尾山トンネルから鳥脇山を目指します
山の上り口にある春に私が摘んだタラの木がちゃんと成長してるか確認します
d0144550_18163099.jpg
          おー、ちゃんと成長してる
そのままトンネルを抜けます
d0144550_18181465.jpg
         山は「ミドリーー」です
榎峠から鳥脇山へは最初は階段です
d0144550_18192588.jpg
          軽い自転車はいいですね
ほとんど押して山頂です
d0144550_1820920.jpg

山頂からのシングルは思ったほどブッシュに覆われてませんでした
しかし先日の強風で緑の葉っぱが沢山落ちてます
何カ所か木が倒れてました
d0144550_18214028.jpg
          
やがて北斜面の分岐ですが春に来た時と全然雰囲気が変わってます
d0144550_18234323.jpg
         左が4月に来た時、右が今日
ここにあった「こしあぶら」の木もちゃんと成長してました
d0144550_1825868.jpg
          天婦羅で美味しいコシアブラ
その下の分岐も
d0144550_18255939.jpg
          雰囲気が全然違います
ボケーとしてると分岐を見落としそうです
途中から道は林道になり、また倒木
d0144550_18273077.jpg

山の駅に下り、アイスコーヒを飲んで休憩
passハンター君は王滝100kmを完走されたそうですが
ここのマスターも42kmに行って来られたそうです
雨で大変だったとか

僕のビヤンキを見て
「このパナのXCマジックの白タイヤ、当時流行りましたね」とか
いろいろお話をしてると雨が降り出しました
ウインドブレーカを着て
リックサックに雨カバーを付け
リックに入れて持ってきたゼファールのマッドガードを取り付け
雨の中帰ってきました
ウインドブレーカは全く防水がなく雨に当たった瞬間、腕に張り付いてきます
しかしマッドガードのお陰で一時間くらいの走行ではお尻は濡れず
(ガードがなければ水鉄砲のごとくお尻を狙い撃ちしますからね)
持ってきた値打ちがありました

今日の気温では暑くもなく寒くもなく、完全にズブ濡れになると
雨の中、これはこれで快適です
伊丹の美観地区をいい気分で走ってて・・・
タイル舗装の広場で、スッ!テーン!
左腰を強打、直接頭は打ちませんでしたがしばらく頭いたかったです
まあ怪我もせず自転車もダメージなく帰ってきました
(グリップのロックリングが無くなってしまいました)
軽い自転車は平地でも坂道でもよく進みますね

特別なことがない限り、今日で山行きは秋まで封印です
[PR]

by masagoon | 2011-06-01 18:44 | 自転車(MTB系) | Comments(4)

Commented by passハンター at 2011-06-03 07:09 x
火曜日にでもこのルートを散策に行く事にします、山の駅で王滝談義でもしますかね。
Commented by masagoon at 2011-06-03 17:57
>passハンターくん
 最近火曜が休日?(火、水の連休?)
 是非王滝談義してきて下さい
Commented by えなめい at 2011-06-03 22:56 x
ビアンキオーナーになったんだ?
この時代のビアンキがセンス良く好きです。
Commented by masagoon at 2011-06-04 16:42
>えなめいさん
 はい、一応(ビヤンキオーナーです)
 ビヤンキって僕ら学生時代の純イタリアのものを第1期とすると
 現在は何期ぐらいになってるのでしょう
 ↑は日本製らしいです(タンゲ・アルティメイト)

<< 京都プチポタ やはり雨の後の次の日 >>