高野山、登って下りて(つづき)

前の記事からの続きです

高野山の街中で買い物を済ませた後
一旦女人堂まで戻ります
山道の第1ステージは女人堂の前の登り口から弁天岳へ登りました
d0144550_11232941.jpg
          しばらく担いで階段です
杉林の中を
d0144550_1125252.jpg
     上りは鞍部を除いて全く乗れませんでした
やがて標高985mの頂上です
d0144550_11294418.jpg
     小さな弁財天を奉った祠がありました
頂上から少し下りた所で昼食
d0144550_1131968.jpg
     少しガスってましたが西方向の眺めがいいです
ここから大門まで素晴らしい下りです(乗れ乗れ)
d0144550_11364342.jpg
    (自転車に乗って鳥居をくぐるのはちょっと気が引けました)
大門の脇に下りて来ました
d0144550_1139122.jpg
     「こんな鉄馬で登って来たのか?」と金剛力士阿形像

第2ステージとなる町石道の取りつきは大門から道路を渡った所にあります
d0144550_11421749.jpg
     ここから麓の慈尊院まで20km弱の道のりです
ちなみに高野山町石道はは九度山の慈尊院から高野山奥の院の御廟まで約24Kmの古道で世界遺産の一部になってます
高野山街中と麓の柿畑から慈尊院までは舗装されてますが20km弱シングルトラックが続きます
d0144550_11505710.jpg
     階段セクションが終わったとこからほとんど乗れます
時たま下からハイカーが登って来られますのでそのときはすぐに自転車から降りて押して挨拶をします
ガンガン下って「プッシュー!」パンクです
d0144550_11535249.jpg
     リム打ちです2カ所穴が空いてました
場所が分かったのでパッチを張って修理
ホイールに戻して空気を入れた所、空気が入りません!
どうやら別の所にも穴があるようです
パンク修理セットに入っていたパッチゴムは小x2枚、楕円の大が1枚で計3枚、小の2枚を使ってしまいました。他の穴は探せませんでしたので仕方なく予備チューブに交換しました
(この時、焦っていたので空気入らなかったのか家に帰ってから確かめると穴はこの2カ所だけでちゃんと修理できてました)
修理完了後、気を取り直してまたガンガン下ります
すると!5分も経たないうち、また『プシュー!!!!!』わっちゃー!またパンク
この道にはこんな
d0144550_1214277.jpg
排水のための溝がたくさんあるのです。幅は広いもので30cm以上ほどしかも天然石で壁が作られてるので尖ってる角もあるのです
Fホイールはハンドルを引き上げて回避できるのですがリアは半分以上そのままぶち当たってしまいリム打ちに・・・(僕の体重かな)
チューブを出して確認すると「やはり」今回も2カ所穴が開いてます
どないしよう?パッチはあと1枚、大きめやけどハサミやカッターもないし
最悪この町石道はもう少し下れば一旦国道とクロスするのでバス、もしくはタクシーで帰るか
望みは工具入れの中にパッチが入っていれば・・・・
リックの一番底から工具入れを取り出すとそこにもう一つのパンク修理セットが!
助かりました、パッチは5枚程入ってました
やれやれ
タイヤの空気圧は高めにし、念のため溝があるたび下りて通過しました
町石道は一旦国道を渡り、さらに下って
d0144550_12171626.jpg
     階段を下って(ここは乗って下りて来ました)
一旦峠部分の矢立交差点に下りて来ました
d0144550_12203310.jpg
     ここの自販機でポカリをボトルに補充
道を渡ってここから第3ステージです。
d0144550_12221232.jpg
     2度のパンクで時間がおしてきました
ここからまた上りです。結構この上り返しキツイです
また尾根まで上がります
d0144550_12262618.jpg
ここの上り坂は結構乗って上れますがバテて来たので押すことが多くなって来ました
第3ステージでおそらく一番標高の高い所に二つ鳥居があります
d0144550_12314532.jpg
     日が傾いて来ました
順調に下って行きますが時折木々の間から遠くを見るとまだまだ標高の高い所に居るようです
d0144550_123856100.jpg
     もう3度目のパンクをするとヤバそうな時間になって来ました
d0144550_12411540.jpg
     山の北側に回り九度山〜橋本の街が見下ろせます
この町石道を通るのに山の中では標識もしっかりしてるし地図は1/25000地形図や南海電鉄の「ぼちぼち&てくてくMAP」の町石道地図を参考にしてるのですがこの地図は慈尊院からの上りの案内になってるため上から下ってると麓での他の道との交差点や分岐が少々判りづらい面があります
道はシングルトラック区間に別れを告げ柿畑の中のコンクリート舗装の急坂に
道を確かめながら坂を下りてこの町石道の起点、慈尊院です
d0144550_12501195.jpg
          落ち着いた佇まい一部改修中でした
その門前に柿を売ってるお店がありました
平柿一盛り¥300、お土産で買って帰るには重いなあと思いながらも
子供の相手をしながら店番をしてるお母さんがきれいな人だったので
試食どうぞ!言葉に負け一盛り買いました
ただでさえ大阪で買うより安いのにたくさんオマケしてもらい(13個ありました)
カウンターの上にあったジュルジュルの柿を洗ってもらってその場で頂きました.
疲れた身体がジュルジュルの甘さで癒されました
d0144550_125340100.jpg
          レジ袋2重にしてもらいました
ハンドルにぶら下げてグラグラ振られながら橋本駅まで5km程走ります
駅前でビールを買って輪行
電車の中で独りビールを飲むのちょっと恥ずかしかった
シングルトラックの下り堪能できました

(お断り)
途中で気づいたのですがこの町石道
車両進入禁止でそのポスターにMTBの絵もありました
今回誰からのお咎めもありませんでしたが
行かれる方は自己責任のもとでお願いします

今日の走行距離:85km(自宅〜駅の自走分も含む)
今日の出費:電車賃往復¥1610(復路はなんばから阪神電車利用)
      ローソン100でオニギリなど¥735
      女人堂でお賽銭¥9
      高野山勝間屋で大豆丸ごとミートと胡麻豆腐¥690
      矢立の自販機¥120
      柿のお土産¥300
      ビール¥219
      不動谷川沿いのオニクルミ:ただ
----------------------------------------------------------------
     計  ¥3683

疲れましたが充実した一日でした
      
[PR]

by masagoon | 2011-10-27 13:23 | 自転車(MTB系) | Comments(1)

Commented by passハンター at 2011-10-27 15:44 x
次回は高野駅まで輪行で行き高野三山お薦めです。

<< ついに2ケタ!MK10号と鯰 高野山、登って下りて >>