酷道477号線の旅(その2)

先週につづき「酷道477号線」の旅の続きに行って来ました
前回の最終地JR篠原駅まで輪行です
時間表を詳しく下調べしてなかたので、とりあえず地元駅を始発に乗ったのですが1時間ほどロスしてしまいました
d0144550_2205159.jpg
     7時過ぎに到着、丁度通勤通学ラッシュです
身支度をして7:30に出発
d0144550_221778.jpg
     ここ篠原は近江八幡市になります
d0144550_2211730.jpg
     R477も通勤時間帯で車の往来が激しく竜王町へ
竜王町のダイハツの工場の前を通りました。R477の終点、大阪府池田市にダイハツの本社があり、別にR477を使って物流している訳ではないですが何か縁を感じます
d0144550_2213657.jpg
    一旦東近江市に入りR477は一直線の道に
d0144550_221469.jpg
     日野の手前で大型車通行不能に
d0144550_2215515.jpg
     道は畦道に近い農道風に
近江鉄道、日野駅
d0144550_222462.jpg
     ビア電「飲み放題3,000円」のポスターに目がいきます
駅前から少しの間R477と外れて古い町並みの中を走ります
途中国道307号線と交差します
d0144550_2221389.jpg
     「↑枚方」ここから枚方に行く人は居らんでしょ
帰ってから調べて見るとR307は90km強で大阪府枚方から宇治田原〜信楽〜彦根まで続いてるそうな、この道を尋ねてみるのも面白いかも(これやったら楽々、1日で走れるワ)
d0144550_2222493.jpg
   古い町並みの中に「大地堂」というパン屋さんがありました。
店主自ら小麦から栽培し、自分で石臼で挽きパンを作ってるそうです。ただ営業は週末と月曜日だけという変則ですが、おまけに5月から『産休』に入りますというお知らせが掲示されてました。
(passハンターくん、一度尋ねてみてください)
町中を抜けると東に「綿向山」がそびえてます。
d0144550_2223370.jpg
     1110mの山頂は雲の中で見えません
ここからR477は鈴鹿山脈に向かって山区間になります
d0144550_2224456.jpg
     徐々に高度を上げ、一旦「平子峠」を越えます
d0144550_2225318.jpg
     野洲川ダム下の集落の標識に初めて「四日市」の文字が現われました
d0144550_223646.jpg
     この先は「鈴鹿スカイライン」という有料道路だったそうです
d0144550_2232352.jpg
     有料道路だったという名残りの料金所跡です
でも行き来する車にはほとんど会いません。無料になってもこれですから有料時代はどれほど収益があったのでしょうかネ
d0144550_2233786.jpg
     道は九十九折れで高度を上げて行きます
d0144550_2244233.jpg
     頂上近くから上って来た近江の山々を望みます
d0144550_225033.jpg
     やがて頂上、武平峠「武平トンネルです
d0144550_2253846.jpg
     生まれて初めて自転車で三重県入りしました
ここのガードレールの切れ目から湯の山温泉に下る登山道がありました。
国道をトレースする旅でなくまたブロックタイヤ装着のMTBだったら絶対にこっちで下った事でしょう。
d0144550_2255082.jpg
     標高800mちょいから一気に下ります
d0144550_226114.jpg
     ゴールの四日市まで残すところ18kmです
d0144550_226324.jpg
     いよいよ四日市市入りです。下界は大変蒸し暑いです
d0144550_2264730.jpg
     道は広くなり街中をと思ったらこの道は国道ではなく
(1回ここを進んでしまってまた戻って来ました)
d0144550_227190.jpg
     本当は左側の堤防の上の細い道がR477でした
d0144550_2271834.jpg
     最後の最後で通行止めです
d0144550_2273417.jpg
実はこの国道の橋の工事でなく交差する一般道の橋の付け替えで国道であるこちらが通行止めになってるのでした
しばらく閉鎖されたままのようで道に草が生えてます
d0144550_2275315.jpg
     ガードをくぐるといよいよ終点(起点)1号線です
閉鎖されてるので1号線との交差点にはガードマンが立ってました。
d0144550_2281145.jpg
     とてもここから二百数十キロ始まる国道の起点ではないような景色です
この酷道の旅はここで完結

ちょうどここで正午
ここから輪行で帰るのも電車賃勿体ないので走れるところまで走ることに
d0144550_22974.jpg
国道1号線を走ります。大阪付近を含め1号線を自転車で走ったことほんどありません
本日の走行距離も100km近くなったのと、直射日光と暑さ、それに車の渋滞で食欲はないものの若干ハンガーノックぎみなのか足が進みません
四日市で食べ損ね1号線を西に進むと食べられる店もなくなり巡航速度が15km/hを切ってきました
1号線はバイパスで別れ、旧道を亀山駅方面に入ったところにあった最初の食堂で食べることに
d0144550_2292643.jpg
     ここ亀山方面のB級グルメ、味噌焼きうどん!(定食で¥800)
これが・・・
あまり食欲のない気分からなのか、この店が悪かったのか不味いのなんのって?
外で飯喰ってこれほど(マズイ)と思ったこと記憶にないです
d0144550_2294389.jpg
  亀山駅にちょっと寄りました。中学生の頃SLを求めて来たことがあります
駅舎の覚えはありませんが、ホームとその屋根は昔のままでした
関宿を過ぎて1号線は鈴鹿峠へ上って行きます
大型トラックの多い一号線は避け
d0144550_221029.jpg
     関西線沿いの大和街道R25を選びました(全然車通ってません)
d0144550_22101872.jpg
     関西本線の難所「加太越え」と並走して伊賀市へ入りました
話は逸れますが
その加太越えは蒸気機関車時代の機関士、機関助士にとってそれはそれは大変だったようで当時はその苦悩など全く知るよしもありませんでしたが、最近になって読んだ鉄道の本によると牽引定数いっぱいの貨車を後部補機を伴って急勾配の加太越えの頂上にある長い加太トンネルを通過するするのは死ぬ思いだったとか。
蒸気機関車なくなるの当たり前です。
峠を越えたところに柘植駅があります
d0144550_22103596.jpg
     関西本線と草津線の分岐駅でここも昔.何度か尋ねました
駅奥の待避線に加太越えの為の補機が止まってました
さあ、ここから下り基調、県道4号線を飛ばします
先ほどの味噌焼うどんが効いて来たのか足が良く回ります
バンバン走って
d0144550_2210541.jpg
          再び滋賀県に入りました
今日は足が吊ることもなくスコブル調子いいです
2時間に1個のオニギリの補給食だけでなくちゃんと昼食(たとえ不味くても)を摂ることの重要さを思い知りました。
もっと早く四日市で食べておけば良かった
d0144550_22111210.jpg
          忍者の飛び出しをかわし
時間も夕方6時を回り何処までも走れそうな足でしたが、走行距離も160kmを越え、時たま雨粒が顔に当たるようになったので、本当は草津まで走りたいところでしたが
←「JR甲西駅」の矢印に誘われて無理せず甲西から帰ることに
ホーム上には帰宅する学生がいっぱい
(ええ、もうすぐ電車来るのとちゃうの)
急いで輪行して切符を買おうと思ったら電車、来てしまいました
あっちゃ〜、次の電車まで1時間もあるんとちゃうやろねと時間表を見ると次は20分ちょっと後
僕の頭の中には旧型客車を牽くC58が走ってた頃の草津線でした。
今は電化されて沿線は充分大阪、京都のベッドタウン。列車の便も多いようです
d0144550_22112724.jpg
      今日もよう走りました(今日は締めのビールなし)

それと帰りに自宅の最寄り駅で自転車を組み立ててる時に
僕より少し若いサラリーマン風の人に声かけられました
「輪行でどこか行ってきはったんですか?」
 (はい)
「えらい古い自転車、大事に乗ってはると思いまして・・・」
 (そうでしょ、今時カンティのMTBってね)

リッジランナー君にもよい思い出を作ってあげることができました


本日の走行距離:160km
本日の出費:電車賃往路帰路とも@¥1,450x2
      出かけにローソン100でオニギリなど¥360
      自販機でジュース2回。計¥270
      味噌焼きうどん定食¥800
      コンビニで牛乳、アイス、ジュース¥252
   合計:¥4,582

本日のコース
d0144550_6545142.jpg
     次は国道307号線の旅かな?
[PR]

by masagoon | 2012-07-04 22:11 | 自転車(舗装路系) | Comments(14)

Commented by passハンター at 2012-07-05 01:17 x
ほへ~行ってましたか、こちらは枚方凍氷のカキ氷 再チャレンジで食べに行ったらまたもや準備中 どうやら平日はオープン昼前みたい、この国道ルートもコルナゴできたら逆走で行きたいな~
Commented by ゆうと at 2012-07-05 08:51 x
まさごさんm(_ _)mおはようございます、わお~またロングですね、ロードでもやっぱついていけませんわ(^_^;)
昨日いつもの三田コースへ60k程で腸脛靭帯の具合が。。もうちょい距離延ばすつもりがダメダメですわ。
Commented by 山賊総業 at 2012-07-05 11:25 x
三重まで行ったんやったら、津のあたりでウナギを釣ってこなあかん。
来週、ミミズ持参でもう一回やり直しやね。
Commented by masagoon at 2012-07-05 12:20
>passハンターくん
 コルナゴで是非一度R477行ってみて下さい
 君やったら、四日市から北山、池田まで1日で走れるのとちゃう?
 ほんで日野の「大地堂さん」でパン買って下さい
Commented by masagoon at 2012-07-05 12:23
>ゆうとさん
 何とか天気持って良かったです
 鈴鹿越え(武平峠)はそれほど急坂なところはなく思ったより楽でした
 新しいサスを試しに山行きたいです
 またよろしく
 
Commented by masagoon at 2012-07-05 12:26
>山賊総業さん
 四日市あたり、うなぎ屋さん結構ありました
 値段を見ることもなかったのですが
 まずい定食食べるのやったら、思い切って食べたら良かったと後悔しました
 でも、昨今のうなぎの高騰からか沢山見た店の半分は廃業してました
Commented by 山賊総業 at 2012-07-05 13:07 x
亀山はモダンになったけど、柘植駅の駅舎は昔のままの佇まいですね。
柱の横で輪行袋に詰めたことがあります。

それから、機関士と機関助士ですが、正しくは機関助「手」のはずです。
それくらい白い腕章を巻いた機関「士」が偉かったんですね。

有名なドキュメンタリー映画『ある機関助士』も同じ間違いです。
Commented by masagoon at 2012-07-05 13:24
>山賊総業さん
 気づきませんでした。
 今まで「助士」だと思ってました
 知り合いにJR近郊電車の運転士が居るのですが
 いつも
 おれは「運転手」ちゃうで
 『運転士』や、漢字は武士の「士」や!って
 言ってます
Commented by masagoon at 2012-07-05 14:56
>山賊総業さん
いま「ある機関助士」見ました(YouTube、便利な時代になりました)
何だか胸が暑くなって涙が出ました
鉄道学校での事故の訓練で発煙筒持って走るシーン
それに合わせて数人の子供が場内を走ったり
また、機関士が一息ついて運転中にタバコ吸うところ
 時代ですね
僕の好きな昔NHKで放映された「蒸気機関車C62」という番組(これもYouTubeにあります)昔、当然(中一のとき)家庭用ビデオなんて無くテレビからカセットコーダーに録音したものを何度も聞き返したやつです。
この番組のナレーションに
”新聞の投稿欄に亡くなった機関士の息子さんの投稿で”
「SLファンよ感傷にはしるな・・・いたずらにカッコいいと思ってくれるな、働く機関士はそれはそれは大変辛く激しい仕事なのだ・・・」というのが有ったのを思い出しました。

昨日、柘植を出発してから県道4号に入るのにチョンボかまして、手前を曲がったら間に草津線の線路があったんで『線路内立ち入り禁止』という看板が有ったのにかかわらず、自転車担いで横断してしまいました。
久々の経験でしたが、あの時ちゃんと左右確認したかなあ・・・?
Commented by 山賊総業 at 2012-07-05 19:11 x
蒸気機関車機関士の労働環境は厳しく、定時運行や安全に神経を使う仕事だったので、退職後まもなくして病没する方が多かったようです。
鉄道少年だったのは中学の一時期、自転車を始める前のごく短い期間でした。京都梅小路から姫路間の近場しか行っていませんが、SLブームもまだ始まってなく、機関士さんや駅員の方が子どもを大事にしてくださったので、けっこう濃密な体験ができました。
当時の秘蔵の写真です。
  ↓
http://www.d1.dion.ne.jp/~sentaka/kemuri-001.htm
Commented by masagoon at 2012-07-05 20:47
>山賊総業さん
 写真拝見しました
 構図もいいし良い写真一杯ですね
 ヨンサントオ(S43.10ダイヤ改正)直前ですね
 C57 11など僕が後に播但線で撮ったことあるカマが出てるので
 余計に思いも一入です
 昔々、幼い頃大阪のデパートへ連れて行ってもらう途中
 尼崎駅のキリンビール工場の横にSLが停まってたことを
 うっすら覚えてるくらいです
 身近な蒸気機関車、すごく憧れがあります
Commented by passハンター at 2012-07-07 00:05 x
赤穂の三木さんから連絡ありまして 山ほどのニューサイトとケルビムランドナー要らないかと連絡ありまして(ダウンチューブにクラックあるそうですが) ありがたく頂戴するのですが 良く考えるとサイズが私には合わないので 要りますか?
Commented by masagoon at 2012-07-07 06:41
>passハンターくん
 欲しいような気もするけど
 三木って僕よりも身体大きかったんとちゃう
 530mmくらいかなあ
Commented by passハンター at 2012-07-07 07:33 x
三木さんも忙しそうで 私も取りに行くのはお盆になると思います。

<< 昨晩は近所へ 久しぶりにウナギ釣り >>