遠征タコ釣り

とある情報によれば

頭(胴)が大人の頭くらいあるタコが釣れる・・・

ホンマかいな? そりゃミズダコやろ〜
まあ、話半分に聞いても「子供の頭」か〜
しかし遠すぎる
でも大ダコの誘惑に負けてゆうとさんをお誘いして先日の休日に行ってきました

家から3時間30分・・・遠い
場所は伊勢志摩のとある漁港
d0144550_14392310.jpg                         6時過ぎに到着してみると波止には「トビ」がいっぱい
d0144550_14412574.jpg
      ちょうど港では水揚げの真っ最中
トビは水揚げの際に選別した雑魚を狙って集まってたのです。その数、百羽くらい

まだ薄暗い中、まずはアオリイカを狙って餌木でやってみます
風が強い中やっと糸を通して投げた瞬間、ラインがガイドに絡んでいたようで
第一投でパチッという音と共に餌木だけが飛んで行っちゃいました。(ガックシ)

ゲンが悪いのでアオリはきっぱり諦めタコ一本でやりました
ポイントと聞いてるところをナメルように攻めますが全く気配なし
(こんなところまで来て坊主か・・・)そんなことが頭を過りました

仲買のオッチャンは
「アオリか?」
『タコですが』
「タコなんか上がってんの見たことないなあ」
(そんなあ〜)

魚の水揚げが終わったところで荷揚げ場へ移動
(廃棄された雑魚が海中へ投棄されてます)
寄せ餌はバッチリ
何度もテンヤを通します

9:30
?????・・・ウォ!乗った!
d0144550_14534299.jpg
     大きい!久々  初の2kg越えか?
d0144550_14554838.jpg
     急いで離れたところで釣ってたゆうとさんに見せに行きます

ズッと餌木を投げてたゆうとさんもタコにチェンジ
しかし後が続かないし・・・ゆうとさんは坊主か?
このまま釣れずに終了したら僕の釣ったタコ半分分けなあかんなあと思ってました

と、思ったその時!
ゆうとさん
『来た!〜』
念のためタモで掬おうと走りかけたとき
・・・水面でバレてタコは元の海底へ
あ・・・うそや〜
でも「もう一回乗ってくるかもよ」ってことでその付近を攻めます
しばらくして
『やった!〜』
今度は無事タモにイン!(良かった〜)

その後も攻めまくりますが、ここに居たのは僕たちのこの2杯だけ?

釣ってる最中、水面下の岸壁にえーモン発見(???)
d0144550_15121493.jpg
     一瞬ヤドカリ?とも思いましたが サザエ!(そこそこ大きい)

後が出そうにもないので昼過ぎに撤収
せっかくここまで来たのでちょっと観光
d0144550_1516779.jpg
               大王崎灯台
d0144550_15163858.jpg
       足元には良いサラシが・・・ヒラスズキは居てるのかな

駐車場の前のお土産屋で「さめたれ」(サメの切り身の味醂干し)を買って帰路へ
睡魔が襲ってくるか心配でしたが無事帰宅
タコの足2本だけを湯がいて他は1本づつラップで包んで冷凍
d0144550_15203051.jpg
          サザエは壷焼き
d0144550_15205495.jpg
          旨かった!

何とか釣果は出たもののもう一、二杯は釣りたかったなあ
ところでこのタコ家で検量してみると
なんと1,670g!全く2kgに届かずでした

夢の2kg越えはいつの日か・・・
[PR]

by masagoon | 2015-11-06 15:26 | 釣り | Comments(10)

Commented by ゆうと at 2015-11-06 16:44 x
まさごさん運転往復でありがとうございました<(_ _)>お疲れ様でした。
いや~ホント釣れて良かったです!僕も家帰って計りましたら
1.2kジャストでした!
足3本を夕食の刺身に筋肉質で噛めば噛むほど旨味が、大きな肝も煮付でビールに最高でした!
Commented by masagoon at 2015-11-06 17:12
>ゆうとさん
お疲れさまでした。もうちょっと釣れたら良かったのにね
タコの肝ですか、食べたこと無いです。確かに内蔵の半分くらいの重量があって捨てるの勿体ないなあと思ったことはありますがね
エラは珍味やといってTVでやってて喰ったことありますが旨いとは思いませんでした

また釣れそうな所あれば行きましょう!
Commented by 山賊総業 at 2015-11-07 17:29 x
とある情報によれば
ツールの難所モン・ヴァントゥに散った大英帝国の誇る世界チャンピン、
トム・シンプソンが生前特別に監修し、名門カールトーン社に製作させた
ピストロードのフレームがこの日本に1台実存するらしい。ホンマかいな? 
ピストロードというのは、シングルにブレーキと泥よけを装着できるようにした冬場の練習用のトラックレーサー。日本ではあまり馴染みがない。フレームの試作段階だった68年夏にシンプソンは突然夭折し、シンプソンモデルの製作は各サイズあわせて僅か10台程度の試作車が組まれただけで、市販はおろかその存在すらあまり知られていない。

人づてに尼崎にいるオーナー氏に問い合わせてみたものの要領を得ず、本来の設計とはかなり異なるパーツで組まれているようだ。しかも、あまり乗っていないようで、どうももてあましているらしい。

もしそれが本物ならば、太英帝国博物館に陳列されるレベルのお宝ものなのだか、マニアがつくった贋作かもしれない。さてどうしたものか。水面下で少し動いてみよう・・・、もしかしたらタコが釣れるかな?
Commented by masagoon at 2015-11-07 22:10
>山賊総業さん
山口県在住のakasa_tanahaさんって?
Commented by ikasasikuy at 2015-11-10 01:56
ええたこやなぁ・・・
今年200パイぐらい釣ったけど
そんな大きいたこ釣ってません
週末またクラシコ
こんどこそ2キロオーバー!
Commented by masagoon at 2015-11-10 16:36
>Ikasasさん
西の海、タチウオにタコざくざくって書いてますけどどうなんでしょ?
2キロといわず3キロ目指して下さい!
Commented by sparrowhouse at 2015-11-21 13:51
仕留めたタコの大きさもさることながら
そこまで行った気力もスゴい。
いや、畏れ入りました
Commented by masagoon at 2015-11-22 12:40
>sparrowhouseさん
キロアップのタコが数杯釣れると思いクーラーボックスも特大(ブリが入るくらい)のを持って行ったんですが・・・
Commented by 大澤 at 2015-12-01 21:01 x
えらい遠くまで遠征してはりますやん!それでも岸から大きいたこはさすがとしか言いよう無いです。

夏にいきしょう!タコ釣りお誘いします
Commented by masagoon at 2015-12-03 18:00
>大澤さん
遠くまで行った割に??な釣果で・・・
是非夏の船タコ、誘って下さい!

<< ゆうとさん復帰ライド_大野山 ROCKSHOX psylo ... >>