なんちゃって!ALTEC MANTARAY(その2)いよいよ製作

なんちゃって!ALTEC MANTARAY(その1)より
d0144550_17203036.jpg
          仕上がりはこんな感じ

またまた前置きが長くなりましたがいよいよ製作です

寸法を1/2にすることにし材料はいつものホームセンターで千円弱のコンパネです

まず線引き
d0144550_17211210.jpg
     コンパネに鉛筆で線を引きました
ノコギリの刃の厚みによる仕上がり寸法の誤差(大きな)も気にしないでおきます
気にしたところで正確に切れないし元々設計図通りにケ書きもできませんからね?

丸鋸で切り出していきます
この段階では左右で4つずつ合計8枚のパーツとなります
超手抜き!
本来のちゃんとした製作ではホーンを構成するそれぞれの面を一つずつ作るとなると片側でなんと12面が必要で各面の接続部も複雑な角度となってしまいます。そんなことはようしません!
この12面を4枚の板から作ることにします(この方法を思いついたからこそ今回の製作となりました)

まず誤差だらけのパーツをなるべく誤差をなくします
d0144550_17375323.jpg
    同じパーツ4枚を重ね(最大公約数的に)固定
d0144550_1739829.jpg
     ベルトサンダーで出てるところを無くす
この段階で本来の設計図とは違いが出てるかも?(気にしないことが一番)

12面を4枚の板から作るということは1枚の板が3面を構成することになります
オレってなんて頭がいいのでしょう!
d0144550_17472258.jpg
     折れ曲がる外側に割を入れます(ウッヒョー頭イイ)
d0144550_17482986.jpg
     折れ角が大きいと思われるところはさらにグラインダーを通します

で組み立て
d0144550_17513481.jpg
     割の部分にコンクリメントを注入

わっちゃー!思わぬ誤算発生
側板を上下から挟み込む形をとったので側板の上下面は水平でイイと思ってました・・・
複雑な角度ですやん!!
d0144550_17551754.jpg
          メッチャ隙間空きます
下手したら上下方向に上下10mm近く誤差が出ますが気にしないことにします
d0144550_17585080.jpg
               何とか2個完成
d0144550_1831289.jpg
     木工ボンド乾燥後、木工パテで隙間を埋めました

第1スロート部分の寸法が足りません!
d0144550_1895941.jpg
     心配要りません!ガムテープで型枠?を作りエポキシを充填で回避

この半分マンタ(1/2マンタレーホーン)では第1スロート部にスタンド兼フランジを作りフランジアダプターをいろいろ作ってドライバーをいろいろ取り替えられるようにします

フランジ部の製作
この辺りから現物合わせの工作となります
d0144550_18123747.jpg
         電動工具ってスゴイのね(角度切りで助かります)
d0144550_18133165.jpg
      現物合わせが難しいと思われたところも難なく通過
d0144550_18162421.jpg
          ホーンとフランジをコンクリメントで接続
フランジの面を出す為に
d0144550_1818838.jpg
     ガラス板の上に置いてフランジの高さを修正
(ホーンの開口部って正確に出来てたか?ってことは気にしない)

第1スロート部分内側の接着剤や出っぱりなどのを削り、なるべく面を出して完成!

d0144550_18195892.jpg
     ALTECらしいグレー(白、黒、青の塗料を想像で混合)に塗って完成

なんちゃって!ALTEC MANTARAY(その3)へ




[PR]

by masagoon | 2016-05-17 18:25 | オーディオ | Comments(0)

<< なんちゃって!ALTEC MA... なんちゃって!ALTEC MA... >>