山鍋シリーズ・第4回ボタン鍋 in 金剛山

(備忘録)先々週の2月7日のことです

山鍋シリーズの今年2回目のボタン鍋を金剛山でやってきました
MTBがメインなのか鍋がメインなのか・・・

今回は水曜日組4人の参加でした

この日、出発時の山頂の気温は6時時点で-10度だったらしいです
いつもの所からいつものように最短コースで山頂を目指しました
d0144550_12120935.jpg
気温は低いですが雪は少い

林道には雪がありますが圧雪されてて歩きやすかったです
本日はいつもの「ぜんざいポイント」でコーヒーにしました
d0144550_12160591.jpg
当日は快晴で極コントラスト

ここからアイゼンをつけ、ほぼ押し上がりで
d0144550_12192564.jpg
伏見峠に到着
d0144550_12222422.jpg
神域内は押して通らせてもらって
d0144550_12241904.jpg
山頂の葛城神社の前で見事な霧氷?逆光でキレイ

山頂広場へ行くまでの売店前のテーブルで山鍋にします
d0144550_12270659.jpg
d0144550_12263938.jpg
今回は4人で猪肉1kgでしたが充分な量でした

食後にココアをいただいて、いよいよ至福の下りへ
d0144550_12304718.jpg
今まで山頂のライブカメラの記録は1時間毎でしたが、30分毎になったらしいです、でも気温の記録は毎時00分だけみたいです
d0144550_12323580.jpg
いつもならたくさんの人で賑合う金剛山ですが,この日はアプローチも含めて山頂広場も人が少な目


山頂広場直下から下りは始まりますが、何と通行止め
少しロープをくぐって進んでみましたが、すぐの所が昨年の台風で斜面が崩落してて、通ってる足跡もありましたが,今回は諦めることに
大日岳経由、林道ガンドガコバ線で下ろうかと思いましたが、水越峠から舗装路で降りるには勿体ないし、地図とニラメッコして本来の青崩道への復帰道を探します
地図上には道はあるものの,雪で取りつきが見つかるのか不安でしたが、すぐに見つかり,いつもの道に復帰することが出来ました

至福の下りの始まりです
段差の大きな階段も圧雪された雪で段差がなくなり、バンバン下れます
ホント至福の道です

d0144550_12464364.jpg
高低差の半分くらいまで雪があって、それからは霜柱をバキバキ言わせながらの下り

本当に下り甲斐のある道です
あ〜楽しかった

↓当日の動画


来週はまた何処かの山で、中元のヒネ鶏で山鍋かな



[PR]

by masagoon | 2018-02-17 12:54 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

<< 山鍋シリーズ・その9 第1回中... 山鍋シリーズ・第3回ボタン鍋合... >>