カテゴリ:自転車(MTB系)( 229 )

山鍋シリーズ・その23 金剛山頂でボタン鍋

昨日の水曜日組は毎年恒例の金剛山へ行って来ました

雪のある時期に行くのが通例ですが,今年は暖冬傾向に加えタイミングも悪くベストな状態ではなかったですね

雪の多いときですと登山口に行くまで道端に積雪がありますが、今年は完全ドライ
d0144550_17282406.jpg
例年ならここからアイゼンを装着することもありますが・・・

乾いた坂道を押していきます
d0144550_17282481.jpg
念仏坂の始まるところまで来ても雪はなし
ここでコーヒー休憩
以前はここで金剛山名物「ぜんざい」を作りましたが、糖尿病になった今では
過去の話(悲しい!)
自転車で身体動かしてるのだからちょっとくらいいいかなとも思います
今度はちょっとだけ作ろかなあ〜

念仏坂を押し上げて
d0144550_17282527.jpg
伏見峠、ここも雪なし

しばらく稜線を行くと
d0144550_17282591.jpg
日陰部分に雪がありました
d0144550_17501739.jpg
山頂の葛城神社の神域は自転車は押して歩きます

d0144550_17282578.jpg
12:30に山頂ひろば到着、早速お鍋の用意
d0144550_17371781.jpg
ボタン鍋を2回に分けてし、〆は中田さんのうどん!

あ〜美味しかった
丁度13:30になったのでライブカメラ定時撮影に写ります
d0144550_17450267.jpg
結局12:30、13:00、13:30の3回に写りました

d0144550_17501759.jpg
身支度をし、ゴミを拾って山頂広場の上から出発です
d0144550_17501783.jpg
雪が少ないので、階段の段差が堪えます
d0144550_17501735.jpg
ほんと長い長いダウンヒルです
d0144550_17371776.jpg
長い下りなので途中でまたコーヒー休憩を挟みます

調子こいて下ってると
??
違和感
「落ち枝に気をつけなけば!」と言った直後でした
d0144550_17371717.jpg
やってしまいました

ハンガーから曲がり、修正を試みましたが、やはり折れてしまいました
幸い古いサンツアーのツメから自作した「エマージェンシーハンガー」を持っていたので交換
その後も普通に変速もできて
d0144550_17371742.jpg
下の林道からさらにデザートコースも楽しめました

小トラブルはありましたが、今回も天気良く、美味しい山鍋を堪能することができました
『あ〜美味しかった』

次は何処で、何鍋かな?





by masagoon | 2019-02-14 18:13 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

山鍋シリーズ・その22 東播-松尾山東尾根

2月の6日、水曜日組は昨年末に東播-白髪岳へ行った際に時間切れで、後半行けなかった松尾山から篠山口に至る東尾根をコンプリートしに行って来ました

本当は金剛山へ行きたいのですが,遠日の雨で山頂の雪がなくなり、またこの日も雨模様で少しでも北に行った方が天気が良さそうなので、スマホで雨雲レーダーを確認しながらの出発となりました(まあ,便利な世の中になったもんです)

雨の中、国道372沿いの車のデポ地に到着
ゆっくりと支度し、雨の中出発
実は過去に雨の中の山サイで、僕だけ用意万端で他の二人が冷たい雨に濡れ、超寒い思いをしたことがあり、この日は他の二人は雨具など完全防備、しかしなぜか私は特に対雨の装備は持たずにやって来てしまいました。さてさて

11時前、小雨の中出発。林道を上り詰めます
d0144550_12244402.jpg
杉林に入ると雨は幾分マシです
d0144550_12244483.jpg
登山口の東屋に到着、雨はほとんど霧雨状態に

東屋でコーヒー休憩をし、雨具は脱ぎました
d0144550_12244436.jpg
押しの山道になったところで雨はやみました(良かった)

九十九折れの登山道を上り詰め
d0144550_12244499.jpg
ガスの中の稜線に到着
d0144550_12244464.jpg
今回は松尾山山頂はパスし、東側の巻き道で「肩超の辻」へ

お昼を少しまわったのでここで昼食「山鍋」の開始です
d0144550_12511235.jpg
本日は鶏胸肉の中田特製うどん出汁鍋です

d0144550_12244409.jpg
安全弁バネを強化したPRIMUS71L、今日は大丈夫?

ガスの掛かったシ〜ンとした山にPRIMUSの爆音が響きます
d0144550_12244455.jpg
出来上がり!寒いお山でお鍋はやっぱり最高です
d0144550_12511276.jpg
食べてるうちに陽が差して来ました
d0144550_12511240.jpg
幻想的な・・・さあ、出発
d0144550_12574638.jpg
1つ北の尾根に入ってしまい一旦引き返すことに
d0144550_12585494.jpg
途中の尾根から篠山の町が見下ろせました

d0144550_12595308.jpg
そこそこアップダウン、倒木があります

d0144550_12595311.jpg
でもそこそこ乗れます
d0144550_12595352.jpg
杉林を抜けると
d0144550_12585412.jpg
広く伐採された見晴らしポイント
d0144550_12585407.jpg
最後のピークでまたコーヒータイム
d0144550_12595393.jpg
一旦急な道を降りてまた登って禄庄城跡

この禄庄城跡の他にも2、3の城跡がありました

今回は結果的に天気にも恵まれ、山鍋も美味しかったしトラブルなく降りて来られて大変よい山サイになりました
また次回もよろしくお願いします





















by masagoon | 2019-02-08 13:14 | 自転車(MTB系) | Comments(1)

山鍋シリーズ・その21 猪名川山脈縦走

昨日も水曜日組はふたりで近所の山へ
近所では未訪問の新たな山も少なくなって来たので
27年前に新川さんが出された「関西MTBツーリングブック」を参考にさせていただき
d0144550_12281016.jpg
「猪名川山脈縦走」に行って来ました

d0144550_12360899.jpg
基本高圧送電線の「南大浜線」にそった巡視路です

巡視路ですので、基本的には昔も今も大差ないはずなんですが、今は旭が丘住宅地から伸びる新しい道もできていて27年前とは相当環境が変わっていることになります

d0144550_12330470.jpg
取りつきは猪名川変電所南側の栗畑
d0144550_12330429.jpg
栗畑を抜け杉林に入ったところにジョンボート(アルミボート)が水桶の代わりに使われていました(勿体ないなあ)

d0144550_12330426.jpg
杉林を抜け、急な斜面を押し上げます
d0144550_12330476.jpg
高圧線「南大浜線」の3番鉄塔へ上がります

氏のガイドブックには眺望の良いところなどの表記がありますが、さすがに27年前からは木々が伸びていて見晴らしが利くようなところはありませんでした
尾根の上の道は比較的乗れますが,アプローチや谷筋の道は昨年の台風被害でしょうか倒木が多く思うように進むことができません

d0144550_12535332.jpg
第一ステージを終え谷筋で昼食の山鍋


山鍋シリーズ・その21 豚肉の寄せ鍋

寒い山の中で食べるお鍋はいつも美味しいです
しかし、食べてる最中にまたトラブル発生!
d0144550_12330537.jpg
プリムスストーブの安全弁から派手に炎が上がりました


アルミコッフェルが瞬く間に煤で真っ黒ケ
今回は高耐熱、耐油性抜群なはずのフッ素ゴムでフィラーキャップパッキン&安全弁パッキンを作って来たのですが・・・

d0144550_13265800.jpg
炎をあげたまま鍋は続き、二回し目から〆のうどんまでガス欠になって自然鎮火するまで楽しめました
あ〜美味しかった!

第2ステージは谷筋から旭が丘住宅地東側の山を上がります
上がって6番鉄塔
d0144550_13265828.jpg
プラ階段が続きます
d0144550_13265846.jpg

d0144550_13114504.jpg
7番鉄塔、8番鉄塔と進み
旭が丘から南に伸びる新しい道に下山
道を渡ったところの取りつきから第3ステージへ

登って9番鉄塔
巡視路から外れると道も段々不明瞭になっていき

d0144550_13114536.jpg

尾根筋でも倒木多数

コースは幻の池の方へ行くようですが分岐判らず、その先の分岐も倒木多く断念、尾根沿いに南下
d0144550_13114641.jpg
分岐でコーヒータイム

地形図の点々道の見当をつけ、結局道なきところを藪漕ぎ&岩がゴロゴロの斜面を降り
大岩の下に炭焼き窯を発見
d0144550_13114667.jpg
d0144550_13114647.jpg
この辺りから道がある筈と探索すれど道なし

地形図上で実線の林道も通る人なしで薮になってました
d0144550_13114683.jpg
やっと人の手が入ってる道に降りて来ました
近いことや巡視路だと半分舐めてましたが,大変でした
近場であまり人が入っていない山域です
乗車率は非常に低かったですが美味しい山鍋もできたし、コース通りではありませんでしたが達成感もあって良かったです

帰って来てからプリムスの不調の原因調査
d0144550_13114632.jpg
安全弁のフッ素ゴム弁は異常はないようです

弁を押さえてるバネがどうも焼き訛っていて,バネ圧が低くなってるものと仮定し、手持ちのバネの中から少し硬そうなぴったりのものがありました
d0144550_13114643.jpg
この右側のものに換えてみます

圧が逃げないこともないので,爆発?はしないよね?

























by masagoon | 2019-01-24 13:42 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

山鍋シリーズ・その20 奥池〜横池

1月16日水曜日
今回もふたりで近所に山鍋です

d0144550_17402488.jpg
鷲林寺からせせらぎコースを担ぎ上げます
d0144550_17402499.jpg
そこそこの担ぎです

奥池に向かう途中の谷川で,本日の食材のタコ(ゆうとさんが大澤しょうへい丸で明石沖で釣った正真正銘の明石ダコ)を解凍、ナイフで切るというミッションを敢行
d0144550_17402437.jpg
なんせ手袋も付けず、冷たいのなんのって!
川の中で揉んでヌメリを取って、倒木の上でナイフで食べやすい大きさに切る
d0144550_17402459.jpg
切った尻からまた凍っていく・・・

タオルも持って行くのを忘れてるため(冬場はタオルは使わないんで)
手が冷たく,痛くて痛くて
思わず火器(今日はコールマン・ピーク1)を点火し,手を温めました
解凍〜タコ切りで結構時間使ってしまいました

d0144550_17402403.jpg
それと、自然の中で「イナゴ」と「サナギ」食べました
d0144550_17485669.jpg
日向は風がなかったらそこそこ温いのですが
d0144550_17485771.jpg
横池の雌池に到着、ここで食事に
ちょうどいい切り株があったので
テーブルと椅子にし調理開始
d0144550_17485778.jpg
タコはたっぷりあります

d0144550_17485767.jpg
タコのキムチ鍋で〜す
d0144550_17485733.jpg
横池から風吹岩へ
d0144550_17485716.jpg
風吹岩ではハイカーさん一人とイノシシ出没
d0144550_18010428.jpg
あとはド、ド、ドーっと下るだけ
d0144550_18010456.jpg
いや〜ホントに良い道です

今週も楽し,美味しかった!
次は何処で何鍋かな?




by masagoon | 2019-01-18 18:05 | 自転車(MTB系) | Comments(1)

山鍋シリーズ・その19 鳥脇山〜肝川尾根

新年初の水曜日組は二人で鳥脇山方面に行って来ました

今回も山鍋、今シーズン初のボタン鍋です

麓のコンビニで集合の後、住宅街〜トンネルを抜けて
d0144550_12075867.jpg
久々の定点撮影ポイント

d0144550_12075991.jpg
峠の階段下の影にはうっすら雪が
d0144550_12075930.jpg
押し上げて山頂は雪化粧でした

d0144550_12075939.jpg
山頂から新たなDHコース(整備して下さった,皆さんに感謝)を下り

途中からは旧来の道で外周尾根に戻りました
d0144550_12075972.jpg
雪で真っ白とまではいきませんが・・・
外周尾根から肝川ロングコース、その途中からまた新たなトレイルへ
d0144550_12075948.jpg
そのトレイルから314のピークへ押し上げです

そのピークの風裏で山鍋の開始、本日は『ボタン鍋』であります
d0144550_12163296.jpg
二人で猪肉500gなのでそこそこありました
d0144550_12163236.jpg
d0144550_12163278.jpg
やはり寒い山でのお鍋は身体も温まりサイコーです

しかし、鍋も食べ終わった頃に小トラブル発生
プリムスの安全弁からまた火が吹き、そしてフィラーキャップから大量に炎が!
タンクの中のガソリンが完全になくなってから鎮火
d0144550_12163265.jpg
風防があって回りに延焼はしませんでしたがちょっと危なかった

食後。山の駅に下ってコーヒータイム
サービスのシフェンケーキを頂きました
いつも有り難うございます

d0144550_12163383.jpg
また真っ黒ケになってしまいました(掃除した後)

前回の白髪岳ではどうもなかったんですが・・・
原因は前回補修時、水道用のパッキンを使ったためガソリンに侵されたものだったようです
次回までに耐油性のパッキン(フッ素ゴムが最良かと)を自作し交換する予定です

でも山鍋はやっぱり美味いなあ
ヤメられません












by masagoon | 2019-01-18 12:27 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

山鍋シリーズ・その17 白髪岳

昨日の水曜日組は東播の白髪岳へ行って来ました

車はコースを考えて下山口、スグのJR篠山口近くのコインパーキング(¥300/24h)に止め、R176を古市に逆戻り
住山の集落から白髪岳を目指します
d0144550_16202269.jpg
正面に白髪岳721m
林道を上り詰め、ここから登山道になります
d0144550_16202280.jpg
今日もよいお天気
d0144550_16202220.jpg
すぐに階段の坂道となりました
d0144550_16202260.jpg
階段道を上り詰めると,稜線に出ます
d0144550_16253097.jpeg
垂直に近い岩盤をロープを使って自転車を上げます
d0144550_16245091.jpeg
ゆうとさんがロープを持ってて助かりました
d0144550_16202230.jpg
落ちたら大変

事前の予習では稜線の岩の馬ノ背、1つ目は迂回路があり、2つ目は迂回路なしで自転車担いでスリルを味わうものだと思ってましたが、どうもこの岩盤の上がその馬ノ背だったらしく、しばらく登ると頂上でした
d0144550_16400182.jpg
ほんと大変良いお天気

到着後、早速調理開始!
本日はマスターにまたお願いした「中田のうどん、出汁」、途中のパステル三田で買った「三田ポーク」を使った『うどんスキ』です
d0144550_16483497.jpg
火器は安全弁のパッキンを新調修理したPRIMSです


d0144550_16202229.jpg

いつもながら爆音で鍋を作ります
山頂で食べる山鍋はサイコーに美味いですね

登りに時間が掛かって、登頂時には昼を回っていたので撤収後すぐに下りに掛かります
d0144550_16245020.jpeg
山頂から北面を降りていきます
d0144550_16245059.jpeg
d0144550_16520292.jpeg
下りも激坂

本日の予定は松尾山には登らず,進路を東に取り篠山口まで尾根沿いに降りていく予定だったのですが、下手すると何の知識もない初めての道で暗くなってしまうので、結局白髪岳と松尾山の間の鞍部分から下山することにしました

登山口の東屋のところで野生化したお茶っ葉を煎ってお茶を楽しんでから帰って来ました

無駄に国道を走らねばならなくなってしまいましたが,安全第一
懸案だった白髪岳登頂もできたし,楽しかったです
自転車担いで上がって、担いで降ろして,何やってんだろうね?



by masagoon | 2018-12-20 17:02 | 自転車(MTB系) | Comments(2)

久々の山鍋シリーズ その16 高岳

11月7日のことです

7月以来、4ヶ月振りに水曜日組で山に行ってきました

山鍋シリーズその16 高岳編

久しぶりなので、手軽に登れてサッサと下って来れるところにしました
いつものところに車を置いて、中山峠から最短の谷コースで
d0144550_14382856.jpg
林道を登る途中でコーヒー休憩、今日もよい天気


d0144550_14382997.jpg
上りの途中で薬味に使う山椒の葉を使う分だけ採集



d0144550_14382947.jpg
林道から外れ、谷を詰めていきます
d0144550_14382991.jpg
稜線に出ました
鞍部から単車に掘り返された激坂を押し上げて
d0144550_14382951.jpg
高岳山頂

山頂から少し南に下ったところで
d0144550_14493032.jpg
岩の上で景色を見ながら調理&昼食

d0144550_14382805.jpg
本日の鍋は業務スーパーの冷凍シュウマイと鶏皮餃子(これなかなか良いです)

d0144550_14382946.jpg
景色を見ながらの山のお鍋、飽きませんワ

d0144550_14382900.jpg
〆は中田さんの饂飩、これも最高です

食後のデザートの下りはサッ、サッ、サー
あー気持ち良かった

次回の山鍋はそろそろ「ボタン鍋」かな
またよろしくお願いします


動画です


by masagoon | 2018-11-16 15:08 | 自転車(MTB系) | Comments(0)

久々のMTB、夏でも山鍋!

昨日の水曜日組は久々に自転車で山サイ(低山)でした
夏でも山鍋、その15を楽しんできました

しばらくMTBから遠ざかっていたので,近場・低山です

d0144550_17530788.jpg
鷲林寺からせせらぎコースで上がっていきます

日陰の谷はいいのですが、最後の担ぎ上げからは
d0144550_17552289.jpg
頭の上から容赦なく陽が照りつけます

d0144550_17562026.jpg
尾根に出たところで大休止、少し風が抜けます

当初はゴロゴロ岳のピストンも考えてましたが、暑さのため昼食Pへ直行することに

d0144550_18001233.jpg
奥池の側を通り、気持ちの良いシングルのアップダウンを楽しんで盤滝へ

我々は我武者らには走りません、というより走れません
d0144550_18010338.jpg
このくらいが丁度よろしい。で、昼食の用意

マスターとゆうとさんはそのままの姿で滝行に
水は相当冷たいです
日が陰ると二人とも「寒い,寒い」を連発してました
d0144550_18010371.jpg
山鍋シリーズその15、もはや厳密には鍋ではありませんが
今日は山の水を使った「冷や麦」です
d0144550_18010398.jpg
茹で上がった冷や麦を川の冷水で絞めます
d0144550_18010412.jpg
薬味のネギとショウガをのせていただきま〜す!

メチャ旨でした
食後は川の水で冷やした缶詰のパイナップルとホットコーヒーをいただきました

少しMTB、少し外メシ、小さな幸福感
お金では買えませんなあ〜

次回はまたこの場所で「焼きそば」?
お湯を入れるだけの『焼きそばモドキ』にするか
この場所に投棄されてたホットプレートの鉄板を使って、本格的にコテで焼くか

どうしましょ







by masagoon | 2018-07-19 18:17 | 自転車(MTB系) | Comments(1)

山鍋シリーズ・その14 東播 松尾山編

昨日の水曜日組はまたまた山鍋シリーズでその14として松尾山へ行ってきました

ちなみに13回は5月2日に中山にてジンギスカンをやりました

朝自宅を出発し、メンバーをピックアップ
途中、三田市の産直センター「パスカルさんだ」に寄って食材を調達

松尾山も今回で3回目
いつものところに車を置いて出発
d0144550_18254926.jpg
林道を詰めます

白髪岳との分岐を過ぎると道は九十九折れになります
d0144550_18254953.jpg
前回来たときはこの辺りから脚が攣ったのですが、今日は元気!
やがて稜線に出ました
d0144550_18254952.jpg
実に気候良く,気持ちがイイです

尾根道を快適に走ります
最後少し急な坂道を押し上げて「松尾山山頂」
早速、鍋の準備に取りかかりました

d0144550_18254908.jpg


d0144550_18254970.jpg
山頂は少し肌寒く,山鍋にはちょうど良かったです

今回は寄せ鍋の出汁に豚肉、豆腐、青ネギに水菜、そして現地調達の破竹(少し細いタケノコ)に薬味として山椒の葉

d0144550_18255062.jpg
山椒の葉がこれまた良い仕事をしました
d0144550_18255074.jpg
ゴミなど残さず、綺麗に片付けて出発
d0144550_18255050.jpg
快適なロングコースが続きます
d0144550_18255022.jpg
最後のピークで本日2度目のコーヒータイム、いつも有り難う

実は昨年もこの時期に松尾山を訪れています
その時に転倒し,腕を擦りむきその怪我が元となって、私の糖尿病が発覚
山の神様が教えて下さったと感謝
お礼を言ってきました

今回も山鍋は美味しいし、気候も良く
ここ何回かのうちで一番気持ちの良い山サイになりました

次は何処で、どんな鍋しましょう?

↓動画です(今回はGoPro)





by masagoon | 2018-05-10 18:47 | 自転車(MTB系) | Comments(3)

山鍋シリーズ・その12 第1回山 de 天婦羅

昨日の水曜日組は恒例の山鍋シリーズ

もはや鍋ではありませんが、旬を迎えた山菜の天婦羅を愉しみに鳥脇周辺へ
d0144550_16072177.jpg
もうエドヒガンザクラも半分散ってました

山菜を採集して、その場で天婦羅にするというこの企画
もし、まだ山菜が出てないとかということに備え
途中のスーパーで生姜焼き用豚肉と冷凍餃子を調達してGO

でもそんな心配は無用でした
d0144550_16072282.jpg
いきなり、コゴミげっと(なんぼでも有ります)

そして
d0144550_16072225.jpg
続いて、ユキノシタげっと(これもなんぼでも)

それから
d0144550_16072250.jpg
コシアブラにタカノツメなどなんぼでも

結局

d0144550_16072228.jpg
左よりヤブカンゾウ、コゴミ、ユキノシタ、タカノツメ、コシアブラの5種

山菜の王様、タラの芽はゲットできませんでしたが3人が天婦羅を食すのには充分な種類に量になりました

ウグイスなど野鳥の囀りを聞きながら
d0144550_16072304.jpg
こんなロケーションで
d0144550_16072294.jpg
採りたて、揚げたての天婦羅です

天婦羅の衣が余ったら,またその辺でコシアブラを採ったりして、春の味を堪能

いつもながら
d0144550_16072337.jpg
〆は今回は中田さんの「ぶっかけうどん」薬味のショウガが効いてます

鳥脇山西尾根から肝川ロングコースを下って,山の駅さんへ
d0144550_16072340.jpg
こんなビンテージ自転車が(決してバイクとは言わないで)
タケノコ2段変速機に木製リム

コーヒーとケーキを頂きました

まだ少々走り足らないマスターをなだめ、舗装路でそこそこヘロヘロになって帰ってきました

あ〜美味しかった!

次回はジンギスカン、かな?






by masagoon | 2018-04-05 16:35 | 自転車(MTB系) | Comments(2)