<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ウナギがいっぱいになったので今晩食べます

ここんとこ2週間足らずの間に8日も釣りに行ってます
d0144550_13475006.jpg
おかげで畜鰻箱のうなぎも9尾になったので、
今晩のおかず用に2尾を朝から捌きました

生け簀から網袋に入れ,氷で絞めて大人しくさせ(2尾とも60cmでした)
d0144550_13475175.jpg
今まで素手で裂いてましたが、
軍手を使うようになって少しは素早く捌けるようになりました
d0144550_13475042.jpg
コンロが小さいので1尾づつ焼き、秘伝のタレも焼いた骨を入れて継ぎ足します

d0144550_13475149.jpg
肝も串に刺して焼きました





メッチャ脂のってます

ハイ、出来上がり!
d0144550_13475031.jpg
朝はここまで、また食べる前に仕上げます
白焼きで山葵醤油でどうぞ!

あ〜幸せ


[PR]

by masagoon | 2018-05-31 13:58 | 釣り | Comments(0)

ギギの味

d0144550_12231285.jpg
昨晩自分で釣ったギギを蒲焼きにして食べました

大きい方は30cm、ギギとしてはMAXの大きさらしいです
琵琶湖の方では結構食べられてるようで、京都の錦市場の川魚屋さんの店頭に列ぶこともあるそうです

さて、お味は
上品な白身で大変美味しかったです。何の臭みもありませんでした
海の魚で例えるなら和歌山地方では「ウオゼ」と呼ばれる魚のつけ焼き(お袋が良く作ってくれた)に似てました
ウオゼは標準和名で何ていうんかなあ?「シズ」?「イボダイ」?
マナガツオにも似た感じでした

ただ肉の量がが少ないです
また今度,大きい丸々太ったのが釣れたら
また食べてみたいと思います

昨晩の3度目のブッコミ釣りは早々に30cmのミニウナギが釣れたものの、全体的にアタリ少なく23時まで頑張りましたが、持って帰る釣果なしでした
今度はどうしようかな

[PR]

by masagoon | 2018-05-22 11:23 | 釣り | Comments(0)

ギギの料理

一昨日の夜のうなぎ釣りの折に釣った「ギギ」
d0144550_12224391.jpg
うなぎ60cmとギギ30cmと20cm

昨日は料理できなかったので,今朝から料理しました
d0144550_12224311.jpg
30cmのギギは持って帰ったときは息も絶え絶えだったんですが,
翌朝には元気になって泳ぎ回ってました
d0144550_12231236.jpg
ギギは背鰭と胸鰭にトゲがあり、毒があるそうなので予めハサミでカット

d0144550_12224434.jpg
腹開きで2枚に、綺麗な白身です

見た目はナマズですがナマズのような肉に似た肉色ではありませんでした
d0144550_12224406.jpg
焼いていきます、メッチャ脂が乗ってます


真砂家秘伝のうなぎのタレで仕上げました

d0144550_12231285.jpg
ハイ、出来上がりました!美味しそうですヨ

仕事に出る前に焼いたので,食べるのは夕食です

食レポは後ほど












[PR]

by masagoon | 2018-05-21 12:43 | 釣り | Comments(0)

ミミズ採集とブッコミ釣り

今週水曜日(16日)はお袋の命日で25回忌
(直前に知りましたが、関西では23回忌と27回忌を合わせてするらしい)
その前日は父方祖父の命日(これも直前に知った)

でしたので、休日午前は墓参りし夕方から少し張り込んで近親者で法事の真似事を行いました

で、昼の空き時間に「ミミズの採集」(命日になんちゅうこと?まっ、殺生はしてないし・・・)
d0144550_11392250.jpg
公園の側溝には居ず、バイクで走って廃寺の森の中で採集

短時間でそこそこ採れました
どうやって保存するかを考え
d0144550_11392217.jpg
昆虫採集のネット(網目細かい)に入れ
庭の土を掘って,地中に埋めておきました

昨晩,夕食が終わってから夜活で近所の川に出漁
実は昼間は病院の診察の日で、その待ち時間に以前から目を付けていたポイントを下見してました

暗くなってから、網の中から8尾のミミズを取り出し(持参の竿は4本なので)
八時過ぎにポイント到着


仕掛けを投入
すると、2本目の仕掛けを用意する間に、1本目の竿に早くもアタリ
上がってきたのは
d0144550_11392213.jpg
ギギ(日本固有のナマズのなかま)、20cm

竿3本はワンドの中、1本は本流に投入
本流は先日来の雨で結構流れてました
15号の錘では流されてます
仕掛けを投入し直そうと、竿を手持ちにするとアタリ
上がってきたのは今度もギギ30cm弱
ギギってこんなに居るん?
2匹とも鈎を飲み込んでいて、鈎を取れなかったのでハリスを切ってリリース
最後の1尾のミミズに逃亡され(もう帰ろうと思った)

その時、ワンド側の竿にアタリ
竿を手に持ち、食い込ませて
エイッ!
d0144550_11392241.jpg
ウナギでした!(60cmほど)

狙った通りにウナギが釣れ,気を良くして帰ってきました

このウナギも鈎を飲み込んでましたが、今朝見たら鈎を吐き出してました
あの2尾のギギも鈎を吐き出してくれてることを望みます

帰って調べたらギギって美味しいらしい

今度釣れたら食べてみよう







[PR]

by masagoon | 2018-05-18 12:01 | 釣り | Comments(0)

山鍋シリーズ・その14 東播 松尾山編

昨日の水曜日組はまたまた山鍋シリーズでその14として松尾山へ行ってきました

ちなみに13回は5月2日に中山にてジンギスカンをやりました

朝自宅を出発し、メンバーをピックアップ
途中、三田市の産直センター「パスカルさんだ」に寄って食材を調達

松尾山も今回で3回目
いつものところに車を置いて出発
d0144550_18254926.jpg
林道を詰めます

白髪岳との分岐を過ぎると道は九十九折れになります
d0144550_18254953.jpg
前回来たときはこの辺りから脚が攣ったのですが、今日は元気!
やがて稜線に出ました
d0144550_18254952.jpg
実に気候良く,気持ちがイイです

尾根道を快適に走ります
最後少し急な坂道を押し上げて「松尾山山頂」
早速、鍋の準備に取りかかりました

d0144550_18254908.jpg


d0144550_18254970.jpg
山頂は少し肌寒く,山鍋にはちょうど良かったです

今回は寄せ鍋の出汁に豚肉、豆腐、青ネギに水菜、そして現地調達の破竹(少し細いタケノコ)に薬味として山椒の葉

d0144550_18255062.jpg
山椒の葉がこれまた良い仕事をしました
d0144550_18255074.jpg
ゴミなど残さず、綺麗に片付けて出発
d0144550_18255050.jpg
快適なロングコースが続きます
d0144550_18255022.jpg
最後のピークで本日2度目のコーヒータイム、いつも有り難う

実は昨年もこの時期に松尾山を訪れています
その時に転倒し,腕を擦りむきその怪我が元となって、私の糖尿病が発覚
山の神様が教えて下さったと感謝
お礼を言ってきました

今回も山鍋は美味しいし、気候も良く
ここ何回かのうちで一番気持ちの良い山サイになりました

次は何処で、どんな鍋しましょう?

↓動画です(今回はGoPro)





[PR]

by masagoon | 2018-05-10 18:47 | 自転車(MTB系) | Comments(3)